健康、生活 › 2019年05月08日

2019年05月08日

矯正装置の周りの汚れなどをきれいに取り除くのが難しい時など歯磨きの手助けになります。

PMTCとはprofessional mechanical tooth cleaning の略で、簡単にいえば専門の資格をもった衛生士がお口の中の汚れを専用の器具を使ってとる治療です。
お口の中には約700種類の細菌が住んでいてそのうちの4種類ぐらいが歯周病に関係しています。細菌は集まってバイオフィルム(外側が薄い膜で細菌の集団です。)を作り、歯磨き剤の抗菌作用やフッ素の浸透性をさまたげます。PMTCはこのバイオフィルムを機械的に破壊して、その後フッ素や抗菌性の強いゲルをつけて歯の表面にバイオフィルムが付着するのを防ぐ治療です。 
生体モニター
こんな方におすすめです。
治療ではなく歯磨きの手伝いをして欲しい人
特に痛いところもなく、歯肉が腫れているわけでもないが、口の中をすっきりさせたい人。
また口臭が気になる方。
歯周病の治療が終わっている人
PMTCは歯石などは取ることができないので、
治療などですでに歯石を取り除いてあることが前提になります。
矯正中の人
矯正装置の周りの汚れなどをきれいに取り除くのが難しい時など歯磨きの手助けになります。
被せものやブリッジがある人
ブリッジなどの歯のない部分も自分では磨けないところまできれいになります。 
特徴は?
お口の中のリフレッシュ 
歯石を取るような強い刺激ではなく
終わった後に爽快感が生まれることを目標に行われます。
歯の輝きが増す
多少の汚れやざらつきなどは
ツルツル、ピカピカに磨きあげられます。
また汚れも付きにくくなります。
虫歯の予防
歯磨きでは落とせない
虫歯の元になる細菌の塊を磨き落とします。
歯周病予防
歯周ポケット内の根の部分に強く付着した
歯石ではない細菌の塊を磨き落とします。
歯を強くする
お掃除に使用する歯磨きペーストには
高濃度のフッ素が配合されています。
そのため歯の表面が強化されます。
リラックス効果
お掃除終了後にハーブの入った温タオルで
日頃の疲れを癒していただきます。 
歯科器具 通販  


Posted by koikenina at 12:41Comments(0)

2019年05月08日

炎症が進むと歯周ポケットがさらに深くなり、歯槽骨がほとんど破壊され、歯がぐらつき、歯の根も見えてきます

歯周病は歯のまわりの歯周組織に発生する疾患の総称です。
その多くは歯と歯肉の間に溜まった歯垢(プラーク)が原因で、歯周組織に炎症をもたらします。歯周病は慢性的に進行することが多く、放置すると歯を支える歯周組織が徐々に破壊され、最後は咬む力に耐えられなくなり歯が脱落していく恐ろしい病気です。歯周病の初期には全く症状がでないため、見過ごしてしまうことが多いのも歯周病の怖いところです。
ダイヤモンドバー
歯肉炎
歯のつけ根の表面に、プラークがたまり、歯の周囲や歯と歯の間に炎症が起こります。ブラッシングした時や、固いものを食べると、出血することがありますが、痛みは感じません。

歯周炎
プラークが歯石になり、大きくなると、歯と歯ぐきの間にある溝(歯肉溝)がだんだん深くなります。徐々に歯肉の弾力性がなくなって、歯周ポケットと呼ばれる空間ができます。この頃になると、炎症が進み、歯槽骨の破壊が始まります。

重度歯周炎
炎症が進むと歯周ポケットがさらに深くなり、歯槽骨がほとんど破壊され、歯がぐらつき、歯の根も見えてきます。出血や口臭も強くなり常に膿がでるようになります。

歯石除去
歯石は歯周病のサインです。
通常の歯の表面はツルツルしており、汚れがつきにくくなっています。しかし、歯石は表面がザラザラしているため、汚れがつきやすく歯周病が進行する原因となります。
歯石を除去して、歯周病を予防しましょう。
マイクロモーター 販売
ブラッシング
歯周病の予防や、進行を防ぐのにブラッシングはとても重要です。歯周病は一度進行してしまった状態を全く元に戻すことは困難ですが、ブラッシングで進行を止め、予防することができます。普段忙しくてなかなか歯医者に行けない人は、毎日のブラッシングがとても重要になってきます。しかし正しいブラッシングができている方は大変少なく、歯科医院で教わるブラッシング方法は「今までのやり方と全く違う!」と驚かれる人がほとんどです。私達が正しいブラッシング方法を丁寧にご指導させていただきます。  


Posted by koikenina at 12:25Comments(0)

2019年05月08日

髪の毛や肌の色が人それぞれ異なるように遺伝的に歯の色が黄色っぽい方がいます

最も新しい考え方では、歯そのものの美しさだけではなく、口元の印象を決めるスマイルラインやEライン、歯ぐきの色や健康状態などを含めた総合的な美しさのことを言います。
単に歯を白くするだけではなく、歯並びや歯茎の状態などもトータルで考えて美しくする必要があると思います。

差し歯・詰め物の素材について
審美歯科は、虫歯や銀歯、入れ歯(義歯)などを白い歯に作り変えることを中心に行われています。ところが単に白い歯にしただけでは、時間の経過と共に変色したり、歯茎が黒ずんだりするなど、審美的に不都合な現象が出ることがあります。黒い歯茎の原因は、金属によるものが大半です。口の中の金属が唾液により溶解され、歯茎や周囲の色を黒くしてしまうのです。また、溶け出した金属のイオンはアレルギー反応を引き起こすことがあります。「金属アレルギー」です。「金属アレルギー」は一度症状が出てしまいますと改善は難しく、深刻です。現在の審美歯科では、これらの現象を防止でき、色調も大変美しい素材が用いられるようになりました。オールセラミックが代表的なものです。最も新しい差し歯では、歯の根元部分に「グラスファイバー」を使用し、全く金属を使わずに治療するところまで進んでいます。
ダイヤモンドバー
ホワイトニング 
ホワイトニングはその名の通り、「歯を白くすること」です。
さか歯科医院では、自宅で行うホームホワイトニングをご用意しています。
こういう場合はホワイトニングを!
●加齢による黄ばみ
年齢を重ねるとともに、徐々に歯の色調が濃くなります。
歯の表面を覆っている透明のエナメル質が磨耗し、その下の層にある黄色の象牙質の厚みが増してくるので、歯は黄褐色が強くなります。
●生活習慣による黄ばみ
コーヒー・お茶・カレー・醤油・タバコ等、着色性の強い飲食物を長年摂取することで歯は次第に黄ばんできます。
表面の汚れであればクリーニングで取れますが、歯に染み込んだ着色はホワイトニングで白くします。
●遺伝による黄ばみ
髪の毛や肌の色が人それぞれ異なるように遺伝的に歯の色が黄色っぽい方がいます。

歯のホワイトニングのメリット 
(1)歯を削らずに白くできる(歯の健康を守る)。
(2)少しずつ白くできるので、白さの調整がしやすい。
(3)繰り返し白くできる(気に入る白さまで)
(4)セラミックに比べて安価(ヘアカラーの値段)
 歯科技工 材料  


Posted by koikenina at 11:58Comments(0)