健康、生活 › 2019年05月

2019年05月24日

虫歯に侵された象牙質を除去し詰め物をしなければなりません。

虫歯は細菌による歯質の感染症です。大きな感染の場合、感染部分を取り除いて代替の人工物で修復する必要があります。修復 部分の大きさや、部位により治療方法の選択肢がいくつかに分かれます。

〈C0〉 歯の表面が溶けて白濁して透明感を失った状態の事です。
ブラッシング指導と再石灰化を促し自然治癒を目指したり、歯は削らずにフッ素塗付などを行い強い歯質を作ります。
ワックスペン
〈C1〉 表面のエナメル質が溶け虫歯が始まった状態の事です。
C0と同様、ブラッシング指導と再石灰化を促進し自然治癒を目指します。
エナメル質には神経がないため、痛みはありません。
歯科医の指導のもと正しいホームケアを行い、虫歯の進行を抑えられれば削らずに済みます。

〈C2〉 虫歯が象牙質まで達した状態の事です。
象牙質はエナメル質より柔らかいため虫歯の進行が早く、徐々に痛みや冷たい物がしみるなどの自覚症状が出てきます。
虫歯に侵された象牙質を除去し詰め物をしなければなりません。

〈C3〉 虫歯が歯髄にまで進行し大きな穴が開いた状態の事です。
炎症を起こしズキズキと激しい痛みを起こす事があります。虫歯が歯髄まで進行すると歯髄は死んでしまうため、虫歯に侵された歯髄と象牙質を除去し、根管内を除菌・清 掃(根管治療)します。
きちんと除菌して密封することで、歯を残せる可能性があります。
歯科ユニットテーブル
〈C4〉 歯冠部(歯の頭の部分)が溶けて、歯根だけが残った状態の事です。
歯髄は死んでしまっているため痛みは感じません。場合によっては、歯根の先に袋状に膿がたまり強い痛みを出したり、歯を残すことも困難になる場合もあります。
歯を残せる場合は根管治療を行い、被せ物で修復しますが、残せない場合には、ブリッジや入れ歯、インプラントなどによる治療を行います。  


Posted by koikenina at 11:36Comments(0)

2019年05月23日

心身の健康を守るためにも、お口の健康状態を維持しましょう。

歯周病は認知度が高く、日本人にとって身近なお口の病気の1つです。
そのため軽視されがちですが、「サイレントキラー(静かな殺し屋)」とも呼ばれている、大変恐ろしい病気であることはご存知でしょうか?歯周病は、細菌がお口の中に定着することで歯茎が赤く腫れる炎症「歯肉炎」から始まります。症状が悪化しないと痛みがでないため、初期の段階では気付かないことがほとんどです。しかし、歯周病は感染症なので、1本の歯だけにとどまらずお口の中で広がり、歯ぐきやあごの骨(歯槽骨)などの歯周組織を破壊しながら静かに悪化していき、気付いた頃には抜歯しなければならない段階まで手遅れになっていることも…
歯科用サクション
歯周病は全身の病気と深く関係します
歯を抜け落とす歯周病ですが、その恐ろしさはお口の中だけにとどまりません。歯周病菌は血流などにのって全身を回ってしまうことがあり、糖尿病・動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞・早産などを引き起こす原因にもなる、大変危険な病気なのです。また、歯周病に限ったことではありませんが、歯を全て失ってしまった人は抑うつになるリスクを高めるとも言われています。歯科疾患を軽く考えることは危険です。しかし、お口のケアやメインテナンスによって予防することができます。心身の健康を守るためにも、お口の健康状態を維持しましょう。

歯周病の治療について
軽度歯周病(歯肉炎・歯周炎)の場合… スケーリング
歯周病の原因となる菌を含んだ歯垢(プラーク)は石灰化することで歯石になります。歯石は通常の歯みがきでは除去できないため、歯や根元に付着した歯垢や歯石をスケーラーと言う器具を用いて徹底的にきれいにしていく必要があり、その処置をスケーリング(歯石取り)と言います。
スケーリングはお口のクリーニングだけでなく、歯周病の発生や悪化を予防する効果もあります。

中度歯周病(歯周炎)の場合… ルートプレーニング
中度まで進行してしまった歯周病は、歯ぐきの奥に隠れた見えない歯の根(ルート)にまで歯垢や歯石が付着しています。そのようになってしまうとスケーリングだけでは除去しきれないため、ルートプレーニングという治療も併せて行い、歯垢や歯石、歯周病菌に感染した歯質などを特殊な器具を用いて除去していきます。ルートプレーニング後は歯や歯の根の表面もツルツルになるため、歯垢や歯石などの再付着の予防にも繋がります。
遠心鋳造機
重度歯周病(歯周炎)の場合… 歯周外科治療
スケーリングやルートプレーニングで汚れを除去しても状態が改善されないほど進行してしまった歯周病は、歯周外科治療を行うことがあります。歯ぐきを切開して歯周ポケットの深部まで及んでいた歯垢や歯石を取り除いたり、歯周組織再生治療で歯周病により溶けてしまった骨の回復を行うなど、外科的な処置を施します。  


Posted by koikenina at 13:07Comments(0)

2019年05月23日

治療が終わった後のメインテナンスプログラム

歯周病が軽度から中等度に進行
歯周病の状態が軽度から中程度であれば、レーザーと北欧で開発された高純度殺菌水を併用した初期歯周病予防プログラムでの対応が可能です。歯周治療専門の歯科衛生士と共に皆様に合わせた予防プログラムを提案しております。
歯周病が中等度から重度に進行
歯周病が進行して重症化している場合には、歯磨きだけでは治癒しませんので、積極的な歯周病治療が必要です。歯茎を切開し、内側にたまっている歯周病菌やLPSという毒素を除去する歯周外科治療を行います。歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けてなくなってしまっている場合には、「歯周組織再生療法」という特殊な手術で、自分の歯の根を残して歯を支えている組織を再生して元の健康な状態を取り戻す治療方法が適応できるかもしれません。
歯科 タービン 滅菌
治療が終わった後のメインテナンスプログラム
自分の歯を少しでも長持ちさせるには、歯茎や骨の歯周組織再生療法、矯正治療、インプラント治療など、高度な治療方法を組み合わせて、歯周病専門医としての診査・ 診断・的確な治療を行っていくことが大切です。また、治療が終わったら、歯周病原因菌の少ない口腔内細菌叢を保つためのメインテナンスプログラムをお薦めします。 3か月するとお口の細菌叢は元の悪い環境に戻ってしまいます。歯周病治療の知識と技術を持ち合わせた歯科衛生士によるプロフェッショナルメインテナンスによって、ご自身の歯をできるかぎり大切に扱っていただきたいと考えております。
歯周病専門治療の特徴
治療期間の大幅な短縮
従来の歯周病治療は、6ヶ月から1年以上におよぶ治療期間がかかりました。しかし、北欧で開発された新しい歯周病治療法により、数回の来院回数で同じ効果を得ることができるようになりました。
正確な診査診断
歯周病の病状を正確に把握して、始めて適切な治療が提供できます。日本歯周病学会歯周病専門医による術前の診査が大切です。
痛みと歯肉へのダメージを最小限に
歯周病専門の超音波やレーザー、超微細なアミノ酸を用いること。また、無痛点滴麻酔の併用により、痛みを感じることなく、歯周病治療を受けることが可能となりました。
歯科用オートクレーブ
可能な限りご自分の歯を残すための治療
日本歯周病学会専門医による、専門性の高い歯周病治療が重要です。再生治療や矯正、インプラント治療など、様々な治療方法を組み合わせて高度な治療方法を提供します。
予防プログラムの実施
歯周病の再発を防ぐためには、患者様各々の口腔内の状態に応じたメインテナンスプログラムが大切です。藤沢歯科ペリオ・インプラントセンターの歯周病予防プログラムをご活用ください。  


Posted by koikenina at 12:44Comments(0)

2019年05月23日

歯と歯肉の隙間(歯周ポケット)に入り込んだ細菌により、歯肉に炎症が起こります(歯肉炎)。

「日本人の8割が歯周病に罹患している」と言われる事があります。歯周病予備軍を含む数字ではありますが、多くの日本人が歯肉炎あるいは歯周炎に罹患しているのは事実でしょう。
年齢が高くなるにつれて歯周病の罹患率は高くなりますが、子どもの頃から歯肉炎の症状がみられる事もあり、年齢にかかわらず注意すべき疾患です。
 
歯周病について正しい知識を身に付けることが、効果的な予防・治療につながるでしょう。
歯科器具
歯肉炎と歯周炎とは?
歯肉炎とは、歯に隣接する歯肉にのみ炎症が起きている状態で、歯肉の下にある歯周組織(歯根膜(しこんまく)・歯槽骨(しそうこつ))には炎症が波及していない状態です。
これに対して、歯周炎とは、歯肉とその下にある歯周組織(歯根膜・歯槽骨)にも炎症が波及し、組織が破壊されている状態です。

歯肉炎と歯周炎の発症
歯と歯肉の隙間(歯周ポケット)に入り込んだ細菌により、歯肉に炎症が起こります(歯肉炎)。歯肉炎が治療されず、進行して深部に炎症が波及すると、歯を支える骨(歯槽骨)は吸収されてしまいます(歯周炎)。歯周炎が進行すると、歯を支える骨がなくなるため、歯はグラグラになり、最後には抜け落ちてしまいます。
 
歯周病は、歯自体の病気ではなく、歯を支える歯周組織の病気であり、むし歯と同様に歯を失う大きな原因の一つとなっています。
エアータービン
歯周病の検査(プロービング検査とレントゲン撮影)
プローブという専用の器具を用いて、歯周ポケット(歯と歯肉の間の溝)の深さを測る検査を「プロ―ビング検査」と言います。歯肉が健康な状態では、ポケットは1~3mm程度ですが、4mm以上になると歯肉炎または歯周炎であり、歯周炎が進行するほどポケットは深くなります。
 
また、レントゲン撮影を併用し、歯が埋まっている骨の状態(どれくらい減っているか)を確認します。 これらの診査により、実際に組織が破壊されているかどうかを見て、歯肉炎か歯周炎の診断をします。  


Posted by koikenina at 12:19Comments(0)

2019年05月22日

それでは、審美歯科治療とは具体的にどのような治療法があるのかをご説明いたします

私たちの歯は、噛み合わせなどの生活する上で体の健康と大きく関わっていることが分かっています。
そのため、歯科医院での虫歯や歯周病の予防や治療、また噛み合わせの調整はとても重要です。このような歯の治療と同時に、近年では歯の見た目の美しさを備えた審美歯科治療を受ける方が多くなってきています。 歯並びや歯の形、色などは、その人の見た目の印象を少なからず変えてしまいます。特に人前に出るお仕事や、人とよく接するお仕事の方は、美しい笑顔一つで相手が受ける印象も変わってくるため、口元の見た目の美しさはとても重要であると言えます。

さらに、見た目が美しくなることで表情が明るくなったり、人前でよく笑うことが多くなることから、心の健康にも繋がっているのです。 虫歯や歯周病がない健康な歯で、噛み合わせもしっかりとでき、さらに見た目も美しい歯になることで、毎日の生活をより快適で明るく、そして心身共に健康にお過ごしいただけることと思います。
それでは、審美歯科治療とは具体的にどのような治療法があるのかをご説明いたします。
研磨用ポイント
ホワイトニング
歯を白くする治療法としてホワイトニングがあり、歯科医院でおこなうオフィスホワイトニングと、ご自身で自宅でおこなうホームホワイトニング、そしてこれらの方法を併用するデュアルホワイトニングという方法があります。

オフィスホワイトニング
歯の表面にホワイトニング剤を塗布して、専用のレーザーの光や熱によって活性化させることにより歯の黄ばみを分解します。個人差はあるものの、比較的短時間で歯を白くすることが可能です。
マイクロモーター 販売
ホームホワイトニング
歯科医院でご自身の歯型に合わせたマウスピースを作製し、ホワイトニング剤をマウスピースの中に塗り、歯に装着することで歯を白くする方法です。 マウスピースのお手入れや、ご自身でのホワイト二ングをおこなうため、少し手間や時間はかかってしまいますが、ご都合に合わせてホワイトニングができるため、忙しくて歯科医院に通えない方にはお勧めです。

デュアルホワイトニング
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用することで、歯を白くする方法です。それぞれのメリットを兼ね備えたホワイトニングですが、費用がかかってしまうことや知覚過敏を起こしやすいなどの、それぞれのデメリットもあるため、注意が必要です。
  


Posted by koikenina at 13:02Comments(0)

2019年05月22日

どんな病気や異常でも、発生する以前に予防することが最も大切です

虫歯と歯周病予防について
私たちにとって一番幸せなことは「いつまでも自分の歯で噛める」事です。自分の歯でしっかり噛むことは、心身の健康維持に欠かせない要素です。毎日しっかり歯磨きをして、キレイにしていれば、虫歯や歯周病は防ぐことができますが、「磨いている」と「磨けている」とは違います。自己流で磨いていても、すみずみまで磨くことは難しいと思います。歯石除去や咬み合わせのチェック、正しいブラッシングや食生活の改善など、予防習慣をご一緒に維持していきましょう。
ダイヤモンドバー
どんな病気や異常でも、発生する以前に予防することが最も大切です。皆さんは、歯科医院は「虫歯を治す」場所だと思っていませんか?風邪などは放っておいても治ることがありますが、虫歯や歯周病は、放っておいても絶対に自然治癒することはありません。治療することは大事なのですが、これからは 「虫歯や歯周病にならないこと」が大事なのです。特に歯周病は、自覚症状のないまま悪化しますので定期的な検査がとても大切です。当医院で正しい歯の磨き方の指導を受けたり、PMTCを受けることをおすすめします。虫歯や歯周病になってから頑張って治療を始めるより、常日頃から予防歯科を考えて虫歯をできにくくしたり、歯周病の進行をより遅くすることこそが、お口の健康を維持する秘訣です。

虫歯と歯周病の検査

3~6か月おきに行う定期検診では、歯科医師や歯科衛生士による虫歯や歯周病の検査を行います。患者様ごとに検査結果を保存しているので、検診の結果を比較することができます。
徐々にお口が健康になっていく様子を一緒に確認しましょう。
そのほかにも日頃の歯のお悩みがあれば、お気軽にご相談ください。
PMTC
ポータブルレントゲン 歯科
PMTCとは、歯科医師・歯科衛生士が行う専門的なクリーニングです。自分では落とせない頑固な汚れを、機械で磨き落としていきます。
スケーリング

ふだんの歯磨きでは落としきれない、歯石や歯垢を綺麗に除去します。専用の器材を使用して、歯の表面を傷つけないよう配慮して行います。
ブラッシング指導

歯を綺麗にしようとして強く磨いても、歯垢を取り除く効果はそれほど高くないことをご存知でしょうか?ブラッシング指導では、歯科衛生士が歯磨きの仕方を丁寧に説明します。指導には患者様ごとに新しい歯ブラシを使用しており、検診後に無料でお渡ししております。  


Posted by koikenina at 12:02Comments(0)

2019年05月22日

歯医者の仕事は決して歯をたくさん削って、治療することではありません。

歯の表面に付着したばい菌の塊(歯垢)をそのままにしておくと、歯の周りの歯肉に、炎症が起きてきます。歯肉は色が赤くなり、ぶよぶよと腫れてきて、ちょっと歯ブラシがふれても簡単に出血するようになります。この状態が歯肉炎です。この歯肉炎を放置しておくと、症状はさらに進み、歯を支えている骨(歯槽骨)が少しずつ溶け、歯はぐらぐら動くようになり、やがては抜けてしまいます(歯周炎)。
歯肉炎と歯周炎を合わせて歯周病といいます。

40歳以上の歯の抜ける原因は歯周病です。
歯を失う原因としては、虫歯と歯周病によるものが大多数を占めていますが、最近では歯周病によるものが増えています。
光照射器 歯科
毎日のケアが大切です。
歯周病の原因は歯ぐきの奥に潜む細菌です。ブラッシングにより取り除けるのは歯の表面の細菌ですが、歯面の細菌を取り除くことで歯ぐきの奥の悪い細菌も減少します。
また、歯垢は時間とともに歯石に変化しますが、歯石は細菌の増殖を助けます。ですから歯石を付きにくくする方法の一つは適切にブラッシングすることです。単に磨くことと、適切なブラッシングは同じではありません。
どのように異なるのかについて、専門家の指導・アドバイスを受けられることをおすすめします。
定期的な予防処置(予防歯科)とは?
歯医者の仕事は決して歯をたくさん削って、治療することではありません。
一番の仕事は皆さまの歯を守ることにあると考えております。虫歯の治療というのは、残念ながら歯を元の状態に再生していく事はできません。
人間の歯は残念ながら一生に一度しか生え変わりません。
虫歯や歯周病の原因を持つ口内環境を改善し、お口が若々しく機能が損なわれないよう、お口の環境を整えておく処置が、除菌方法や定期予防処置(予防歯科)です。
皆さまの歯をできるだけ削らずに生涯に渡って、ご自分の歯を維持していけるように私たちがお手伝いをしていきます。
バイオフィルムって何?
小型高圧蒸気滅菌器
虫歯や歯周病は、バイオフィルムと呼ばれるヌメヌメした細菌の塊が歯の周囲にくっついていることでおこる感染症です。バイオフィルムは細菌と細菌がつくる多糖が複雑にからまった強固な固まりです。バイオフィルムは歯面や歯と歯肉の間の歯周ポケットに付着するだけではなく、舌の表面(口臭の原因となる舌苔)や入れ歯にも付着します。バイオフィルムで覆われていると、洗口剤も内部までは効果がありません。定期的に機械的な方法で破壊し除去する事(歯のクリーニング)が最も効果的です。当院では、虫歯や歯周病の予防のため、このバイオフィルムの定期的除去(P.M.T.C)をおすすめしております。概ね3~4ヶ月に1度はすみずみまでクリーンアップするのが、歯や歯肉の健康には一番の方法です。定期的なメインテナンスも大切ですが、なんといっても「日頃のブラッシング」が大切です。  


Posted by koikenina at 11:12Comments(0)

2019年05月21日

「つまようじ式磨き」では、力を入れてゴシゴシ磨かないことがポイントです

歯と歯肉の境目などに残った歯垢に含まれる細菌が繁殖し、歯肉に炎症を起こす病気が歯周病です。
歯周病が進行すると、歯周ポケットと呼ばれる、歯と歯肉の間にできる空間が深くなり、さらに歯垢が溜まりやすくなるという悪循環に陥ります。これを放置すると、歯槽骨(歯を支える部分の骨)が溶け、歯がぐらつき、しまいには抜け落ちてしまいます。また、歯周病は、口内の問題のみならず、心臓病や肺炎、糖尿病など、体全体の病気と深く関連しているといわれています。

歯周病の予防
1食生活
朝、昼、夕、そして間食をとる場合でも、食事と食事の間は、最低でも3時間空けるようにしてください。口の中に味のあるものが全くない状態を3時間以上保つことが、歯周病

予防の基本です。
特にキャンディーやキャラメルは、口の中に長い時間、ゆっくりとどまるので要注意です。どうしても食べたいときは、すぐに噛み砕き、飲み込んでしまいましょう。コーヒーや紅茶を飲んでも構いませんが、砂糖やミルクを入れないのが理想です。
歯科用エアーコンプレッサー
2毎日のお手入れ
床をほうきでお掃除することを思い浮かべてください。平らな面は簡単に掃除できますが、部屋の角はほうきが届きにくく、ゴミが残ってしまいますよね。歯も同じです。
当院では、患者さま全員に「つまようじ式磨き」をおすすめしています。歯ブラシを「つまようじ」に見立て、歯と歯の間に歯ブラシの毛先を入れ、反対側から毛先が出るように意識してブラッシングする方法です。毛先が広がったら、すぐに新しい歯ブラシに取り換えることがコツです。当院では、磨きやすく傷みにくい歯ブラシを取り扱っていますので、おたずねください。
歯科用プライヤー
3ゴシゴシ磨きに要注意
「つまようじ式磨き」では、力を入れてゴシゴシ磨かないことがポイントです。ゴシゴシ磨きは、切れ味の悪いのこぎりでガリガリ歯を削るようなもの。歯の表面を覆うエナメル質が削れたり、顎に負担がかかって顎関節症を起こしたり、歯周病の原因になるなどの悪影響が生じます。歯ブラシは、軽い力で小刻みに動かしましょう。
また、特に高齢の方で「噛むことが健康につながる」と思われる方が多いのですが、これにも注意が必要です。パリッと噛んだら砕けてしまう、お煎餅のようなものは別として、スルメやビーフジャーキー、フランスパンなど、歯をすり合わせて噛み切るような食べ物は、歯が傷んだり折れたりする原因になります。
  


Posted by koikenina at 12:43Comments(0)

2019年05月21日

「早期発見早期治療」はもちろん大切ですが、「予防」がもっと大切です

定期健診(定期チェック)
定期的なプロフェッショナルクリーニングと並行して、むし歯や歯周病の進行状態などの

定期的なチェックも行います。
カルシウムなどのミネラルが溶け出すことを「脱灰」といいます。脱灰が続くと歯の表面が白くなります。これがむし歯の始まりです。脱灰の段階では、「再石灰化」を期待し歯を削らずに定期的に経過観察をして行きます。
歯周病は、一度症状が落ち着いても、再度症状が現われて来ます。これを「再感染」と言います。歯周病の原因菌が再び増えたことが原因です。再感染については顕微鏡などを用いたり、歯周病自覚症状チェックシートを記入していただいたり、歯周ポケットの測定を行うなどして定期的にチェックしていきます。
歯科用バイブレーター
定期健診の目的は「早期発見早期治療」と「予防」です。医科の健診で「早期発見早期治療」という言葉をよく耳にすると思いますが、これは、皆様方が病気の症状を自覚する前に病気を発見し治療するという考えです。病気の症状を自覚したときは手遅れになっていたという話は聞いたことがあると思います。手遅れになっていなかったとしても、進行した後で治療を開始すると、時間がかかった割に結果が良くないことが多いです。このことは歯科についても当てはまります。
歯科 マイクロスコープ
「早期発見早期治療」はもちろん大切ですが、「予防」がもっと大切です。ライオンのテレビコマーシャルで「予防歯科を始めましょう」という言葉を聞いたことがあると思います。予防するために、フッ素入り歯磨剤、フッ素ジェルを利用したり、フッ素洗口を行ったりなどのセルフケアを行います。しかし個人の努力だけでは十分に効果を上げることはできません。そこで、不足するところを私たちが定期的なプロフェッショナルクリーニングなどのプロフェッショナルケアを行い補ってゆきます。私たち歯科医師、歯科衛生士はそれぞれの役割を通して、皆様のホームドクターでありたいと願っております。「あなたの健康はあなた自身が守る」という意識を大切にしてください。そのための専門的なアドバイスやバックアップは私たちが行います。毎日のセルフケアを守り、定期健診&プロフェッショナルクリーニングを受けて、あなたの健康を増進してください。
  


Posted by koikenina at 12:22Comments(0)

2019年05月21日

歯周病と全身疾患との因果関係がとりだたされるようになってきました。

歯周病とは、歯肉(歯茎)など歯を支える組織に、歯垢(プラーク)・歯石で生じる細菌で感染を起こし、炎症する症状のことを言います。
初期の兆候としては、歯肉の赤み・出血・腫れがあげられます。この状態を「歯肉炎」と言います。その後、歯肉の間に溝が広がり、「歯周ポケット」が形成されます。この状態を「歯周炎」と言います。歯周病は年齢に伴って進行していき、痛み・自覚症状がない場合が多いです。悪化すると、歯が抜ける状態にもなりえます。現在、歯周病は日本人が歯を失う原因の第1位ともされており、早期発見が非常に重要になってきます。
ポータブルレントゲン
歯周病は成人の8割がかかっていると言われています。
ほとんどの大人がかかっている歯周病。
35~44歳の人ではおよそ81%、45~54歳では85%の人が歯周病にかかっています。
つまり、ほとんどの大人が程度の差はあっても、歯周病にかかっているといっても過言ではありません。

歯周病は生活習慣病です。
人は母親の胎内では無菌ですが、成長、発育過程で菌の感染を受けます。歯周病の直後の原因はこのようにして感染した細菌です。これが増殖しプラーク(歯垢)となります。
そこには外的要因としてここのライフスタイルが密接に関係しています。不潔、食生活の不摂生、喫煙などのために身体の抵抗力が低下することによって発症し、進行してしまうと考えられます。
歯科 スリーウェイシリンジ
歯周病と全身疾患との因果関係がとりだたされるようになってきました。
・中・重度の歯周病の妊婦は早産の危険性が7.5倍。しかも歯周病は飲酒や喫煙よりリスクが高く、早産の最大の危険因子となっています。
・糖尿病の患者様は以前より歯周病になりやすいとされています。また、歯周病が原因で血糖値のコントロールが
難しくなってしまいます。
・歯周病ではない方に比べて、致命的な心臓発作を起こす危険性が2.8倍、喘息や肺炎などの呼吸器疾患にも
深く関わっています。  


Posted by koikenina at 11:52Comments(0)