健康、生活 › 2019年08月26日

2019年08月26日

もしなってしまっても早い段階で気づいて最小限の負担で治療できます。

虫歯になりにくい人になるための対策
虫歯になりやすい方でも、適切な対策をとれば虫歯になりにくくなります。もしなってしまっても早い段階で気づいて最小限の負担で治療できます。
定期的に検診を受ける
歯医者に行くのは「面倒くさい」「怖い」などの理由で、足が遠のいてしまう方は少なくないでしょう。しかし、定期的に検診を受ければ、虫歯の有無が分かり、できていた場合は早期発見・治療が可能です。 早く見つかれば治療も痛くありませんし、毎週のように通って施術する必要もありません。できれば3ヶ月~半年に一回程度で通われることを推奨します。
超音波スケーラー
矯正治療をおこなう
矯正をおこなえば、歯並びや噛み合わせが原因の虫歯が起こりにくくなります。ただし、当然ですが矯正はお金がかかりますし、長期間にわたり器具を装着していなくてはなりません。 しかし、一度矯正すれば歯垢が引っかかりにくくなり、歯も磨きやすくなるので、虫歯を予防することができます。そのうえ、見た目上もスッキリした口元になるので、メリットは大きいです。

食生活を見直す
アメやガムなどをダラダラ食べ続ける、何回も間食を食べるなどは、虫歯のリスクを高めます。歯に影響するのは食事の量ではなく回数です。 食事は一定の時間を置いて朝・昼(間食)・晩だけにするなど回数を減らし、食事の際は一緒に水やお茶を飲んで、口内が酸性になりすぎないように心がけるとよいでしょう。

歯みがきを見直す
歯科医院ではブラッシング指導も受けられます。その場で歯を磨き、その様子を歯科衛生士がチェックすることで、どの部分が磨き足りないか、どう磨けばよいかを教えるというものです。 また糸ようじや、デンタルフロスなどを使えば、歯ブラシだけで取りきれない食べカスや歯垢を除去できるので、磨き残しを減らせるでしょう。
まとめ
口腔内カメラ
虫歯リスクは体質や生活習慣などの影響で高まります。しかし、以上のように予防することも可能です。体質だからと諦めることなく、定期検診を受けたり食生活を改善したりすれば、リスクは下げられます。 虫歯がよくできてしまうとお悩みの方は、予防法のなかでできそうなことから実践してみてはいかがでしょうか。
定期的に検診を受ける
矯正治療をおこなう
食生活を見直す
歯みがきを見直す  


Posted by koikenina at 16:06Comments(0)

2019年08月26日

歯垢を放っておくとやがて石灰化し歯石へと変化します

歯周病は歯を支える骨がなくなり、最後に歯が抜けてしまう病気です。歯周病は自覚症状が乏しいことから「静かなる病気」とも呼ばれ、感染していることに気づきにくいというのが大きな特徴です。歯肉からの出血や歯のぐらつきといった症状が現れた時にはすでに重症化してしまっているということも珍しいことではなく、症状が進行すると抜歯をしなければならなくなります。
ハンドピース
また、歯周病菌が血流に乗って全身に広がってしまうと、動脈内効果や脳卒中、心膜症や虚血性心不全など、命に関わる病気を引き起こすこともあります。その他にも低体重児、早産、誤嚥性肺炎などにも深い関連があることが分かっています。

現在歯周病治療を行っているにもかかわらず、治療期間通院しても治療が終わららない、治療が終わっても再発を繰り返してしまっているといったお悩みをお持ちの方も多いかと思います。これは歯周病が感染症であり、治療期間中も唾液に乗って歯周病菌が口腔内全体に広がってしまっているからです。

細菌によって引き起こされる歯周病
歯周組織が歯周病に感染することによって引き起こされるのが歯周病です。歯垢(プラーク)と呼ばれる歯垢内に歯周病菌は多数存在し、歯肉に炎症を引き起こしながら歯周病を進行させていきます。また、歯垢は歯周ポケット内で石灰化し歯石となる場合もあります。歯周病を防ぐには、この歯垢(プラーク)や歯石をしっかり除去することが大切になってきます。
歯科材料
歯周病を引き起こす原因=細菌の集まり「歯垢」
歯が十分に磨けていないと、歯垢(プラーク)という細菌の集まりが歯と歯ぐきの間の溝にたまります。歯周病はこの細菌が繁殖することで起こります。歯ぐきが赤くブヨブヨとした感じになったり、出血しやすくなるのは、細菌による毒素によって炎症を起こしているからです。

歯垢を放っておくとやがて石灰化し歯石へと変化します。歯石は歯みがきなどでは取り除けないため、歯科医でとってもらわなければなりません。歯垢や歯石をためていると歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)が深くなり、さらに歯垢がたまりやすくなって、歯周病を進行させる要因になります。歯肉炎から歯周炎へと移行すると膿が出て口臭の原因になる、歯槽骨が溶け支えられなくなった歯が抜け落ちてしまうなどの症状が進みます。ストレスや喫煙などの生活習慣や、糖尿病などの病気によって免疫機能が落ちていると、病気は進行しやすくなります。  


Posted by koikenina at 15:34Comments(0)

2019年08月26日

歯周病は、成人の約80%がかかるというデータがあるほど一般的に知られる歯の疾患です

予防歯科とは、虫歯や歯周病になってから治療するのではなく、病気になる前に、歯科医院でのプロフェッショナルケアと、歯科医師や歯科衛生士の指導に基づいた毎日のセルフケアを行うことで、お口の健康ひいては身体の健康を維持していく歯科医療のことです。
歯医者は痛くなってから行くものだと思っていませんか?

今まででの日本の歯医者は、痛くなって歯医者に行き、そして治療を行い、その繰り返しでした。多くの方は、虫歯になって治療をすれば、痛みもなくなって、詰め物をすれば元通りになったと思いがちです。 しかし、それは大間違いです!治療後に入れた詰め物やかぶせ物は時間とともに変形し、小さな隙間から虫歯菌が入り虫歯を再発させ、さらに歯を大きく削っていくことになります。
歯科用品
この再治療を繰り返していくと、歯を抜かなければなりません。このように、負のサイクルがおきてきます。残念ながら、治療をすればするほど、歯は弱く悪くなってきます。
お口の中には、歯の表面が溶けて穴があく虫歯と、歯を支えている組織を破壊する歯周病があります。虫歯や歯周病は自然には治りません。治療すると、時間や費用が かかってきます。だから、治療をした所を二度と悪くしないためにも予防をすることをオススメします。

歯周病は、成人の約80%がかかるというデータがあるほど一般的に知られる歯の疾患です。しかし、ありふれた病気だからといって軽視してはなりません。歯周病によって食べ物が噛みにくくなったり、歯の隙間に食べたものが挟まりやすくなって歯みがきに手間取ったりするだけでなく、進行すると歯を一度に多く失ってしまう恐れもあります。つまり「食事をする」という、人間本来の楽しみが奪われてしまうのです。また、歯には体重をかけたり話したりする際にも大きな役割を果たしています。歯周病によってこれらの機能も大きく低下するため、十分な注意が必要です。
超音波洗浄機 歯科
日々の自己管理と定期検診で歯周病対策を
歯周病対策でまず大事なのは、日常的な自己管理です。正しいブラッシングをすることがその代表ですが、どのように自己管理を進めるかについては、診察して説明をいたします。日々の自己管理が徐々に定着していくと同時に、ご来院の際に定期的な確認をいたします。そのためにも、定期受診が大きな意味を持ちます。一定期間ごとに受診することは歯周病対策にとってとても大きなメリットであり、これを習慣づけることが大切だと考えています。  


Posted by koikenina at 11:50Comments(0)

2019年08月26日

日本でも、歯科医院にて安全な方法で、安心して簡単に「白い歯」を手に入れることができるようになりました

欧米人にとり「白い歯と歯並びのよさ」は一目でわかるブルー・ブラッド(育ちの良さ)あるいは知性の象徴でり、大切な身だしなみの一部といえます。特にアメリカは世界有数の多民族国家、ビジネスで成功するにも良い友達を作るためにも、相手に好印象を与える「スーパー・ナチュラルな笑顔:白く美しい歯のスマイル」が大切な条件です。

そのような環境にあるアメリカで開発されたホワイトニングは、シンプルな方法で安全に歯を白くできることが人々に支持され、驚異的なスピードで全世界に広まりました。今や「白く美しい歯」が健康美の象徴として世界の人々共通の憧れとなっています。
口腔内カメラ
このようにアメリカではもはや常識のホワイトニング。日本でも、歯科医院にて安全な方法で、安心して簡単に「白い歯」を手に入れることができるようになりました。

「歯を白くする」歯磨き剤は、いずれも歯の表面に付着したステインを削り落とすだけなので、歯自体は白くならないと失望した人が大勢いたようです。しかし、現在のホワイトニングは今まで不可能とされていた歯自体の色調をコントロールする治療法で、プロフェッショナルの技術により本当に歯が白くなります。

、「痛い治療ならしない」という歯科医嫌いの方も多いはずですが、ホワイトニングは「痛くない」「歯を削らない」「麻酔を使用しない」と三拍子揃い、それでいて劇的に状態が改善される良いこと尽くめの治療法です。歯の着色は、先天性のもの、薬物、損傷によるもの、食生活や加齢の影響など様々な原因でおこります。過酸化物による歯の漂白は歯に内在する有機成分を分解漂白して歯の構造や歯質を変えずに安全に歯を白くします。
ホワイトニング 照射器
もちろん口腔内の状況に左右されますが、白い歯という要望に応えるだけならホワイトニングで「白い歯」に対する夢を叶えることができます。
歯科医院(歯医者)歯科クリニックでは、自宅で行う低濃度ジェルによるホームホワイトニングに対応しております。歯を白くされたいた方は、お気軽にご相談下さい。  


Posted by koikenina at 11:10Comments(0)