健康、生活 › 2019年07月18日

2019年07月18日

自分の歯と同じ感覚で「力強く」噛める

インプラント治療とは?
自然に噛める「第2の歯」
歯は「歯冠(表に表れている部分)」「歯茎部(歯ぐき部分)」「歯根(骨に埋まっている部分)」でできています。
歯根まで失った時にとられる処置としては、「入れ歯」や「ブリッジ」などを採用するケースがほとんど。また、そのまま放置される方も多いようです。
しかし、「入れ歯」や「ブリッジ」の場合「見た目が美しくない」「かたいものが食べられないうえ、美味しくない」「何度も作り直さなければならない」などといった問題が起きています。また欠損したまま放置した場合には、周囲の歯に大変悪い影響を及ぼします。
そこでインプラントの登場です。インプラントとは、ご自分の歯と同じように自然に噛める「人工歯根治療」のことです。「入れ歯」や「ブリッジ」とは異なり、審美性、耐久性、噛む力など全ての点において優れた「第2の歯」と言っても過言ではありません。歯科ハンドピース
自分の歯と同じ感覚で「力強く」噛める

インプラントは長年研究が重ねられ、精度の高い治療法として国際的に浸透している治療法です。チタン等の頑丈な金属によって作られた人工歯根を顎の骨に埋め込み、骨と強固に結合させ、それを土台にして自然の歯と同じような歯を取り付けることによって、自分の歯とほとんど同じ感覚が取り戻すことができます。力強く噛め、顎の骨にもきちんと刺激が伝わるので、自然の歯のような食感、美味しさを感じることができます。
1本の歯を失った場合でも、複数もしくは全部の歯を失った場合でも、それぞれの症状に合せたきめ細かい治療が可能なことも、インプラントが世界的に広がりを見せている理由です。
インプラントの長所・短所
歯科 口腔内カメラ
長所
自分の歯と同じ感覚で食べ物が噛め、味や食感をしっかり感じ取ることができる
部分治療の場合、周囲の歯を傷つけない
天然の歯と変わらない自然な印象に仕上がる
顎の骨に力を加えるので、顎の骨が痩せてしまうのを防ぐ効果が期待できる
天然の歯と同じように通常のメンテナンスでOK
短所
外科手術が必要
保険が適用されないため費用(治療費)が自費になる
重度の糖尿病などの疾患がある場合、治療が適用できないことも  


Posted by koikenina at 12:52Comments(0)

2019年07月18日

インプラントは長年研究が重ねられ、精度の高い治療法として国際的に浸透している治療法です

自然に噛める「第2の歯」
歯は「歯冠(表に表れている部分)」「歯茎部(歯ぐき部分)」「歯根(骨に埋まっている部分)」でできています。
歯根まで失った時にとられる処置としては、「入れ歯」や「ブリッジ」などを採用するケースがほとんど。また、そのまま放置される方も多いようです。
しかし、「入れ歯」や「ブリッジ」の場合「見た目が美しくない」「かたいものが食べられないうえ、美味しくない」「何度も作り直さなければならない」などといった問題が起きています。また欠損したまま放置した場合には、周囲の歯に大変悪い影響を及ぼします。
そこでインプラントの登場です。インプラントとは、ご自分の歯と同じように自然に噛める「人工歯根治療」のことです。「入れ歯」や「ブリッジ」とは異なり、審美性、耐久性、噛む力など全ての点において優れた「第2の歯」と言っても過言ではありません。
自分の歯と同じ感覚で「力強く」噛める
研磨用ポイント
インプラントは長年研究が重ねられ、精度の高い治療法として国際的に浸透している治療法です。チタン等の頑丈な金属によって作られた人工歯根を顎の骨に埋め込み、骨と強固に結合させ、それを土台にして自然の歯と同じような歯を取り付けることによって、自分の歯とほとんど同じ感覚が取り戻すことができます。力強く噛め、顎の骨にもきちんと刺激が伝わるので、自然の歯のような食感、美味しさを感じることができます。
1本の歯を失った場合でも、複数もしくは全部の歯を失った場合でも、それぞれの症状に合せたきめ細かい治療が可能なことも、インプラントが世界的に広がりを見せている理由です。
インプラントの長所・短所
長所
自分の歯と同じ感覚で食べ物が噛め、味や食感をしっかり感じ取ることができる
部分治療の場合、周囲の歯を傷つけない
天然の歯と変わらない自然な印象に仕上がる
顎の骨に力を加えるので、顎の骨が痩せてしまうのを防ぐ効果が期待できる
天然の歯と同じように通常のメンテナンスでOK
短所
外科手術が必要
保険が適用されないため費用(治療費)が自費になる
重度の糖尿病などの疾患がある場合、治療が適用できないことも
鉗子 歯科  


Posted by koikenina at 12:34Comments(0)

2019年07月18日

ブリッジの治療が出来ない場合はある?

ブリッジは、歯を失った部分の左右の歯を支えとし、そこに橋をかけるようにして歯を補うため、ブリッジ(橋)と呼ばれています。自分自身の歯を土台としてブリッジを固定しているため、入れ歯のような違和感がなく、自分の歯のような感覚で食事や会話ができることが魅力です。

保険治療では、失った歯の左右の歯には支えのために必要最小限の歯を削り、金属の支えを掛けるか、全面を金属で覆ったかぶせ物や前歯のどれかが土台の歯になる場合には見える部分の金属をプラスチックの歯の色に似せた素材のかぶせ物を被せます。どちらの場合も、見える部分は歯の色に似せた、硬質レジン前装冠で作られます。
ホワイトニング装置
ブリッジはすぐに入れられる?
抜けた部分の左右の歯や周囲の歯ぐきに特に問題がなく、ブリッジ治療が適応する場合、すぐにブリッジを入れることができます。ただし、抜けてしまった歯の根っこが歯ぐきの中に残っている場合には注意が必要です。この場合には、まず残っている歯の根っこを抜くことから始め、抜いた後に歯ぐきの回復を待つ必要があります。また、ブリッジの支えとなる左右の歯がむし歯や歯周病の場合は、その治療が終わるまでブリッジの治療は行えません。土台となる歯がしっかりしていなければ、安全なブリッジ治療も受けることが出来ませんので、まずは歯や歯ぐきの状態を歯科医院でよく診てもらい、十分な説明を受けることが大切です。
歯髄診断器
歯を削らないといけない?
ブリッジは失った歯の左右に支えを必要とするため、噛み合わせる力に耐えられるようにブリッジと左右の歯をしっかりと連結する必要があります。その支える力を得るために、ブリッジの土台になる左右の歯を削ってブリッジを固定しなければなりません。そのため、左右の歯がたとえ健康であっても、治療後特に問題の無くても、ブリッジを装着する場合には必要最小限ではありますが歯を削る必要があります。

ブリッジの治療が出来ない場合はある?
ブリッジの土台となる歯がむし歯や歯周病などで噛み合わせる際の力を受け止められない場合は、ブリッジの治療をすることが難しいといえます。また、たくさんの歯が失われていて残された歯が少なく、残った歯では噛み合わせの力の負担に耐えられない場合もブリッジは装着することができません。残った歯でブリッジの治療ができるかどうかは、歯によって噛み合わせの力やそれに耐えられる強さが異なるため、最終的な判断は歯科医師に相談してみましょう。  


Posted by koikenina at 11:50Comments(0)