健康、生活 › 2019年04月22日

2019年04月22日

人間の歯の表面は、人体の中で最も固いエナメル質でおおわれていますが、虫歯になると溶けてしまいます

歯は一生使うもの。 虫歯になってからでは手遅れです。 むし歯で失った歯、歯周病で溶けた顎の骨は元には戻りません。 歯が悪くならないように予防していく事が重要です。 定期的にメインテナンスを続けると、むし歯の発生や歯周病の進行を予防できます。
歯科器具
PMTC (Professional Mechanical Tooth Cleaning)
歯の健康のためには、日ごろからフッ素入りハミガキを使って、ていねいに歯をみがくこと、そして定期的に検診を受けることが大切で、治療などの必要がなくても、少なくとも1年に2~3回は受診するよう習慣づけましょう。口の中をチェックしたり、日常の歯みがきでは落とせない歯石や着色汚れなどを落とすことは、むし歯や歯周病の予防にも効果的です。 家庭でのケアと、歯科医院での定期的なケアを上手に組み合わせて、いつまでも健康な歯を守りましょう。

フッ素
フッ素は歯や骨によい影響を与えることで知られています。 
人間の歯の表面は、人体の中で最も固いエナメル質でおおわれていますが、虫歯になると溶けてしまいます。 フッ素はこのエナメル質(ハイドロキシアパタイト)に取り込まれるとフルオロアパタイトというむし歯に強く溶けにくい物質に変えることが可能です。 
虫歯予防に用いられるフッ素の成分は、お茶や紅茶の中に含まれている自然のフッ素イオンと全く同様のものです。

歯周病の治療
歯周治療を希望して来院される患者様の多くの場合は、歯周病の何らかの症状がすでに現れており、かなり病状が進行しているケースが多く、治療に要する期間も長くなります。治療は早く終わるにこした事はありませんが、じっくりと腰を据えて治療を受ける心構えを持つ事が最も重要です。 歯周病は本人に自覚がないままに進行するという病気でもある為に、十分に歯周病に関する説明を行ない、治療の必要性をお話しております。

歯周病の原因
歯周病の一番の原因は、歯垢(プラーク)です。歯や歯ぐきの周りにベタベタと付いている白いものです。これはバイ菌のかたまりで、プラーク1mgの中には、1億個の微生物がいるともいわれています。 このような細菌の集合体を「バイオフィルム」と言い、これらはネバネバした分泌物で守られているため、抗生物質や殺菌剤なども効きにくくなります。バイオフィルムの中の歯周病細菌が活発になると、歯周病が発症したり悪化したりしてしまうのです。
タービン 歯科
プラークの除去
歯周病の原因となる歯周病菌を減らす為には、毎日のていねいな歯みがきでプラークを除去していくことが必要です。みがき残しをなくすために、効果的な歯みがきの方法や、歯間ブラシのような口の中の状態に応じた道具の使い方を身につけていただくことが重要です。 しかし、歯ブラシでは落としきれない頑強なバイオフィルムという構造体が歯にこびりつくことがあります。これを除去するためには定期的に専門的なクリーニング(PMTC)を受けていただくことが必要です。  


Posted by koikenina at 12:28Comments(0)

2019年04月22日

虫歯の進行度を分類すると、C0、C1、C2、C3、C4と分類されています

虫歯とは、口腔内の細菌が糖を利用して酸となり、それによって歯が溶けてしまうことです。
う蝕された歯ということからう歯ともいわれますが一般的には虫歯といわれています。
虫歯は風邪と並んで、年齢を問うことなくどの世代でもかかる一般的な病気です。
歯が生え始めてからの数年は歯の硬さがやわらかいため虫歯になりやすく、歯冠う蝕は未成年に多く見られます。そして、高齢化と残存歯の増加に伴い、高齢者の根っこのう蝕が増加しています。
虫歯の進行度
虫歯の進行度を分類すると、C0、C1、C2、C3、C4と分類されています。
症状として、C0は、歯質の不透明感や白斑、色素沈着が認められるが齲窩が確認できない状態のことを言います。
生体モニター歯科
虫歯の進行度 C1
C1は、エナメル質に限局したう蝕のことをいい、対策次第ではC0に戻すことも可能といわれています。

虫歯の進行度 C2
C2は、エナメル質の下の象牙質にまで虫歯が進行しています。見た目でも歯に黒い筋がついてきます。冷たいものや熱いものが歯にしみるようになります。

虫歯の進行度 C3
C3は、象牙質の下にある歯随まで虫歯が進行している状態です。歯随には血管や神経が通っているため、かなりの痛みを伴ってきます。歯の表面にも大きな穴があきます。
歯科 マイクロスコープ
虫歯の進行度 C4
C4は、歯ぐきから上の部分が虫歯によってほとんど溶けている状態です。歯の根元が化膿していたり、歯ぐきから膿が出てきたりします。痛みもかなりひどくなり、場合よっては頬が腫れてしまうこともあります。
歯髄腔が感染した状態を放置し続けると、歯質の崩壊は著しくなり、根まで細菌感染が至る結果となり、歯根膜炎を引き起こすことによる拍動感を伴った鈍痛が生じることがあります。
  


Posted by koikenina at 11:54Comments(0)

2019年04月22日

むし歯の段階(C1~C4)により治療法が異なります。

ミュータンス菌などのむし歯病原菌が口の中の糖を利用して「酸」を作り、その酸によって歯の表面が溶かされる病気です。
虫歯は自然治癒で元の歯の状態に戻ることはありません。そのため、むし歯病原菌に侵された部分を取り除いたり、溶けた部分を詰めたり、かぶせ物をしたりして治療します。
麻酔の注射の前に表面麻酔を塗布して、麻酔液をゆっくりと注入したり、細い麻酔針を使用するなど、なるべく痛みの少ない治療を心がけています。
むし歯の段階(C1~C4)により治療法が異なります。
高圧蒸気滅菌器
むし歯の進行度合いに応じた治療法
C1:エナメル質内の虫歯
歯の表面のエナメル質が溶け始めた段階の虫歯です。痛みがなく、ついつい放っておきがちです。虫歯の部分だけを削除して、合成樹脂(レジン)を充填します。

C2:象牙質に達した虫歯
虫歯がエナメル質の内側の象牙質に達したものです。象牙質はエナメル質により軟らかい組織なので、むし歯の進みかたが速くなります。C1 と同様に合成樹脂(レジン)を充填するか、範囲が大きい場合は削ったあとに歯型を取り、金属やセラミックの詰め物(インレー)を作り、欠損部を修復します。

C3:歯髄(神経)に達した虫歯
虫歯が象牙質の内側の歯髄に達したものです。この段階では、歯髄に細菌が進入し激しい痛みを伴うことがあります。歯髄の炎症が重度な場合は、歯髄組織を除去したあとで、根管内を消毒し、シーリング材を用いて充填します。また、歯髄が死んでしまった歯はもろくなりますので、クラウンなどの被せ物をします。症例によっては、特殊な抗生物質を用いて歯髄を保存する処置を行う場合もあります。
歯科バイブレータ
C4:歯質が失われた虫歯
歯冠が溶けて無くなり、根の部分だけが残っている状態です。C3の場合と同様に治療し被せ物をするか、やむを得ない場合は残った歯根部を抜歯します。抜歯した部分は傷が治った後に、ブリッジ・部分入れ歯・インプラントなどの方法で補うことになります。  


Posted by koikenina at 11:28Comments(0)