健康、生活 › 2019年05月20日

2019年05月20日

クリアアライナーは透明で目立たず、痛みもほとんどありません。

見えない矯正
矯正装置が目立つことを気にして、治療に踏み切れない方はいませんか?見た目が気になる方におすすめの目立たない装置もあるのです。誰にも気づかれずにこっそりと、でもしっかりと歯並び・噛み合わせを整える“見えない矯正”を始めてみませんか?
マウスピース矯正
マイクロモーター 販売
歯に装置を接着せず、歯にはめる形で使うマウスピースタイプの装置をクリアアライナーといいます。歯を移動させたい位置をゴールとし、そこにたどり着くための段階を区切って、いくつかのマウスピースを作ります。段階に合わせて新しいマウスピースに取り替え、徐々に予定の位置に移動させていきます。
メリット
クリアアライナーは透明で目立たず、痛みもほとんどありません。
食事や歯磨きのときには取り外せるので、歯磨きも十分に行えます。
デメリット
歯を大幅に動かしたいときなどには不向きです。
舌側矯正

歯の裏側に矯正装置を装着し、ワイヤーを通し、歯を動かしていきます。最近では舌に当たるときの不快感が和らぐ小型のタイプも登場し、舌側矯正の欠点であったしゃべりにくさも大幅に解消しています。
メリット
矯正装置が見えないので見た目を気にする方には最適。歯の裏側につけるので唇を閉じたときに厚みが生まれません。横顔も自然です。
デメリット
歯表側に装着するよりも治療期間が長くなることが多く、費用も少々割高になります。
セラミックブラケット
ワックスポット
セラミックで作られている、透明な矯正装置です。金属製ブラケットのものとほぼ同等の性能をもちながら、半透明な色調が歯に調和しやすい特徴を持っています。
メリット
他のブラケットと比較しても、目立ちにくい。
デメリット
金属のブラケットと比べると若干強度が弱い。
インプラント矯正
インプラント矯正とは、矯正治療(歯列矯正)と顎の骨に人工歯根を埋め込むインプラント治療を融合させた治療法です。通常の矯正治療では難しかった矯正治療も行えます。さまざまなメリットがあり、患者さんにかかる負担を大きく軽減させられるのがポイントです。インプラント矯正に用いる人工歯根(インプラント)は、歯の移動を目的にした矯正治療向けに作られたものです。そのため、症状に合わせていろいろな部分に埋め込めるようになっています。歯の移動が完了したら除去するため、通常のインプラント治療とは別ものとお考えください。  


Posted by koikenina at 13:17Comments(0)

2019年05月20日

審美歯科の基本は「形態、色調、機能」の調和

歯科医療の目的は、口腔疾患を予防し必要に応じて治療を行うことで、お口の中のみでなく全身的な健康を保持することにあります。
お口の機能を改善することで「食べる」ことにおいてよく咬めるようになり楽しく食事をすることができます。また「話す」というコミュニケーションにおいても口元は重要な役割を担っています。機能の回復と審美的満足は心身の健康に大きく関わる重要な要素と考えられ、「歯科審美」はまさに皆さんのQOL(Quality of Life)に大きく貢献しています。
ポータブルユニット 歯科
審美歯科の基本は「形態、色調、機能」の調和
審美歯科の一般的なイメージは、見た目の美しさを追求する分野だと思われるかもしれません。しかし審美歯科の目指すところは「形態、色調、機能」の調和です。つまり審美歯科は歯科診療全般と密接に繋がっています。当院では、「MI・接着・メタルフリー」を基本コンセプトとして、まずはしっかりした歯周治療を行い、必要に応じてむし歯や根管治療で基礎を改善してから最終補綴を行うことを心がけています。美歯科治療で何より大切なのは、患者さんの生活の質を向上させることです。患者さんの求めるゴールをしっかりとお聞きしたうえで、一口腔トータルでの治療計画を提案いたします。

使用する修復材料
ハイブリッドレジン・コンポジットレジン
合成樹脂(レジン)の中にセラミックの微粒子を混合した複合材料で、比較的小さなむし歯が適応症です。歯質接着性材料処理材を用いて歯面処理してコンポジットレジンを充填します。直接充填法であれば1回の治療で完了します。
長期的には摩耗や劣化、僅かではあるが変色の可能性があります。
歯科用マイクロスコープ
セラミックス
歯の詰め物や被せ物として使用される透明感のある材料です。滑沢な表面性状が長期的に持続し変色もなく安定した状態を持続します。プラークコントロールもしやすいため歯肉にも優しい材料です。材料、製作法によりメタルセラミックス、キャスタブルセラミックス、ジルコニアセラミックスなどの種類があります。

ジルコニアセラミックス
人工ダイヤモンドと呼ばれ、強度が高く軽く美しいセラミックスです。強度が必要な後方臼歯の被せ物に適しています。やや透明感に劣ると言われていましたが、近年では透明感を持つ素材も登場し色のバリエーションも増えています。  


Posted by koikenina at 12:56Comments(0)

2019年05月20日

治療目的以外の処置とは、予防目的のもの、美容のみを目的としたもの、などのことです

審美歯科は、一般的な保険治療では行えない審美性(美しさ)を提供する治療です。
一般的な保険診療では、むし歯の治療を行うと削ったところや欠けているところに銀色やプラスチックの詰め物をします。治療での目的は「機能の回復」という視点での治療であるため、どうしても「見た目の美しさ」で満足のいく治療を受けることはできません。

審美歯科では、機能的な側面だけでなく、「見た目の美しさ」いわゆる「審美」という側面も満たす治療を行いますので、「むし歯治療の痕が気になる」、「むし歯を治療したいが、きれいに治したい」という方にお勧めの治療です。
歯科用オートクレーブ
保険が適用できないケース
治療目的以外の処置
高価な材料を使う場合
一般的に、治療目的以外の処置には保険が効きません。
治療目的以外の処置とは、予防目的のもの、美容のみを目的としたもの、などのことです。

ジルコニアセラミック
ジルコニアセラミックは、金属を使わずジルコニアの上にセラミックを盛り付けたもので、自然な色合いと形を再現し、永年使用にも変色せず天然歯の美しさを保ちます。 
オールセラミックより透明度は劣りますが、自然な色あいを再現しやすい材です。

オールセラミック(e-max)
オールセラミックの美しさはもはや、当たり前であり、最も重要なことは歯との「適合性」と「接着性」です。 歯にきちんと適合して、細菌の漏洩がないように最新のセメントで接着させることにより、極力やり直しの少ない治療へとつながります。 万が一、割れてしまったなどのトラブルの際は当院の保証システムにて保証させていただきますのでご安心ください。(例:1年以内の破折は無料でやり直します)
マラソン マイクロモーター
セラミックスインレー
従来、インレー(つめもの)には金属が使用されてきましたが、黒く目立ち、見た目にはよくありませんでした。セラミックを使用することにより、治療箇所が目立たず、非常に健康的に見えます。

ファイバーコア
ファイバーコアはグラスファイバーの繊維を束ねてレジンを重合させて作成する土台です。 保険の金属の土台ですと金属の強度が強すぎてしまい歯に負担がかかりすぎて、歯の根が折れてしまったりします。 また、保険の金属が溶解して歯茎が黒ずんでしまうこともあります。 ファイバーコアは歯にかかる負担が小さく、応力を分散させるメリットがあり、かつ、被せ物をした時も自然感を出すことのできる材料です。  


Posted by koikenina at 11:52Comments(0)