健康、生活 › 2019年05月10日

2019年05月10日

早めに歯科医にご相談されることをお勧めします。

「歯ぐきが腫れている」「ブラッシングすると出血する」「口臭がきつくなった」「朝起きると口の中がネバつく」などは歯周病のサインかもしれません。歯と歯ぐきの溝に溜まっていくプラーク(歯垢)や歯石の中の細菌によって歯ぐきが炎症を起こし、歯を支える顎の骨などの組織が壊れてしまう歯周病は、日本の成人が歯を失う原因の第1位です。
「歯周病は「歯の周りの病気」です。歯を支える歯肉や歯槽骨の組織をじわじわと破壊していく歯周病は初期段階では、痛みを感じることが少なく自覚症状がほとんどない、気がつきにくい病気です。気がついたときには意外に進行しているケースが多く、成人の歯の抜ける原因として歯周病によるものが増えています。しかも放っておくと歯周病菌が歯肉の毛細血管に入り込み意外にも動脈疾患・糖尿病・低体重児出産(早産)・肺炎・口臭などの原因につながり、健康にもさまざまな悪影響を及ぼします。

歯科用拡大鏡
歯周病のサイン
2つ以上心あたりがあれば、歯周病の可能性があります。早めに歯科医にご相談されることをお勧めします。
ブラッシングのたびに歯ぐきから出血する
歯がムズがゆい感じがする
歯を磨いた時に出血が見られる
朝起きたときに口の中が気持ち悪い
食べ物がかみづらくなる
歯ぐきが腫れている
口臭が強くなってきた
口の中がネバつく
歯がグラつく
歯ぐきから膿が出ている
歯ぐきが下がって歯が長くなったような気がする
歯が浮いた感じがする
硬いものが咬みにくい
食べものが歯に挟まりやすくなった
歯科バイブレーター
歯周病の治療法
歯周病を治療していくには時間もかかりますし、症状が進行していれば最悪、治療の甲斐なく歯が抜けてしまうこともあります。
それゆえに歯周病はとにかく予防が大切なのですが、それでも日本人の多くが歯周病になってしまうのが原状です。
では残念ながら歯周病になってしまった場合はどのような治療を行っていくのでしょうか?
これらの治療法について以下に挙げていきます。
※もちろん一口に歯周病といっても原因、症状を悪化させている原因は1人1人異なりますので、歯周病を治療していく前に検査を行い、1人1人に適した治療を行っていく事となります。
  


Posted by koikenina at 12:37Comments(0)

2019年05月10日

歯ぐきが下がって歯が長くなったような気がする

「歯ぐきが腫れている」「ブラッシングすると出血する」「口臭がきつくなった」「朝起きると口の中がネバつく」などは歯周病のサインかもしれません。歯と歯ぐきの溝に溜まっていくプラーク(歯垢)や歯石の中の細菌によって歯ぐきが炎症を起こし、歯を支える顎の骨などの組織が壊れてしまう歯周病は、日本の成人が歯を失う原因の第1位です。
「歯周病は「歯の周りの病気」です。歯を支える歯肉や歯槽骨の組織をじわじわと破壊していく歯周病は初期段階では、痛みを感じることが少なく自覚症状がほとんどない、気がつきにくい病気です。気がついたときには意外に進行しているケースが多く、成人の歯の抜ける原因として歯周病によるものが増えています。しかも放っておくと歯周病菌が歯肉の毛細血管に入り込み意外にも動脈疾患・糖尿病・低体重児出産(早産)・肺炎・口臭などの原因につながり、健康にもさまざまな悪影響を及ぼします。
コントラアングル

歯周病のサイン
2つ以上心あたりがあれば、歯周病の可能性があります。早めに歯科医にご相談されることをお勧めします。
ブラッシングのたびに歯ぐきから出血する
歯がムズがゆい感じがする
歯を磨いた時に出血が見られる
朝起きたときに口の中が気持ち悪い
食べ物がかみづらくなる
歯ぐきが腫れている
口臭が強くなってきた
口の中がネバつく
歯がグラつく
歯ぐきから膿が出ている
歯ぐきが下がって歯が長くなったような気がする
歯が浮いた感じがする
硬いものが咬みにくい
食べものが歯に挟まりやすくなった
生体モニター歯科
歯周病の治療法
歯周病を治療していくには時間もかかりますし、症状が進行していれば最悪、治療の甲斐なく歯が抜けてしまうこともあります。
それゆえに歯周病はとにかく予防が大切なのですが、それでも日本人の多くが歯周病になってしまうのが原状です。
では残念ながら歯周病になってしまった場合はどのような治療を行っていくのでしょうか?
これらの治療法について以下に挙げていきます。
※もちろん一口に歯周病といっても原因、症状を悪化させている原因は1人1人異なりますので、歯周病を治療していく前に検査を行い、1人1人に適した治療を行っていく事となります。  


Posted by koikenina at 12:05Comments(0)

2019年05月10日

診療台に座って歯科医師の治療を受けるだけでは治りません

歯周病は、歯垢(デンタルプラーク、口腔内のばい菌)によって歯を支える歯茎に炎症がおき、歯茎が腫れたり歯がぐらぐらしてくる病気です。放置すれば抜歯せざるを得なくなります。歯を支える土台の部分ですので、歯を悪くさせない為だけではなく良い入れ歯や被せもので治療するためにも、歯周病の治療は欠くことができません。また、むし歯と違って歯茎は削ってつめる ことが出来ないので、治っていくのに時間がかかります。 歯磨きとは、白い歯だけではなく、歯のはえぎわのばい菌を除去することでもあります。普段のブラッシングの回数や上手さ、噛み  合わせなど多くの要因が関わるために、治療は数回で終わることもあれば、症例によっては1年近くかかることも珍しくありません。歯科医師も一生懸命治療に当たりますが、患者さんご本人の歯の手入れに負うところが少なくありません。
シーパップ 通販
診療台に座って歯科医師の治療を受けるだけでは治りません。歯科衛生士からも正しいブラッシング方法を習い、ご自身が毎日口腔内や歯の周りのプラークをとる、つまり丁寧なブラッシングを続けられることは欠くことができません。適切な治療と丁寧なブラッシング習慣がそろって初めて歯周病がよくなっていきます。最近では、歯周病は糖尿病の第6の合併症であるとされ、逆にひどい歯周病により歯周組織から入ったばい菌やその成分は予想以上に動脈硬化症や糖尿病などにも影響をしているかもしれないという報告が増えてきました。歯・口のためだけでなくからだ全体の健康にとっても、気を配っていきたいものです。
歯周病の治療法
歯周病を治療していくには時間もかかりますし、症状が進行していれば最悪、治療の甲斐なく歯が抜けてしまうこともあります。
それゆえに歯周病はとにかく予防が大切なのですが、それでも日本人の多くが歯周病になってしまうのが原状です。
では残念ながら歯周病になってしまった場合はどのような治療を行っていくのでしょうか?
これらの治療法について以下に挙げていきます。
※もちろん一口に歯周病といっても原因、症状を悪化させている原因は1人1人異なりますので、歯周病を治療していく前に検査を行い、1人1人に適した治療を行っていく事となります。
超音波スケーラー販売
歯周病の治療が終了すると症状も改善され普段通りにお過ごしいただくことができます。しかし、その後の管理次第では再発するケースも少なくありません。
欧米では歯周病を“Silent Disease”(静かなる疾患)と呼んでおり、毎日ほんの少しずつ悪くなる病状を自覚することが難しいということを表現しています。
そこで重要になってくるが治療後の“メインテナンス”です。歯周病のメインテナンスとは定期的に行われるプロフェッショナルによるお口の中のチェックとクリーニングのことで、当クリニックでは拡大鏡を用いた歯と歯周組織の視診、歯周ポケット検査、歯石除去などのクリーニング、歯磨きの状態の評価と指導を行わせていただいております。
  


Posted by koikenina at 11:41Comments(0)