健康、生活 › 2019年06月24日

2019年06月24日

虫歯になってしまうと、虫歯の部分を削って詰め物や被せ物をしなければならないのです

歯医者は歯が痛くなってから行くところと考えていませんか? 初期の虫歯は、ほとんど自覚症状がありません。このため、歯が痛んだりしみたりしてから歯医者に行くと、虫歯がかなり進行している場合も多いのです。お口の健康を守るためには「治療よりも予防」が大切です。子どものときから予防のために歯科へ行く習慣を付けましょう。

「虫歯になっても歯医者さんで治療すれば大丈夫」と思っている方も多いのでは。歯はたとえ治療しても、二度と元通りの健康な歯に戻ることはありません。虫歯になってしまうと、虫歯の部分を削って詰め物や被せ物をしなければならないのです。
歯科用マイクロスコープ
しかも治したら終わりというわけでもありません。一度虫歯にかかってしまった歯は虫歯の再発リスクも高いのです。実際に80%くらいの患者さんが、同じように虫歯にかかって再来院されています。治療した歯が再度虫歯にかからないように、定期検診と定期クリーニングなどの予防メンテナンスが重要です。このように、いつまでも健康な歯を残すためには、日頃から虫歯にかからないように予防することが大切です。ご自身のためにも、大切なお子さんのためにも、家族みんなで虫歯予防を心がけましょう。

海外と日本の予防意識の差
海外、とくに歯科先進国といわれる欧米の国々と日本では、予防歯科に対する意識に大きな差があります。残念ながら日本では予防やメンテナンスに対する意識が低く、「歯医者さんへは悪くなってから通うところ」という考えが根強いようです。
歯科測色器
一方で北欧や北米などでは、「歯医者さんは虫歯になる前に行くところ」という認識です。こうした歯科先進国では、定期検診の受診率は80%以上。これに対して日本ではわずか2%ほどしかありません。こうした定期検診の受診率の差は、80歳時点での歯の残存本数にもあらわれています。2012年の厚生労働省の調査によると、日本では平均で10本以下しか残っていないのに対して、スウェーデンではなんと20本の歯が残っているのです。
親知らずを除くと永久歯の数は28本。イキイキと暮らしていくためには20本の歯が必要といわれています。いつまでも自分の歯でおいしく食べられるように、私たちの予防歯科に対する意識を変えていきましょう。  


Posted by koikenina at 12:21Comments(0)

2019年06月24日

プロフェショナルメインテナンス(歯科医院で行うメインテナンス)

インプラントのメインテナンス
せっかくインプラントで新しく噛める歯を作ったとしても、十分な清掃が行われずにインプラントの周りに不潔な状態が続いていると、インプラントも天然の歯と同じように、支えている骨が歯槽膿漏になってしまうことがあります。そのような事態を防ぐためにも、日頃のご自身での適切な歯磨きと、定期的な歯科医院でのメインテナンスがとても大事です。

セルフメインテナンス(自宅でのメインテナンス)
あなたがインプラントを受ける必要があった理由を思い出してみて下さい。生まれつき歯が少なかったり、事故で歯を失ったのではなく、虫歯や歯槽膿漏が原因で歯を失った人は注意が必要です。なぜならそれは、普段の歯磨きや生活習慣に何らかの問題があった可能性が高いからです。そのようなことが改善されていなければ、せっかくのインプラントもそのうちにダメになってしまうかもしれません。
ユニファスト
インプラントの自己管理の方法はけして難しくはありません、個人個人に合わせた方法があり、歯科衛生士がその人に最も合った清掃方法の指導を行います。その方法をきちんと守って下さい。また質問や疑問も担当の歯科医師・歯科衛生士に遠慮なく相談をし、自分自身に合った方法を身につけて下さい。

プロフェショナルメインテナンス(歯科医院で行うメインテナンス)
インプラントの歯が入った後も、定期的に歯科医院で、インプラントが問題なく機能しているかを確認していく必要があります。なぜならば、咬み合わせや口腔内の衛生状態は常に変化しているものだからです。
集塵機歯科
定期検査では、かみ合わせの状態の確認、お口の中の清掃状態の確認、X-線写真による骨の診査や冠のゆるみなどを診査します。 また同時に歯科衛生士が日頃の自己管理の様子をチェックし、再指導が必要であれば行います。こうして治療が終了した直後から、メインテナンスという治療が始まるのです。メインテナンスの間隔はその人によって異なりますが、おおむね3ヶ月に1回を目途に行います。  


Posted by koikenina at 11:34Comments(0)

2019年06月24日

虫歯は削ったり詰めたりすることによって、治療することは可能です

虫歯や歯周病は原因がわかっていて、予防が可能な病気です。練馬駅西口から徒歩7分の歯医者「すずしろ歯科」は、虫歯や歯周病のないトータルな口腔ケアの実現を目指すために、治療よりも予防を大切に考えています。

虫歯は予防が大切です
虫歯は削ったり詰めたりすることによって、治療することは可能です。しかし、削った歯は決して元には戻りません。しかも、いったん虫歯になると、病気が再発するリスクも高まってしまいます。このため、虫歯を治すことよりも、虫歯にならないように予防することが大切なのです。

ブラッシング指導
虫歯や歯周病を防ぐための口腔ケアとして、毎日行うブラッシングは何より大切です。当院では、患者さんのお口の形や歯並びに最適なブラッシング方法のアドバイスを行っています。歯ブラシのほか、歯間ブラシやデンタルフロスなどの利用方法についてもご説明します。
歯科技工用品
PMTC
PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略で、歯科衛生のプロが専用器具で行う歯のクリーニングです。当院では歯科医師や歯科衛生士が、クリーニング専用の器械と研磨ジェルを使用して、毎日のブラッシングでは落としきれないプラークや汚れを丁寧に落としていきます。

PMTCによって、歯の表面や歯間、歯と歯ぐきの間に付着したプラークを除去することが可能です。歯の表面がつるつるに磨き上げられることによって、汚れの再付着を防ぐという効果もあります。
光重合器
定期健診
虫歯や歯周病は早期発見・早期治療が大切な病気です。早期発見するためにも、数ヶ月に一度の定期健診をおすすめしています。もちろん、最適な健診の頻度は、患者さんの状態によっても異なります。  


Posted by koikenina at 10:53Comments(0)