健康、生活 › 2019年04月02日

2019年04月02日

一時的な痛みで治まってしまうことが多いため、歯科にかからず我慢してしまいがちです

冷たいものや酸味の強いものを飲食した際や、歯磨きをした際などに歯がしみる場合は知覚過敏かもしれません。
一時的な痛みで治まってしまうことが多いため、歯科にかからず我慢してしまいがちですが、放っておくとどんどん悪化させてしまう恐れがあります。知覚過敏にはれっきとした原因がありますので、早い段階で治療することが重要です。
歯科用拡大鏡
知覚過敏の原因
歯の表面はエナメル質という層で守られており、その内側には象牙質という層があります。さらにその内側には歯の神経があります。なんらかの要因で表層のエナメル質が傷ついてしまうことで象牙質が露出し、象牙質に飲み物などが直接触れると歯の中の神経を刺激して痛みを感じます。

これが知覚過敏の直接の原因です。エナメル質が傷つく原因は様々なものがあります。一つは歯に強い力がかかった場合で、歯ぎしりやスポーツや労働で重たいものを持った際に歯を強く食いしばると、エナメル質にヒビが入ることがあります。もう一つは歯をいつも強く磨きすぎていたり、強い研磨剤の含まれている歯磨き粉を過剰に使い続けることなどで、徐々にエナメル質が削れて象牙質が露出することがあります。

他にも酸味の強い食品の影響でエナメル質が溶けてしまうこともあります。また、むし歯や歯周病が原因でエナメル質が壊れてしまうこともありますが、この場合は知覚過敏としてではなく、むし歯や歯周病として治療します。
歯科用コンプレッサー
治療法
知覚過敏の治療には、フッ化物が配合された薬の塗布や、レジン(樹脂)や歯科用セメントでコーティングするなどの方法があります。ただし、歯ぎしりや歯を強く磨きすぎている、などエナメル質を日常的に傷つけてしまう根本の原因を直さない限り、すぐに再発してしまいます。知覚過敏の治療では根本の原因を突きとめて、取り除くことが重要です。

知覚過敏の自分での対処法
1.まずは正しい歯磨きを行う(力の加減や歯ブラシの毛先の固さ、当て方など)。 
2.シュミテクトなど知覚過敏用の歯磨き粉を使用する。 
3.上記の方法をある程度行っても痛みが無くならない場合、歯科を受診して専門的
  な治療を受けましょう。
  


Posted by koikenina at 11:01Comments(0)

2019年04月02日

歯周病は、歯の表面に付着した歯垢(プラーク)が原因で起こる病気です

歯垢はお口の中の細菌の塊(バイオフィオフィルム)で、食べカスを栄養源として毒素を出します。その毒素が歯肉や歯を支える(歯槽骨)などを破壊していきます。プラークはブラッシングにより除去できますが、実際にはどんなに上手に磨くことができる人でも、60~80%程度しか除去できません。

残ったプラークが唾液に含まれるカルシウムと結合することにより、歯石ができます。歯石は歯ブラシでは除去できず、表面がザラザラしているため、プラークがさらにつきやすくなります。また、歯石の下は歯周病菌が繁殖し、いわゆる歯周病菌の巣ができます。これにより、磨いても歯周病が進行してしまうのです。
spo2モニター
歯周病の進行
G
歯周病の内、炎症が歯ぐきの範囲内に納まっている状態のことを指し「歯肉炎」と表現します。
※尚、歯ぐきを越えて歯を支えている骨にまで炎症の範囲が広がっているものを歯周炎と表現し、それぞれ程度によってP1~P4に段階分けをします。

P1
炎症の範囲が歯ぐきを越えて歯槽骨(歯を支えている骨)にまで到達した状態を指します。
歯と歯ぐきの間の溝が3mm程度と健康な状態より深くなっています。通常余り症状は有りませんが、歯磨き時に痛みや出血が見られます。比較的短期間の通院と正しい歯磨き習慣とで、それ以上の進行を防ぐことが出来ます。

P2
炎症によって溶かされた骨の量が更に多くなり、歯と歯ぐきの間の溝も(P1より)4~5mm と深くなっている状態を指します。歯が若干左右に揺れたり、歯ぐきからの出血や口臭で気付くことがあります。
歯科用マイクロスコープ
P3
歯と歯ぐきの間に出来た溝が6mm以上の深さに達した状態で、もはや自力で治すことは不可能です。この時期になると歯もかなり大きく揺れるため、硬いものを噛むと痛みや不安を感じます。口臭もかなり強烈です。

P4
歯を支えている骨がほとんど無い状態です。歯は前後左右・上下にも動いてしまう状況で、痛みも強く噛む動作ができません。歯を治療して残す選択肢はありません。出来る限り早期に歯を抜き、入れ歯などで対応します
  


Posted by koikenina at 10:36Comments(0)