健康、生活 › 2019年05月09日

2019年05月09日

精密検査の結果をもとにまずはプラークコントロールを十分に行います。

歯周病治療の流れ
精密検査
歯周ポケットの測定
レントゲン診断
問診(局所的、全体的なご病気)
かみ合わせのチェック
スケーリング・ブラッシング指導
精密検査の結果をもとにまずはプラークコントロールを十分に行います。
次に歯の表面の歯石を除去します。
ルートプレーニング
精密検査の結果をもとに1回につき3~4歯ずつ歯肉の表面に麻酔をして歯肉の中に隠れている歯石を丁寧にかき取ります。
この治療を炎症が強い部位に行います。
ポータブルレントゲン 歯科
再評価
ルートプレーニング終了後に炎症がどの程度改善されているか再び精密検査を行います。
再評価後
炎症が落ち着いて症状の改善が見られる部位はメインテナンスヘ。
炎症がまだ残っていて症状の改善が認められない部位は、歯周外科手術、歯周組織再生療法を行います。
メインテナンスとPMTC
歯周病は再発が多い病気と言われています。その理由のひとつに、このメインテナンスを受ける習慣が日本人に定着していない事があげられます。
歯周治療が終了しても、きちんとした管理ができていなければ再発してしまいます。
歯周病の治療中や治療終了直後は、歯周病菌が非常に少なくなっています。はじめは、ブラッシングも非常に注意し、一生懸命行っていますが、時間とともにだんだん疎かになっていく場合もあり、再び歯周病菌が増殖し再発をおこしてしまうのです。メインテナンスとは、定期的に口腔内を管理するこにより歯周組織の健康を維持していくことです。
メインテナンスとは、歯周病を再発させず、健康な状態を維持していくための定期的な治療のことです。治療が終了した後は、3ヶ月ごとの定期検診の受診をお勧めします。
細菌の集団であるプラーク(歯垢)は、毎日の適切なブラッシングでほとんど除去する事ができますが、深い歯周ポケットの中や、歯並びの悪い所にある細菌はブラッシングでは除去できません。これらは歯科衛生士による専門的なクリーニング(PMTC)によって除去する必要があります。
歯周病は再発の多い病気と言われています。治療によって症状が改善したとしても、そこは一度歯周病に侵されたところです。治ったといっても溶けてしまった骨が元通りに戻っているわけではなく、ほとんどが歯と歯肉が弱い結合で治っているのにすぎないのです。ブラッシングが不十分であったり、メインテナンスを怠ると細菌が活動をしはじめ、歯周ポケットが深くなり、容易に「再発」を起こします。
また、残念ながら治療の限界のため、部分的に治りきらないところが残ってしまうこともあるでしょう。そのような部位でもメインテナンスを継続することにより歯周ポケットがさらに深くならないように、進行を食い止めることができるのです。
歯科ユニットテーブル  


Posted by koikenina at 12:33Comments(0)

2019年05月09日

予防のための歯科通院が、定期健診と思っていただけたらと思います。

お口の中の二大疾患は、むし歯と歯周病です。
どちらとも、感染症で生活習慣病です。これらの予防は、気づき、実行し、習慣にすることが大切です。普段のセルフケアが一番大切で、それを習慣として継続していくことが重要になってきます。でも、どうしてもご自身のケアだけじゃ行き届かないところもあるのです。そこで、定期的な歯と歯ぐきと口の中全体の健診、そしてクリーニングが必要になってきます。1ヵ月ごと、2ヵ月ごと、3ヵ月ごとにプロのクリーニング、歯石除去を受けていただきたいのです。さらに、普段のケアのチェック、リスク部位を理解することで口の中の健康を確認することができます。それが、ご自身の生活の質の向上につながるのです。お口健康を保つことは、体の健康を保つことになるのです。セルフケアとプロフェッショナルケアがあってこそ、お口の中の環境をより良くできます。予防のための歯科通院が、定期健診と思っていただけたらと思います。
歯科器具
なぜ定期的・継続的なのか?
歯周病もむし歯も、時間をかけて進行していく疾患です。歯周病菌もむし歯菌も、お口の中に存在しているのは当然なのです。だけど、いつでも悪さをするわけではありません。免疫力が極端にさがったりすることもあるかもしれません。何らかの理由でお口のケアが十分にできなくなって、口の中の細菌の数がかなり増えてしまうこともあるでしょう。細菌の勢力が盛んになることだってあります。そんなときに、急激に歯周病がすすんだり、むし歯が進んだりすることがあります。また、とても静かにゆっくりと確実に進むこともあります。その変化を気づくことができれば、状態を悪くしないですむかもしれません。異常に増えてしまった細菌の数を、クリーニングで減らすことで疾患が悪化するのをとめることもできるかもしれません。定期健診は、そんな変化に気づくためのきっかけになるのです。さらに定期健診が、健康を確認する時間であってほしいと思うのです。

定期健診でなにをするの?
主に歯科衛生士が担当して行います。
お口のチェック
日頃のお口の心配ごとを伺います。
歯と歯ぐきの状態をよく見て、チェックします。歯ぐきの状態を器具を使って検査します。
セルフケアチェックとアドバイス
歯垢を染め出しして、普段のブラッシング状態をチェックします。
セルフケアの成果を伝え、より良くするためのアドバイスをいたします。
エアータービン
クリーニング
染め出しされたところを、確実にクリーニングします。
さらに、ポケットの中もクリーニングをします。ハブラシやフロス、歯間ブラシなどを使ってケアすることもあります。専用の機械と器具を使って、痛みがないようにクリーニングします。歯石と着色、歯垢を取り除き、ブラシをかけ、歯をつやつやに磨きます。

ドクターチェック・診断
先生にむし歯、歯ぐきのチェックなどのお口の中全般のチェックをしてもらい、心配事があったところなどを診断してもらいます。
定期的に、レントゲン写真を撮ってチェックすることもあります。  


Posted by koikenina at 12:07Comments(0)

2019年05月09日

唾液(つば)というと、「天に唾する」、「眉唾物」などあまりいいイメージがないかもしれません

日本人が歯を失う最大の原因が歯周病(歯槽のうろう)です。
そのため、歯を失った後の義歯を作らなくてはいけない原因の多くはこれにあたります。歯周病は「歯周」つまり歯の周りの組織の病気です。歯の周りには、「歯肉」、「歯槽骨」などがありますが、まず歯肉が炎症を起こして腫れ(歯肉炎)、歯と歯肉の間に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができます。
歯科重合用光照射器
それが深くなっていくと歯の土台となっている歯槽骨が破壊されて(歯槽のうろう)、最終的には歯が抜け落ちてしまうのです。なんと、われわれ日本人において、歯周病の初期症状である歯肉炎は、15~24歳ですでに50%の方が罹患し、歯周病(歯槽のうろう)は35~45歳で80%、45~55歳で88%もの人が罹患しています。

歯周病、虫歯と唾液の関係
唾液(つば)というと、「天に唾する」、「眉唾物」などあまりいいイメージがないかもしれません。現に、唾液なんて何の役に立つのだろうと思っている方も多いと思います。しかし、唾液は日常生活において無くてはならないものです。唾液の働きとして、抗菌作用、消化作用、粘膜保護作用、消化作用など様々な作用があります。そのため、唾液が少なくなるとこの抗菌作用なども低下するために歯周病や虫歯が生じやすくなります。また、粘膜保護作用も低下するため、粘膜も傷つきやすくなってしまいます。

プラークコントロール
口の中のプラーク(細菌)を病気がおきないレベルまで減少させることが必要です。はじめに内服薬、歯磨き剤、軟膏などを使用します。

歯石除去(スケーリング)

歯みがきではとれない歯石をスケーラーと呼ばれる器具を使用して取り除いていきます。
スリーウェイシリンジ
再評価
もう一度、お口の中の検査をし、良好な方は3~4ヶ月後、または6ヶ月後に定期検診に来ていただきます。歯周病が進んでいる方は、検査後、歯肉の下の歯石まで細かく、丁寧に取り除いていくことになります。

再々評価
すべての歯石除去が終わったら、再度お口の中を検査します。ここで症状の改善度を確認します。進行のある方は、外科処置、薬物療法、再歯石除去などを行います。  


Posted by koikenina at 11:33Comments(0)