健康、生活 › 2019年08月19日

2019年08月19日

歯垢を減らすためには、「ただ磨いている」のではなく、「きちんと磨けている」ようにすることが大切です

『プロケア』は、歯科医院で歯科医師や歯科衛生士が行なうケアです。毎日受けることはできませんが、定期的に受けることで予防効果を上げることができます。

『PMTC』は、『Professional:専門家による』『Mechanical:機械的な』『Tooth:歯の』『Cleaning:清掃』という意味です。自分で歯磨きすると磨き残しが出たり、歯周ポケット(歯と歯肉の境目)などの細かい部分を磨くのが困難ですが、それらを歯科医院の専用機器でクリーニングしてもらうことで、きれいに汚れを取り除くことができます。歯石を取り除くときのように痛みのある治療ではなく、心地よい治療となります。歯ブラシでは落とせなかった汚れをきれいに取り除き、仕上げにフッ素を塗るので、効果的に虫歯や歯周病を予防できます。口の中をすっきりさせたいという方、歯周病の治療が終わって口の健康を維持したい方、矯正治療中で装置の周りの汚れなどをきれいに取り除くのが難しいという方、ブリッジなどで歯のない部分を磨きたいという方にもお勧めです。
歯科 通販
歯磨き指導
きちんと歯を磨いているつもりでも、歯並びによって磨きにくい部分があったり、磨き方に癖があるため、実は磨けていないという方がたくさんいらっしゃいます。歯垢は歯ブラシの届きにくい歯と歯肉の境目、歯と歯の境目などに溜まりやすいため、そこをしっかりと意識して丁寧に磨くことが大切です。当院では、適切な歯磨きをしていただけるよう、患者さまひとりひとりの歯並びや噛み合わせに合った磨き方を、わかりやすく指導しています。歯垢を減らすためには、「ただ磨いている」のではなく、「きちんと磨けている」ようにすることが大切です。

定期検診
虫歯や歯周病になってから治療を受けると、初期段階であれば治療期間や治療費がかからずにすみますが、症状が進行してから治療を受けると、治療が複雑になって時間がかかったり、特別な処置で費用がかかるなど、患者さまのストレスが大きくなります。
ホワイトニング装置
また、病気になった歯は、治療を受けても元の健康な状態に戻ることはなく、弱くなります。つまり、治療を繰り返すことによって歯はどんどん弱くなり、口の健康を守ることが難しくなってしまうのです。
そのような事態を避けるために必要なのが、『定期検診』です。
定期検診では、虫歯や歯周病の有無、歯並びや噛み合わせ、顎の異常、適切な歯磨きができているかなどの確認を行ないます。そこで病気を発見できればすぐに治療を受けられるので、進行が防げます。
最低でも半年に1回、できれば3~4ヵ月に1回は定期検診を受けましょう。虫歯や歯周病になっている方は治療を受けて再発を防ぎ、なっていない方は発症しないように予防に努めることが大切です。
ホームケアもプロケアもそれぞれ大切ですが、どちらか一方だけ行なっても病気の予防効果は上がりません。ホームケアを毎日行ない、プロケアを定期的に受け、2つのケアを両立することで効果的に病気を予防できます。毎日のケアを欠かさず、歯科医院を上手に利用し、口の健康を守りましょう。  


Posted by koikenina at 12:18Comments(0)

2019年08月19日

通院先の歯科医院でホワイトニング治療をすること

歯に優しいお手入れをコンセプトに、専門の器具、材料を使って行う「本格的な歯のお掃除」のことです。
歯ブラシだけでは落としきれない歯の汚れを除去します。繰り返しトリートメン卜を受けていただくことにより歯の質が改善され、着色しにくい歯になっていきます。
外因性の歯面着色(茶渋・ヤニなど)を専用の器具で除去する方法で、歯本来の白さを回復したり、維持するために欠かすことのできないものです。ブラシやカップに研磨剤を付けて研磨したり、微細な粒子を圧搾空気で吹き付けて汚れを跳ね飛ばす方法があります。
ストレートハンドピース
施術方法
① 専用の粉を、水と風で勢いよく汚れに吹き付け、着色を落としていきます。
② 歯に負担のないゴム製のカップで2種類のペーストを使って歯面をつるつるに磨き上げていきます。
③ 歯ぐきの細胞を活性化し、コラーゲン・エラスチンを増やして、歯ぐきに弾力を与え、歯肉を回復させる働きのあるペーストで、歯ぐきマッサージします。
④ 最後に、歯を形成するミネラル成分のカルシウムとリンのペーストを2~3分歯面に塗布するミネラルパックをして終了です。

ホワイトニングとは歯みがきなどでは落としきれない、歯の表面に付いた色素を落としたり、歯の中にある色素を分解して歯を明るくし、歯を白くする技術です。
もともとはアメリカで実用化された技術で、現在、アメリカでの歯科医院では、ほぼホワイトニングを取り入れています。
以前までは、歯を削ってセラミックを被せたり、差し歯にすることでしか歯を白くできませんでしたが、、現在は安全性の高いホワイトニングが主流となってきています。

ホワイトニングの治療には、オフィスホワイトニング・ホームホワイトニング・デュアルホワイトニングの3種類があります。 
それぞれ長所がありますので、自分に合ったホワイトニングを歯科医と相談し選んでいきましょう。

オフィスホワイトニング 
通院先の歯科医院でホワイトニング治療をすること。 
ホームホワイトニングで使用するホワイトニング剤よりも多くの過酸化水素を使用するので、 
短時間で白い歯を手に入れることができるのがメリットです。 
歯医者 マイクロスコープ
ホームホワイトニング 
自宅にてホワイトニング治療をすること。 
オフィスホワイトニングと違い好きな時に歯のホワイトニング治療ができるのがメリットです。 
歯の白さを実感するには2週間以上かかりますが、時間がかかる分、オフィスホワイトニングより白さが増し、 
持続期間も長いという特徴もあります。 
  


Posted by koikenina at 11:48Comments(0)