健康、生活 › 2019年04月10日

2019年04月10日

噛み合わせに問題を起こし、頭痛や顎関節症、身体全体の歪みを引き起こす

「親知らず」と呼ばれている歯は、一番奥の歯だと思われていますが、中央の歯から数えて8番目の歯のことを言います。 専門用語では、第三大臼歯と言い、智歯とも呼ばれています。この親知らずは、20歳前後で生えてきますが、全く生えない人もいれば、1本だけ生える人、4本とも全部生える人などさまざまです。
しかも、他の歯と同じように、きれいにまっすぐ生えてくる人は少なく、多くの場合、一部が歯茎から頭を出して生えたり、斜めに生えています。
これは、私たちの食生活の変化にともない、(消化の良い柔らかいものを食べるようになった)、顔も顎も小さくなり退化したことが原因だと考えられています。
親知らずが原因のトラブル
生え方によって、歯と歯茎の間に汚れが溜まりやすく、歯磨きが難しく歯肉が腫れたり炎症を起こします。虫歯や歯周病になる可能性が非常に高く、最後は、手前の歯(7番)まで悪影響を与えてしまいます。
頬の粘膜にぶつかることで口内炎をつくってしまう。
噛み合わせに問題を起こし、頭痛や顎関節症、身体全体の歪みを引き起こす。
虫歯で、膿や炎症を起こし痛みがでる。
マイクロモーター ハンドピース 
口臭
上記以外にも、歯の根にまで悪影響が及ぶこともあります。
親知らずを抜歯する必要がある場合
1. 自分で歯磨きがしっかりできない場合、メンテナンスが難しい場合
2. 親知らずの一部だけが歯茎から見えているような場合
3. 横向きに生えている場合
4. 顎の骨の中に埋まっているが、レントゲン写真から問題が認められる場合
5. 歯並びを悪くする恐れがある場合
6. 虫歯が神経まで達して、治療ができない場合
7. 痛みや腫れが繰り返し悪化してきた場合
8. 顎関節症や噛み合わせに問題が出ている場合
超音波スケーラー チップ
いつ親知らずを抜歯するのか?
生えてきたら、できるだけ早く抜歯するのがベストです。(20歳前後) なぜなら、若い時に抜歯した方が、傷口も早くふさがり、痛みも少なくて済み、骨の回復が良いからです。
逆に、長くそのままにしておくと、親知らずは骨とくっついてしまい抜歯も難しく、その後の回復にも時間がかかり、 負担をかけることになります。年齢が上がれば上がるほど抜歯も大変になり、リスクも増えます。
女性の方は、妊娠前の抜歯をおすすめします。
妊娠中は、口腔内環境が変化するため親知らずが虫歯や歯周病になりやすく、痛み始めてから治療といっても、手術や薬剤などに制限があり、通常の治療ができない可能性があります。やはり、妊娠前に抜いておくのが最善でしょう。  


Posted by koikenina at 11:59Comments(0)

2019年04月10日

完全に骨の中に埋まっていて、今後も問題が起こる可能性が低い場合

生え方によって歯磨きができない箇所があり、虫歯・歯周病になりやすい
親知らずの虫歯、歯周病が重度な場合
親知らずが虫歯、歯周病になり、更に健康な手前の歯にも悪影響が及ぶ場合がある
親知らずのせいで噛み合わせのバランスが悪くなり、全体的に悪影響を及ぼす場合
隣の歯を圧迫して隣の歯が弱らせてしまう場合
「親知らずは抜いた方がいい」と聞いたことがある方が多いと思いますが、それは、親知らずによって、痛みが出たり、他の歯に様々な悪影響が生まれるからです。
ワックスポット
特にまっすぐに生えず、腫れたり痛くなってしまった親知らずは、抜歯する事が最も確実な治療法です。なぜなら、一度抜けば、その後一生トラブルに悩まされる心配はなくなるからです。逆に、抜かない限りずっと再発のリスクに悩まされることになります。ただ、親知らずだからといって、必ず抜かなければいけない訳ではありません。抜歯には必ずリスクが伴います。ケースは少ないですが、神経麻痺や大量出血を起こすこともあるのです。

「親知らずなので これは、早く抜きましょう」
と安易に言われるケースもありますが、必ずしも全ての親知らずを抜く必要があるとは限りません。ですから、抜歯の対処は的確な診断と処置を行なうことが最も大切です。
親知らずを抜かなくても良い場合
きれいに生えてきて、歯磨きにも問題が無い場合
一部だけ生えているが、衛生的に問題が無い場合
完全に骨の中に埋まっていて、今後も問題が起こる可能性が低い場合
矯正や移植に利用できる場合
ブリッジの支台歯として利用できる場合
隣の歯を補うために、親知らずを活用できる場合(※この後に説明があります)

できるだけ早く抜いた方がいい?
悪影響を及ぼしている場合、及ぼす可能性の高い親知らずは「できるだけ早く抜いた方がいい」と言われますが、それには理由があります。
歯科ユニットテーブル
早く抜いた方がいい理由とは?
重度な虫歯や歯周病が悪化して痛みが出る前に対処した方がいい
虫歯や歯周病が悪化すると、他の歯まで失う可能性が高まる
年齢が若い頃の方が、抜歯後の回復が良い
虫歯や歯周病が悪化すると、麻酔が効きにくい場合がある
抜く時期が遅いと抜くのが大変(長時間の処置が必要になる)な場合がある
抜いた方がいいのか?抜かなくても良いのか?の診断は、歯科医院でレントゲン撮影をして、歯科医師の診断を受けなくては分かりません。
気になるようであれば、お早めにご相談されることをおすすめします。  


Posted by koikenina at 11:30Comments(0)