健康、生活 › 2019年09月09日

2019年09月09日

歯医者さんに行って、専門的なケアを受けましょう。

なぜ知覚過敏は風が当たっただけで染みるの?
虫歯でもないのに、冷たい物や熱いもの、酸味の強い食べ物を食べたり、歯磨きのときに歯ブラシがこすれるとしみる……こんな症状があるときは、知覚過敏かもしれません。冷たい風が歯に当たったり、息を吸い込んだだけでもしみることもあります。今回は、知覚過敏の症状や原因などをお伝えします。

知覚過敏の特徴なのは、「一時的に歯がしみる」ということ
知覚過敏の大きな特徴は、「一時的に歯がしみる」ということです。虫歯の場合、慢性的に痛みを伴うことが多いのに対し、知覚過敏の場合は冷たい物を食べたり飲んだりしたときなどに「キーン!」あるいは「ズキン!」と歯がしみます。
知覚過敏は、初期のうちは冷たい物にだけ反応しますが、症状が進むと、温かいものを食べたり飲んだりした時にも、歯がしみるようになってきます。
根管治療機器
知覚過敏の人は歯の表面のエナメル質が削れている!
歯の表面部分のエナメル質が何らかの原因で傷つき削れてしまうことで、知覚過敏は起こります。歯をきれいに磨こうとするあまり、力を入れすぎていたり、就寝時に歯ぎしりをするクセがあったりということが原因として考えられます。また、歯磨きがおろそかになっていると、食べかすや歯垢がたまり、口の中に常駐している細菌が酸を作り出すことで、口内が酸性に傾いて歯を溶かしてしまいます。

こうしたことから、歯の表面を守るエナメル質が削れて、その下の象牙質がむき出しになると、神経に直接刺激を受けるようになり、歯がしみるのです。ただし、食事直後は食べ物の酸で歯の表面がもろくなっている状態なので、清潔を意識するあまり、食後すぐに歯を磨くと、エナメル質が削れて逆効果となってしまうので要注意です。
歯科 タービン 滅菌
その知覚過敏、歯周病が原因かも?
知覚過敏は、歯周病が原因で起きることもあります。歯周病で歯茎がゆるみ、下がってくると、歯の根元のエナメル質に覆われていない象牙質の部分が露出し、知覚過敏が起こります。歯周病が原因の場合、歯周病の治療が必要になりますので、知覚過敏用の薬や歯磨き粉を使うと言ったホームケアでは完治することができません。歯医者さんに行って、専門的なケアを受けましょう。  


Posted by koikenina at 16:07Comments(0)

2019年09月09日

食習慣やお口の衛生状態をコントロールすることで、虫歯は予防できます。

食べ物を摂取すると、歯垢(プラーク)中の原因菌によって酸が作られます。
そして、その酸によって歯の表面からカルシウムイオンやリン酸イオンなどのミネラル成分が溶けだします。これを「脱灰」と言います。一方、唾液中の浄化作用や緩衝作用によって口の中のpHが中性付近になると、唾液中のミネラル成分が歯に戻り、健全な状態へ戻そうと働きます。これを「再石灰化」と言います。
遠心鋳造機
虫歯になりやすい人とそうでない人がいますが、それは「食習慣」「歯質」「細菌」の3つの要因が関係しています。甘いものを食べる「食習慣」が細菌の餌を増やし、歯磨きをしなければ「細菌」が増え、「歯質」が弱いと歯が溶けやすくなります。

このように口の中の環境が悪いと「脱灰」と「再石灰化」のバランスが崩れ、虫歯が発生します。したがって、虫歯菌が多い人、歯の質が弱い人、唾液量が減っている人、間食や甘いものを多く摂る人は、虫歯になるリスクが高いのです。食習慣やお口の衛生状態をコントロールすることで、虫歯は予防できます。

虫歯の予防
虫歯の予防には「正しいブラッシング」と「小まめなうがい」が効果的です。ブラッシングで口の中を清掃(プラークコントロール)して、虫歯菌を取り除くことができます。再石灰化を早めるために、フッ素入りの歯磨剤を使うのも良いでしょう。また、食べるたびに歯を磨くのは大変なので、甘いものをよく食べる方やスポーツ飲料や清涼飲料水をよく飲まれる方は、小まめなうがいをすることで口の中が酸性の状態にならないようにしましょう。
歯科材料
虫歯は進行すればするほど削る量や治療回数、治療費が増える病気です。早めに発見することが虫歯から歯を守る秘訣です。自覚症状が出る前の虫歯なら、歯を削ることなく治療することが可能な場合もあります。しかし、自覚症状のない虫歯を自分で発見するのは至難の業なので、削らずに済む初期の虫歯のうちに発見できるよう、定期健診で歯科医師や歯科衛生士にチェックしてもらいましょう。  


Posted by koikenina at 11:23Comments(0)