健康、生活 › 2019年03月27日

2019年03月27日

ご存じでしょうか? 歯が抜ける原因のほとんどは虫歯か歯周病です

「歯科医院には歯は悪くなってから行けばよい」と考えていませんか?しかし、それはもはや一昔前の考え方。
虫歯や歯周病にならないように。また痛くなったところを治し、しっかり噛めるようにした後はその状態を維持していくことが大事です。治療した場所は残念ながら虫歯や歯周病になり易い場所です。再度悪くならないように今は「健康な状態を保つために歯科医院へ行く」ことが、予防歯科として注目されています。

予防の基本は、毎日のご家庭での歯磨きです。そこで当院では、歯科衛生士が、歯ブラシの当て方や正しい動かし方を指導します。歯磨きに自信のない方はお気軽にお問い合わせください。お口の中には、むし歯や歯周病を引き起こす無数の細菌が潜んでいます。こうした細菌が粘着性のあるバイオフィルムという膜を作り、そこにプラーク(歯垢)が付着すると、むし歯や歯周病を引き起こします。バイオフィルムは歯ブラシでは落ちませんので、プロによる定期的な歯のクリーニングが必要です。
超音波スケーラー販売
予防歯科
ご存じでしょうか? 歯が抜ける原因のほとんどは虫歯か歯周病です。「正しいブラッシング」と「定期健診」を行っていれば予防できます。平松歯科医院では予防歯科にも積極的に取り組んでおり、PMTC(下記)やフッ素塗布(下記)による定期健診やブラッシング指導などを行っています。歯石除去に関しては1~2回程度の治療で終わるケースが多くなっています。

○PMTC(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)
歯科衛生士が器具とフッ化物入りペーストを用いて、歯の汚れを機械的に除去する方法です。虫歯、歯周病の予防管理を目的としてシステム化され、現在多くのリサーチに裏付けられて着実な臨床実績を上げています。

○エアフロー
エアフローとは、超微細なパウダーと水とをウォータースプレーで歯の表面に吹き付けて、汚れを取り除く処置です。タバコのヤニやコーヒーなどによるしつこい汚れにも効果的です。
歯科ユニットテーブル
○フッ素塗布
フッ素は歯の表面に触れると、エナメル質の結晶が硬く強いものに変化します。そのため虫歯になりにくい歯になります。歯科医院でフッ素塗布を行い、家庭ではフッ素入りの歯磨き粉などを使用するとより効果的です。  


Posted by koikenina at 12:04Comments(0)

2019年03月27日

定期的な検診が虫歯・歯周病を予防します

予防歯科はカリオロジーに基づいています。
カリオロジーとは、虫歯の実体をきちんと把握してコントロールするという学問です。
具体的には、しっかりした予防を行い、治療においても、虫歯ができた場合削る量を最小限におさえ、再石灰化をうながします。削る量を最小限におさえると、キーンとしたイヤな歯を削るドリルもほとんど使わなくて済みます。
原因から考える
歯科用エアーコンプレッサー
虫歯には主に3つの原因があるといわれます。
定期的な検診が虫歯・歯周病を予防します
毎日の歯磨きが虫歯を予防する最良の手段ですが、全ての人が完全な歯磨きができるわけではありません。
磨き残しがどうしてもでき、そこから虫歯になることもあります。また、毎日の歯磨きだけでは歯周病を防ぐことができません。
歯周病予防には医院での歯石除去が有効です。
来院されるペースは患者さんによって違いますが、3~4か月に1回が目安になります。
毎日の歯磨きと医院での定期的な健診により、生涯ご自分の歯を保つことが可能になります。

プロのクリーニングを受けたことはありますか?
これまでの歯科は「すでに進んでしまった病気をどう治そうか」ということばかりに取り組んできました。今、そういった医療のあり方が反省期に入ろうとしています。「何が原因で悪くなったのか」「それを防ぐにはどうしたらいいのか」もう一度よく考えてみましょう!

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)
PMTCというのは、歯科医や専門の歯科衛生士などが行うお口の清掃プログラムのことです。これにより歯磨きなどでは取れにくい、悪い細菌の塊(バイオフィルム)を徹底的に落とします。歯や歯肉の清掃を専門の器具を使って丁寧に行いますから、予防効果が高いだけでなく、とても気持ちがいいものです。痛みなどはまったくありません。
歯医者 マイクロスコープ
PMTCの流れ ~体験してみよう プロによる歯みがき~
歯や歯肉の状態をチェック
歯垢や歯石の付き具合、歯ぐきの状態などをチェックします。その方の状態にあった道具や研磨粒子などを選びます。染め出しなども場合に応じて行ないます。
歯と歯の間をきれいに
研磨剤と円錐形のゴムチップで歯と歯のあいだを磨いていきます。
歯肉のマッサージ効果も期待できます。
歯と歯肉の間、歯の表面をきれいに
歯の表面のでこぼこをなくすため、ゴムのカップ状の器具で磨きます。
研磨剤は、粒子の粗いものから使い、細かくしていきます。
研磨剤の洗浄、フッ素ジェルの塗布
研磨剤を落とした後、知覚過敏やむし歯予防のためにフッ素を塗ります。  


Posted by koikenina at 11:27Comments(0)