健康、生活 › 2019年06月06日

2019年06月06日

入れ歯をより長く快適にお使いいただくために

金属床義歯
金属床義歯とは、入れ歯の土台となる部分を金属で作製した入れ歯のことを言います。
保険適用の義歯は、床の部分がレジンというプラスティックでできているため、どうしても壊れやすかったり、厚みがあって違和感を感じやすいという問題もありました。
ですが、金属床義歯の場合、金属という高い強度・耐久性を持った金属を使用しますので、壊れにくいという事はもちろん、非常に薄く作ることが可能となり、装着時の違和感も軽減することができます。また、金属は熱伝導性に優れた素材であるため、食べものの温度を感じやすく、食事を美味しく味わえるというメリットもあります。
歯科用コントラ
 ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャーとは、部分入れ歯において、外側から見た際に金属のバネ(止め具)が見えない入れ歯のことを言います。
通常、保険適用の入れ歯の場合、特に臼歯の部分など、前歯に近い歯のケースでは、会話のときや笑ったときに金具が見えてしまい、審美的な問題を起こしてしまうことが多々ありました。
ノンクラスプデンチャーの場合、金属製の金具の代わりに、歯茎の色に近い樹脂で入れ歯を固定しますので、目立ちにくく審美性に優れています。
比較的年代の若い方、入れ歯がと気づかれたくない方にはおススメの治療法です。
 
マグネット義歯
マグネット義歯とは、入れ歯の土台となる歯根と入れ歯側に磁石を取り付け、2つの磁石の吸引力で入れ歯を吸着させることで、入れ歯の安定と固定を図る治療法です。
金属製のバネも使用しないために審美性にすぐれていることにくわえ、周りの歯にも負担をかけることはありません。取り外しも簡単にできることからお手入れも簡単にできることもメリットとして挙げられますが、磁石を使用しているため心臓ペースメーカなどを装着されている方は使用できない場合があります。ご希望の場合は、まずは担当の歯科医師にご相談ください。
 歯科用エアーコンプレッサー
入れ歯をより長く快適にお使いいただくために
「入れ歯を作ったときはよく噛めていたのに、最近、入れ歯が当たって痛くなってきた。」
このようなお悩みをお持ちの方も多いと思います。
これは、年齢とともに歯茎が徐々に痩せてしまうことで入れ歯と歯茎が合わなくなってしまうことが主な原因になります。合わない入れ歯をそのままガマンして使用していると、本来は入れ歯全体に分散させている噛む力を一部の歯や歯茎で負担することになるため、バネをかけている歯に過度の負担がかかってしまったり、入れ歯の裏側やふちで歯茎を傷つけることになってしまいます。また、噛み合わせが崩れてしまうことによって、あごの関節の周りの筋肉が痛くなったりする場合もありますので、定期的にメンテナンスを受けて調整してもらうようにしましょう。  


Posted by koikenina at 11:57Comments(0)

2019年06月06日

歯科では、見た目の美しさはもちろん噛む機能をキチンと改善させることを大切にしています

高品質セラミック治療とは、今まで使用していた金属素材のものではなく特殊なセラミック素材をかぶせ物に使用する治療のことです。この、色の良さと硬さを同時に実現可能なセラミックは「ファインセラミック」と言われています。「笑ったときに見える歯は白くしておきたい」と思う方は年々増えています。ファインセラミックを使用すると通常の歯と同じ色であるため目立つことがありません。保険治療で使用されるプラスチック素材は、白色であっても透明感に欠けており、また劣化しやすい特徴があります。

セラミック素材は強度も高いためプラスチックが使用できない奥歯にも使用することができます。100%ファインセラミックで製造されたかぶせ物であれば、金属を使用しないため金属アレルギーになるリスクもありません。高品質セラミック治療は、安全なうえに見た目と機能を最大限に改善できる治療法です。
歯科技工 機器
信頼と安心の治療計画ご相談
セラミック素材は保険が適応されません。そのため、細かいことでもできるだけ相談したいと思われる方がほとんどだと思いますが、歯科医院によっては患者様との十分な相談なく治療の方針を決めてしまう場合もあるようです。

自然な見た目と嚙む機能
近頃、審美歯科の治療を受けられる方が増加していますが、「見た目を重視して審美歯科で白い歯を入れたら、かみ合わせが悪くなった」「噛んだときに歯がぐらつくような違和感を覚えるようになった」と、治療結果に不安を覚える方も少なくありません。
オートクレーブ
本来、歯の治療でもっとも大切なのは「噛む」機能です。かみ合わせが悪いと健康被害につながる可能性もあります。歯科では、見た目の美しさはもちろん噛む機能をキチンと改善させることを大切にしています。

デンタルラボとの連携
セラミック治療で大切なのは、「かぶせ物」の精度です。ほとんどの歯科医院では、外部の技工所にかぶせ物の製作を委託しており、その場合、技工士は歯科医師の指示書通りにかぶせ物を製作します。そのため、実際に治療を行った歯科医師とかぶせ物を製作する技工士が、細部に亘って直接色や形を相談することはほとんどありません。  


Posted by koikenina at 11:33Comments(0)