健康、生活 › 2019年08月13日

2019年08月13日

口腔内の状態、年齢や生活環境などにより実践すべき予防歯科の方法は一人ひとり異なります

皆様が歯医者に行く時は、どのようなイメージをお持ちでしょうか?
「悪くなってから」、「痛くなってから行く」と連想される方が多いと思います。すなわち「歯医者は治療をしに行くところ」と言うイメージを抱く方がほとんどなのです。確かに悪くなってしまったら治療する他ありません。しかし一度削ってしまった歯は元通りには戻りません。悪くならないように削らないように予防をすれば、歯を失うリスクを抑えることができるのです。
顕微鏡歯科

「ケア」の役割分担
予防するためのケアには、歯科医院で行なう「プロフェッショナルケア」と、歯科医師や歯科衛生士の指導にもとづき患者さまご自身が実践していただく「セルフケア」の両方で予防歯科を実践していくことが重要です。予防歯科を成功させるためには、こうした歯科医院と患者さまの行なう「ケア」の範囲を把握し、それぞれの役割を実践していくことが大切です。なかでも日々の生活の中で多くの割合を占める「セルフケア」が重要なカギを握ります。

セルフケア
歯科医師・歯科衛生士による指導を受け、磨き残しの場所があればその場所を把握して、ご自身の口腔内にあった適切な器具・方法でケアを行なうことが大切です。
ご家庭できるセルフケアといえば、まず歯ブラシによるブラッシングです。歯科医師の指導で適切なブラッシング方法を習得し、口の中を清潔に保ちましょう。一方で、歯間や歯と歯肉の間など、歯ブラシが届きづらい場所も存在します。そうした部位に使用するデンタルフロスや歯間ブラシなど、補助的清掃機具もご紹介いたします。
歯科用ポータブルユニット 
プロフェッショナルケア
口腔内の状態、年齢や生活環境などにより実践すべき予防歯科の方法は一人ひとり異なります。当院ではメンテナンスにより患者さまの予防歯科の実践のお手伝いをさせていただいています。メンテナンスでは磨き残しなどのチェック、患者さまご自身ではケアしきれない歯石除去や歯周ポケット内の洗浄、PMTCなどを行なっています。PMTCとは「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」を意味する言葉。歯科医院でしかできない、徹底的な口腔内の清掃を目的とした治療です。普段のブラッシングに加え定期的にPMTCを受けることで、虫歯や歯周病の予防効果が非常に高くなります。  


Posted by koikenina at 12:59Comments(0)

2019年08月13日

歯石そのものはそれほど悪くないのです。

歯垢は口の中の細菌が集合しねばねばした物質を分泌して塊になったものです。歯垢のことを専門的にはプラークと呼びます。
歯垢は細菌の塊ですのでほっておくと歯や歯ぐきを蝕んでいきます。歯周病は細菌による感染症でもありますから歯垢と密接な関係があります。
歯垢は奥歯のまわりや歯と歯のすきま、歯と歯ぐきの間など歯ブラシが届きにくいところにたまりやすいです。
歯垢は歯ブラシでこすることによって自分である程度は取ることができます。毎日の歯みがきを習慣にして歯垢を自分で取り去りましょう。
歯科器具中古販売
ブラッシング
ブラッシングとは歯磨きでしょう?
みなさん子供のころから『歯磨き』という言葉に慣れ親しんでいますね。ですからブラッシングとは歯をゴシゴシ磨くことと思っていませんか。
実はブラッシングは歯ブラシの毛先を届かせる事です。
虫歯予防をしたいのなら虫歯菌が溜まりたすい歯と歯の間に歯周病を予防したいのなら歯周病菌が増えやすい歯周ポケットの中に届かせることです。
歯面清掃用ハンドピース
歯石
歯石そのものはそれほど悪くないのです。
歯石は口の中の細菌の死骸に唾液や血液中のカルシウムの塊がこびりついたものです。歯石は歯と歯ぐきの間にできやすいです。歯石が歯と歯ぐきの間にできますと隙間ができて、そこに歯垢がたまりやすくなります。
寿命を迎え死んだばい菌が、歯の表面で固まったものが歯石です。死んだばい菌からは毒も出ないので、歯石自体は無害です。
しかし歯石の表面は凹凸が激しく、そこに入り込んだばい菌は除去できません。そこで、ばい菌を除去するためにやむを得ず歯石ごと除去するのです。
骨吸収 あごの骨が解ける病気
ばい菌が、歯と歯肉の接着を剥がした後にも、本来は歯と骨の強固な接着が存在します。しかしながらばい菌はその毒素で歯を支えていた骨を溶かしていきます。その後、歯と歯肉との弱い接着を簡単に剥がし、さらに深く侵入します。これを繰り返し、最終的には歯の周りに骨がなくなる所まで進むのです。
体にとっても硬い骨があると白血球を移送しにくいので骨を溶かして毛細血管を増やしやすくしているのかもしれません。
このように、歯周炎とは単に歯肉が腫れるだけではなく、骨まで溶かす疾患なのです。そして骨がなくなったスペースには、骨を溶かしたばい菌を退治しようと自血球が集まってくるので、歯肉は自然には下がりません。そのため,歯周炎の進行は外見ではわからないのです。
歯周炎とは 歯を支える骨と歯茎が溶ける病気
歯周炎(歯茎病)の原因は、歯石ではなく毒を出す生きたばい菌です。そして一番厄介な特徴は、自覚症状がほとんどないということです。知らないうちに歯と歯肉との接着を剥がし、最終的には骨も溶かしてしまいます。
しかも、一度剥がれた歯肉や溶けてしまった骨は、二度と元には戻りません。ですから早期発見・早期治療、もっというと予防が非常に大切なのですが、白覚症状がないため発見が遅れることが多いのです。  


Posted by koikenina at 12:18Comments(0)

2019年08月13日

お口の現状の把握や記録、治療前後の比較や説明の為にお口の中の写真をカメラで撮影します

口腔内検査
患者様ご自身が気になる部位だけでなく、むし歯が出来ていないか、歯茎が腫れていないか、口腔粘膜に異変はないかなどチェックしていきます。
レントゲン撮影
自覚症状が無い場合でも必要に応じて1~2年に一度レントゲン撮影を行うことをお勧めしています。このレントゲン撮影での最大のメリットは目で見るだけでは確認出来ない、歯を支えている骨や、顎関節、歯の根っこの状態などを正確に把握出来るようにし、症状が出るより早く病変を発見出来ることです。
当院では身体への負担が少なくなるよう、被ばく量の少ないデジタル歯科用CT・レントゲンを導入しておりますのでご安心下さい。
歯科診療ユニット
口腔内写真
お口の現状の把握や記録、治療前後の比較や説明の為にお口の中の写真をカメラで撮影します。普段なかなかご自身の口腔内をきちんと見る機会は少ないと思いますが、メンテナンスを重ね、徐々にセルフケアも上達するとどれだけお口の状態が変わるのか、写真で比べると患者様ご自身でもはっきりとご自覚出来てモチベーションアップにも繋がります。
歯周ポケット検査
プローブという器具を用いて、歯と歯茎の隙間(歯周ポケット)の深さを調べる検査のことです。毎回記録し、以前と比較する事で歯周病の兆候を見逃さないようにしています。
ブラッシング指導
『歯磨きしているのにむし歯になってしまう』一つの原因として、ご自身にあったブラッシングが行われていないことにあります。
染色液でどれだけ汚れが残っているのか、残っている部位はどこなのかチェックする事でその方の磨き方の癖がわかってきます。
ブラッシング指導はお子様だけが受けるものではありません。大人の方もご自身の磨き方の癖や苦手部位、それらを克服する方法がきちんとわからず今まで通りの磨き方を繰り返していては、また同じようにむし歯になり歯を削らなければならなくなるのです。むし歯を繰り返さない為にも、正しいブラッシング方法を身に付けご自身にあったセルフケアを続けましょう。
スケーリング(歯石取り)
主に『超音波スケーラー』や『シックルスケーラー』という器具を用いて、むし歯や歯周病の原因となる歯垢(プラーク)や、歯ブラシでは取れなくなった歯石を除去して行きます。
歯石とは歯面に付着したプラークに唾液中のリンやカルシウムが混じって石灰化したもので、歯に強固に付着しています。表面が粗造になっており、更にプラークが付着しやすい構造をしている為、定期的に除去する事でむし歯や歯周病の予防が出来るのです。
歯科用ポータブルユニット   


Posted by koikenina at 11:26Comments(0)