健康、生活 › 2019年05月22日

2019年05月22日

それでは、審美歯科治療とは具体的にどのような治療法があるのかをご説明いたします

私たちの歯は、噛み合わせなどの生活する上で体の健康と大きく関わっていることが分かっています。
そのため、歯科医院での虫歯や歯周病の予防や治療、また噛み合わせの調整はとても重要です。このような歯の治療と同時に、近年では歯の見た目の美しさを備えた審美歯科治療を受ける方が多くなってきています。 歯並びや歯の形、色などは、その人の見た目の印象を少なからず変えてしまいます。特に人前に出るお仕事や、人とよく接するお仕事の方は、美しい笑顔一つで相手が受ける印象も変わってくるため、口元の見た目の美しさはとても重要であると言えます。

さらに、見た目が美しくなることで表情が明るくなったり、人前でよく笑うことが多くなることから、心の健康にも繋がっているのです。 虫歯や歯周病がない健康な歯で、噛み合わせもしっかりとでき、さらに見た目も美しい歯になることで、毎日の生活をより快適で明るく、そして心身共に健康にお過ごしいただけることと思います。
それでは、審美歯科治療とは具体的にどのような治療法があるのかをご説明いたします。
研磨用ポイント
ホワイトニング
歯を白くする治療法としてホワイトニングがあり、歯科医院でおこなうオフィスホワイトニングと、ご自身で自宅でおこなうホームホワイトニング、そしてこれらの方法を併用するデュアルホワイトニングという方法があります。

オフィスホワイトニング
歯の表面にホワイトニング剤を塗布して、専用のレーザーの光や熱によって活性化させることにより歯の黄ばみを分解します。個人差はあるものの、比較的短時間で歯を白くすることが可能です。
マイクロモーター 販売
ホームホワイトニング
歯科医院でご自身の歯型に合わせたマウスピースを作製し、ホワイトニング剤をマウスピースの中に塗り、歯に装着することで歯を白くする方法です。 マウスピースのお手入れや、ご自身でのホワイト二ングをおこなうため、少し手間や時間はかかってしまいますが、ご都合に合わせてホワイトニングができるため、忙しくて歯科医院に通えない方にはお勧めです。

デュアルホワイトニング
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用することで、歯を白くする方法です。それぞれのメリットを兼ね備えたホワイトニングですが、費用がかかってしまうことや知覚過敏を起こしやすいなどの、それぞれのデメリットもあるため、注意が必要です。
  


Posted by koikenina at 13:02Comments(0)

2019年05月22日

どんな病気や異常でも、発生する以前に予防することが最も大切です

虫歯と歯周病予防について
私たちにとって一番幸せなことは「いつまでも自分の歯で噛める」事です。自分の歯でしっかり噛むことは、心身の健康維持に欠かせない要素です。毎日しっかり歯磨きをして、キレイにしていれば、虫歯や歯周病は防ぐことができますが、「磨いている」と「磨けている」とは違います。自己流で磨いていても、すみずみまで磨くことは難しいと思います。歯石除去や咬み合わせのチェック、正しいブラッシングや食生活の改善など、予防習慣をご一緒に維持していきましょう。
ダイヤモンドバー
どんな病気や異常でも、発生する以前に予防することが最も大切です。皆さんは、歯科医院は「虫歯を治す」場所だと思っていませんか?風邪などは放っておいても治ることがありますが、虫歯や歯周病は、放っておいても絶対に自然治癒することはありません。治療することは大事なのですが、これからは 「虫歯や歯周病にならないこと」が大事なのです。特に歯周病は、自覚症状のないまま悪化しますので定期的な検査がとても大切です。当医院で正しい歯の磨き方の指導を受けたり、PMTCを受けることをおすすめします。虫歯や歯周病になってから頑張って治療を始めるより、常日頃から予防歯科を考えて虫歯をできにくくしたり、歯周病の進行をより遅くすることこそが、お口の健康を維持する秘訣です。

虫歯と歯周病の検査

3~6か月おきに行う定期検診では、歯科医師や歯科衛生士による虫歯や歯周病の検査を行います。患者様ごとに検査結果を保存しているので、検診の結果を比較することができます。
徐々にお口が健康になっていく様子を一緒に確認しましょう。
そのほかにも日頃の歯のお悩みがあれば、お気軽にご相談ください。
PMTC
ポータブルレントゲン 歯科
PMTCとは、歯科医師・歯科衛生士が行う専門的なクリーニングです。自分では落とせない頑固な汚れを、機械で磨き落としていきます。
スケーリング

ふだんの歯磨きでは落としきれない、歯石や歯垢を綺麗に除去します。専用の器材を使用して、歯の表面を傷つけないよう配慮して行います。
ブラッシング指導

歯を綺麗にしようとして強く磨いても、歯垢を取り除く効果はそれほど高くないことをご存知でしょうか?ブラッシング指導では、歯科衛生士が歯磨きの仕方を丁寧に説明します。指導には患者様ごとに新しい歯ブラシを使用しており、検診後に無料でお渡ししております。  


Posted by koikenina at 12:02Comments(0)

2019年05月22日

歯医者の仕事は決して歯をたくさん削って、治療することではありません。

歯の表面に付着したばい菌の塊(歯垢)をそのままにしておくと、歯の周りの歯肉に、炎症が起きてきます。歯肉は色が赤くなり、ぶよぶよと腫れてきて、ちょっと歯ブラシがふれても簡単に出血するようになります。この状態が歯肉炎です。この歯肉炎を放置しておくと、症状はさらに進み、歯を支えている骨(歯槽骨)が少しずつ溶け、歯はぐらぐら動くようになり、やがては抜けてしまいます(歯周炎)。
歯肉炎と歯周炎を合わせて歯周病といいます。

40歳以上の歯の抜ける原因は歯周病です。
歯を失う原因としては、虫歯と歯周病によるものが大多数を占めていますが、最近では歯周病によるものが増えています。
光照射器 歯科
毎日のケアが大切です。
歯周病の原因は歯ぐきの奥に潜む細菌です。ブラッシングにより取り除けるのは歯の表面の細菌ですが、歯面の細菌を取り除くことで歯ぐきの奥の悪い細菌も減少します。
また、歯垢は時間とともに歯石に変化しますが、歯石は細菌の増殖を助けます。ですから歯石を付きにくくする方法の一つは適切にブラッシングすることです。単に磨くことと、適切なブラッシングは同じではありません。
どのように異なるのかについて、専門家の指導・アドバイスを受けられることをおすすめします。
定期的な予防処置(予防歯科)とは?
歯医者の仕事は決して歯をたくさん削って、治療することではありません。
一番の仕事は皆さまの歯を守ることにあると考えております。虫歯の治療というのは、残念ながら歯を元の状態に再生していく事はできません。
人間の歯は残念ながら一生に一度しか生え変わりません。
虫歯や歯周病の原因を持つ口内環境を改善し、お口が若々しく機能が損なわれないよう、お口の環境を整えておく処置が、除菌方法や定期予防処置(予防歯科)です。
皆さまの歯をできるだけ削らずに生涯に渡って、ご自分の歯を維持していけるように私たちがお手伝いをしていきます。
バイオフィルムって何?
小型高圧蒸気滅菌器
虫歯や歯周病は、バイオフィルムと呼ばれるヌメヌメした細菌の塊が歯の周囲にくっついていることでおこる感染症です。バイオフィルムは細菌と細菌がつくる多糖が複雑にからまった強固な固まりです。バイオフィルムは歯面や歯と歯肉の間の歯周ポケットに付着するだけではなく、舌の表面(口臭の原因となる舌苔)や入れ歯にも付着します。バイオフィルムで覆われていると、洗口剤も内部までは効果がありません。定期的に機械的な方法で破壊し除去する事(歯のクリーニング)が最も効果的です。当院では、虫歯や歯周病の予防のため、このバイオフィルムの定期的除去(P.M.T.C)をおすすめしております。概ね3~4ヶ月に1度はすみずみまでクリーンアップするのが、歯や歯肉の健康には一番の方法です。定期的なメインテナンスも大切ですが、なんといっても「日頃のブラッシング」が大切です。  


Posted by koikenina at 11:12Comments(0)