健康、生活 › 2019年09月05日

2019年09月05日

口臭を感じたら、歯周病である可能性があります

歯磨きで出血するのは歯周病が原因でしょうか?
歯磨きで出血する原因のほとんどは歯周病です。それ以外では硬い歯ブラシで強く歯磨きをすることによって歯ぐきを傷つけた場合が考えられます。また、全身疾患により出血しやすくなったり、服用している薬によることもあります。

歯周病には歯肉炎と歯周炎があります。歯磨きを怠るとまず歯ぐきにだけ炎症が起こり、歯肉炎になります。適切に歯磨きを行うとすぐに治ります。しかし、歯肉炎をそのままにしておくと、炎症が歯を支えている骨にまで進行し骨を溶かしてしまいます。その状態が歯周炎です。ひどい場合には歯を抜かなくてはならなくなります。そうなる前に少しでも出血があれば、歯科を受診することをお勧めします。
マイクロスコープ 歯科
Q.歯茎から出血したら、歯周病と思ってもいいのでしょうか?
歯ぐきから出血したら、歯周病である可能性があります。一つ上の質問の回答の通り、歯ぐきからの出血の原因のほとんどの場合は歯周病です。
Q.口臭を感じたら、歯周病を疑ってもいいのでしょうか?
口臭を感じたら、歯周病である可能性があります。というのも、歯周病の症状の一つに口臭があるからです。
口臭には生理的口臭(病的なものではない)と病的口臭があります。生理的口臭の原因は、自然な臭いと、食べ物やタバコ、アルコールなどによって生じる臭いがあります。
病的口臭には虫歯、歯周病、お口の清掃不良などの歯科的な原因。 蓄膿症などの耳鼻科的な原因、胃腸の原因、呼吸器の原因、糖尿病、腎不全など様々あります。
この関連で、舌に白いコケのようなもの(舌苔)が増え、それが臭いを発することがあります。舌苔をとる専門の用具もありますが、歯ブラシで軽くこするだけでも臭いはかなりとれます。

Q.歯がグラグラしているのですが、これは歯周病でしょうか?また抜歯しなくてはいけないのでしょうか?
歯のグラグラは進行した歯周病である可能性があります。歯周病は歯ぐきの炎症から始まり、進行とともに歯を支えている骨を溶かしていきます。
骨が減っていくと歯は支えを失いグラグラしてきます。グラグラがあまりにも大きい場合、抜歯が必要になることもあります。骨の再生治療や歯周ポケットをなくす外科処置を行った上で、周りの歯とつなげてグラグラが収まり、しっかり咬めるようになれば抜かずに残せる場合もあります。
オートクレーブ 歯科
Q.歯周病が原因で、他の身体の病気になりやすくなるというのは本当でしょうか?
歯肉の炎症が全身に多くの影響を与えることは昨今の研究で明らかになってきています。歯周病との関連を挙げられているものには呼吸器系疾患、心疾患、糖尿病や妊娠などがありますが、なかでも糖尿病との関連は深く糖尿病は歯周病を悪化させる大きな原因でもあります。
毎日の食生活を含めた生活習慣を見直し、歯周病を予防する事が全身の生活習慣病を予防することにつながります。  


Posted by koikenina at 16:38Comments(0)