健康、生活 › 2019年08月15日

2019年08月15日

歯周病の治療では、病院で行うプロフェッショナルケアと家で行うセルフケアの両方が大切になります

歯周病になったらどうする?
歯周病には、症状が歯ぐきで収まっている歯肉炎から、進行した状態の歯周炎まで段階があります。軽い歯肉炎であれば歯みがき習慣を見直すことで改善が可能ですが、歯周炎まで進行している場合は歯科での治療が必要です。口臭がある、歯肉から血が出るなどの症状がみられたら、早めに受診しましょう。
歯面清掃用ハンドピース
大切なセルフケア
歯周病の治療では、病院で行うプロフェッショナルケアと家で行うセルフケアの両方が大切になります。歯や歯ぐきの健康維持のため、治療後のケアや定期的な歯科医院でのチェックも大切です。
少しでも気になる症状があれば放置せず、まずは病院で診てもらった上で、適切なセルフケア(予防のページを参照)を行って歯周病が進行しないように心がけましょう。

軽度の歯周病
歯周病は「サイレントディジーズ」とも呼ばれ、軽度の歯周病の症状のうちはまだまだ目立った症状はありません。
しかし、歯肉の腫れが大きくなり、歯周ポケットができはじめています。歯と歯茎の境目が赤くはれたり、触れると出血したりします。しかし、炎症症状が出ているのは歯肉のみで、痛みを全然伴わないです。
また、冷たい水を飲むとしみることがあったりします。これを放置しておくと根の先に向かって炎症が進んでいきます。
オートクレーブ滅菌
中等度の歯周病
炎症が進んでしまうと、歯周ポケットが広くなり、歯茎が下がり痩せてきます。また、炎症は歯肉のみではなく、骨が溶けはじめます。歯根が露出し始め、歯がグラグラします。これにより、歯周ポケットはさらに広くなってきて、細菌が歯周ポケットの中に入ってしまいます。また、露出した歯根には歯石がついているため、若干黒く見えます。
中等度の昔に比べて口臭が強くなり、歯肉にかゆみがでます。また、唾液がねばつきはじめます。
重度の歯周病
さらに炎症が進むと歯がグラグラしすぎて硬いものを噛むことはできず、普通の食事も食べにくい状態となります。歯肉が大幅に退縮してしまい、歯と歯の隙間が目立つようになり、歯が長くなったように見えます。歯槽骨も大半が破壊されているような状態で、大量の歯石が付着しています。また、膿が出るようになり、自然出血の頻度が増え、中等度の時よりもさらに口臭がひどくなり、朝起きると口の中がねばねばしていたり、出血していたりします。  


Posted by koikenina at 13:15Comments(0)

2019年08月15日

セラミックやジルコニアなど質の高い素材を使用したり、先進的な治療が受けられます

「銀歯が気になる」「人前で上手く笑えない」などの口元のお悩みは、心に影響を与えることがあります。
審美歯科では、金属の代わりにセラミックなどの素材を使用することで、お口元を美しくする治療を行えます。見た目の美しさはもちろんのこと、かみ合わせや使い心地も考慮し、耐久性にも優れたものをご用意しています。
少し贅沢な治療にも聞こえますが、人生を豊かにすることを考えると審美歯科は決して贅沢な治療ではありません。自然な笑顔をつくれるように、患者様のご希望をお伺いいたします。

保険診療と自由診療の違い
保険診療
歯科LED照射器
銀歯などの一般的な被せ物・詰め物は保険診療となります
国が健康を保つために必要な治療として定めた、銀歯などの一般的な素材を使った診療です。治療費が安く済むので経済的ですが、素材や治療法が限られてしまうため、見た目や使い心地を追求することは難しくなります。

自由診療
セラミックなどの素材を使用した被せ物・詰め物は
自由診療となります
セラミックやジルコニアなど質の高い素材を使用したり、先進的な治療が受けられます。幅広く、効果的な治療が受けられるので、希望に合ったお口元をつくることが可能です。治療費は保険外となりますので高額ですが、見た目や使い心地まで追求することができます。
歯科 スリーウェイシリンジ
審美歯科の治療内容
セラミック治療
銀歯などを白い材料にかえたいという方は、セラミック治療がおすすめです。メタルフリーでの治療も可能ですので、金属アレルギーが心配な方も安心して治療を受けられます。

ダイレクトボンディング
直接、歯にレジンを盛って形をつくっていく方法です。最短1日~治療が完了するので、通院期間が短く済みます。見た目も天然歯同様に仕上げることができます。

ホワイトニング
歯を削らず白くしたい方はホワイトニングをおすすめします。専用の薬剤を歯面に塗布して、希望の白さに変えていきます。  


Posted by koikenina at 12:13Comments(0)

2019年08月15日

クラウンとは、歯の全体を覆う被せ物のことを指します。1本の歯に対しする冠で、保険治療であれば銀歯が殆どです

審美歯科治療を受けることにより、変色した前歯や奥歯の銀歯等の金属を用いて治療した箇所を自然な白い歯への治療が可能です。笑った時に、銀歯が見える事に抵抗を持たれている方や飲食や喫煙などが原因で着色してしまった歯などを綺麗にされたい方などにお勧めの治療です。
歯科用超音波洗浄器
審美歯科治療の種類
インレー(詰め物)
インレーとは詰め物のことを指します。
虫歯などをはじめ、削った後などの比較的小さなスペースに施します。
昔は、アマルガムや金属が使用されており、金属が目立ち、審美的にもよくありません。
近年では、保険内でも白いプラスチック材料を詰めることが可能です(範囲に制限あり)。
自費であれば、セラミックやジルコニアを使用することにより、審美性の高い詰め物を入れることが可能です。
また、金属を用いないので、金属アレルギーの方にも安心してご利用頂けます。

クラウン(被せ物)
クラウンとは、歯の全体を覆う被せ物のことを指します。1本の歯に対しする冠で、保険治療であれば銀歯が殆どです。銀歯などの金属は、非常に目立ち、審美性がよくありません。そこで、自費治療となりますが、セラミックやジルコニアを用いるとその他の現在の歯と同じ色調で調整した自然な被せ物を装着することができます。先のインレー同様、セラミックやジルコニアなら金属アレルギーの心配がないため、人体にも優しい素材と言えます。
エアーモーター
オールセラミック治療について
オールセラミック治療は、文字通り金属を一切使わず、セラミックで治療する方法です。
最大のメリットは、セラミックは生体親和性が高く、金属アレルギーの心配がない事です。
また、形・色などの調整もしっかり行えますので、審美性が非常に高い治療をお受け頂けます。
そして、セラミック治療は、歯の箇所を問いません。前歯でも奥歯でも治療が可能です。
治療後の経年を考えた場合も、保険診療の治療した銀歯やプラスチック製の被せ物の場合、すり減りやすく、汚れも付着しやすいため、虫歯歯の再発や歯周病の原因になりやすいデメリットがありますが、セラミックは時間を経ても変色しにくく、その美しさが保たれ付着しにくいのが特徴です。
前歯の保険診療と自費のセラミック治療での比較をしてみると以下のような差があります。  


Posted by koikenina at 11:46Comments(0)