健康、生活 › 2019年09月02日

2019年09月02日

透明感があり美しいセラミックの歯は、魅力的な口元をつくります

治療は、患者さまのご希望を伺いながら進めてまいります。歯の大きさ・色艶を周囲の歯と合わせて、ごく自然な歯に仕上げることもできますし、芸能人のように、輝くような白い歯にすることもできます。また、歯並びが悪い場合は、矯正装置をつけずに短期間で治療がおわるセラミッククラウンを使用した治療方法もご用意しております。尚、治療期間中は「仮の歯」をお入れしますので、日常生活に支障はありません。人と接する機会の多い方でも、安心して治療を受けることができます。
生体情報モニター
保険と自費の材質について
<保険の材質>
現在の保険制度で使用できる、歯の色と同じような色の素材が、レジン(プラスチック)です。強度の問題から、レジンの歯は犬歯から犬歯の間(上下で12本)にしか適用されません。材質的な特性としては、透明感がないこと、水分を吸収するため時間と共に変色すること等が挙げられます。またプラスチックは磨耗しやすく内部の金属が表に出る可能性があります。一時的に入れる歯としては充分ですが、変色や着色を嫌う方、口元に美しさを求める方には不向きです。

<自費の材質>
最も歯に近く理想的だといわれているものが、セラミック(陶材)です。セラミックは、自然の歯のように透明感があり、水分を吸収しないため変色も起こりません。また色調の再現性に優れています。セラミックの中には幾つかの種類があります。

セラミック(メタルボンド)
金属がかぶせ物の中にあり、その上に完全オーダーメイドのセラミックが焼き付けられて作製されています。内面に金属を使いその上にセラミックを盛り上げているため、オールセラミックよりも透明感は落ちます。セラミックならではの色艶の再現性・質感により、保険治療で使われるプラスチックと比べれば遥かに美しく、自然な仕上がりが期待できます。プラスチックのような収縮・変色はなく、強度が高く、ブリッジや連結冠などいかなるケースにおいても使用できるという利点も備えています。但し、金属を使用するため、金属アレルギーの方にはお勧めできません。
ニッケルチタンファイル
ハイブリッドセラミック(エステニア)
セラミックに少量のレジン(プラスチック)を混ぜることで、セラミックに適度な弾力性を持たせたハイブリッド素材です。金属がかぶせ物の中にある点は、メタルボンドと同じです。メタルボンド同様、セラミックならではの美しく自然な仕上がりを期待できる一方、レジン(プラスチック)が少々混ざるため、長期的にはやや変色する可能性があります。また、メタルボンドよりも若干透明感が落ちると言われています。金属を使用するため、金属アレルギーの方にはお勧めできません。  


Posted by koikenina at 16:17Comments(0)

2019年09月02日

一生、健康な歯とお口でいるために、「予防歯科」をはじめましょう

予防歯科とは、ムシ歯などになってからの治療ではなく、なる前の予防を大切にすることです。
歯とお口の健康を積極的に守るため、歯科医院などでの「プロケア(プロフェッショナルケア)」と、歯科医や歯科衛生士の指導に基づいた毎日の「セルフケア」の両方で、「予防歯科」を実践しましょう。そのためにも、歯科医院での定期的な健診が大切です。
ワックスペン
生涯を通じて健康な歯でいるために、「予防歯科」をはじめましょう。
近年、日本でも「予防歯科」が注目されはじめていますが、すでに欧米では、歯科医院などで定期健診を受けることが習慣になり、日頃から歯科医や歯科衛生士と一緒に歯とお口の健康づくりを実践しています。「予防歯科」の基本は、歯が生えはじめた時から歯の健康を考えることにあります。歯を失うと生活の質(QOL)が下がります。

そうならないためにも、正しい知識を身につけ、生涯を通じて歯をトラブルから守り、管理する「予防歯科」が重要なのです。ここ日本でも2012年に厚生労働省から「歯科口腔保健の推進に関する基本的事項」が報告されるなど、「予防歯科」を推奨する機運が高まっています。一生、健康な歯とお口でいるために、「予防歯科」をはじめましょう。

PMTCについて
PMTCは、Professional Mechanical Tooth Cleaningの略で、日本語では、専門的機械歯面清掃(せんもんてききかいしめんせいそう)といい、歯医者さんで専用機器を用いてきれいに口内、歯を掃除することです。歯ブラシでは磨くことができない、歯と歯肉の間の溝(歯周ポケット)もキレイに磨き上げて汚れを取り除きます。歯石を取るような清掃では、ありません。痛くない清掃で、優しい刺激で行なわれます。
フッ素塗布
虫歯予防の1つとしてフッ素塗布を行います。フッ素は自然にある元素の1つで野菜や果物、魚介類にも含まれています。耐酸性の強いフルオロアパタイトを生成し、歯質を強化したり虫歯菌の活動を抑えたり、歯の再石灰化を助けたりします。特に歯質の弱い子どもの虫歯予防として多く使われています。
遠心鋳造機
唾液検査
唾液検査を受けると、虫歯の本当の原因が分かります。虫歯になりやすいのはブラッシング方法や甘い物の食べ過ぎだけが原因ではありません。
唾液には、1:細菌を洗い流す効果、2:抗菌作用、3:溶けかけた歯を修復する効果、そして 4:酸性になった環境を中和する効果(緩衝能)があります。そのため唾液の量や質で、むし歯になるリスク度合いが変わることになります。
唾液検査で自分のリスクを理解し虫歯予防に役立てることができます。

歯周内科検査
歯周病治療をより確実に行うためにプラークを調べます。
歯と歯肉の間の溝(歯周ポケット)より採取したプラークを高解像度の顕微鏡を用いプラーク内に存在している微生物を観察します。同時に炎症反応によって生ずる血球成分も観察できるため、炎症状態も同時に見ることができます。  


Posted by koikenina at 11:43Comments(0)

2019年09月02日

入れ歯の種類は豊富です。見た目の自然さや、保険適用の有無などで様々な種類を選ぶことができます。

一般的な入れ歯の種類をご紹介いたします。
ひとくちに入れ歯といっても、それぞれに長所、短所、様々な特徴がありますので、よりご納得いただける入れ歯選びの参考になさってください。入れ歯とは、様々な理由で歯がなくなってしまった場合の治療方法です。残っている歯があり、それを土台にする場合は部分入れ歯、すべての歯がない場合は総入れ歯による治療を適用します。入れ歯は、種類によっては見た目が好みと合わない、装着すると違和感がある、話にくいなどの問題が起こることがあります。これらの問題が起きないよう、お口の中の状態を正確に診断し、医師と相談をしながら適切な入れ歯を選び、定期的なメンテナンスを受けることが大切です。
口腔内カメラ
入れ歯の種類は豊富です。見た目の自然さや、保険適用の有無などで様々な種類を選ぶことができます。
保険診療の入れ歯
保険診療の入れ歯は、費用を抑えられることが最大のメリットです。デメリットは、見た目が不自然であったり装着時に違和感がある場合があることです。

レジン床義歯
歯科用のプラスチックであるレジンで土台(床)を作ります。保険診療のため治療費が安く、適用範囲は広くほとんどの症例に使用することが出来ます。デメリットは、入れ歯を支える金具が目立ってしまうこと、強度を確保するために土台の厚みを持たせることで使用時に違和感が出てしまうことです。

保険外診療の入れ歯
保険外診療の入れ歯は、費用は高額になりますが見た目が自然で装着時の違和感を少なくすることができます。

ゴールド床入れ歯
金で土台(床)を作ります。費用は比較的高額になりますが、金属アレルギーや体への影響は少なく、腐食や変色は起こりません。
歯科レントゲン
チタン床義歯
チタンで土台(床)を作ります。チタンは体の中に埋め込むことが出来るほど安全性の高い金属で、安心して長く使用できます。

ノンクラスプデンチャー
樹脂で作られており、薄く軽く弾力感があるため装着時の違和感が少ないことが特徴です。金属を使わないので金属アレルギーの心配はありません。

マグネットデンチャー
磁石を入れ歯と残った歯の両方に取り付けて装着します。磁石がしっかりと吸着し合うため、安定感に優れています。見た目は自然で、残った歯の根元を利用できるので装着時の違和感が少ないです。  


Posted by koikenina at 11:08Comments(0)