健康、生活 › 2019年10月12日

2019年10月12日

歯周病の最初の段階とは、炎症が歯ぐきの所だけにある状態を言います

「歯周病がなかなか治らない」「歯がグラついてきてしまった」などとお悩みではありませんか? このような症状が現れている場合、重度の歯周病と考えられます。悪化すると歯のグラつきが増していき、放置すれば最終的には抜け落ちてしまいます。そんな重度の歯周病も、すぐに適切な治療を始めればその歯を守ることができます。
歯科ハンドピース滅菌
歯周病の病態進行には大きく分けて2つあります。
一つは口腔常在菌で起こる歯周病です。 この歯周病はしっかりとたブラッシング、歯石除去で症状は改善していきます。
もう一つは特定の歯周病菌の感染によって生じる歯周病です。P.g菌(Porphyromonas gingivalis)、T.d菌(Treponema denticola)、T.f菌(Tannerella fotsythia)等、特にこの3種類の混合感染は歯周病を劇的に悪化させます。このような歯周病に罹患している場合は単に歯石除去や、ブラッシングでは改善せず、菌を直接除菌する治療が重要になります。
症状によっては、大学病院の歯周病科や、歯周病専門医の治療が必要となることがあります。
ニキビ症の方がいくら顔を洗ってもニキビが消失しないのと同じことです。

歯周病の初期の症状とは。
歯周病の最初の段階とは、炎症が歯ぐきの所だけにある状態を言います。例えば歯ブラシをした時に、歯ぐきから血が出る、歯が少ししみる、とか、鏡でご自分の歯ぐきを見ていただいて、歯ぐきが腫れている、赤くなっているなどの症状が確認できると思います。これらの症状が思い当たる時はもちろんですが、なかなか、判りづらい時もありますので、自覚症状がなくても、健診を兼ねて、歯科医院を受診されることをお勧めいたします。
歯科用品
これで歯周病は改善に向かうわけですね。
初期の歯肉炎の段階ですと、これだけでかなり改善してくると思われます。しかし、歯周病が進んで、歯を支えている骨の破壊があると、さらに次のステップの治療になります。深い歯周ポケットの中の、歯の根っこの面についている歯石を徹底的に取り除くようにします。器具を使って手探りで取ることになります。ポケットが深く、どうしても取りきれない場合は手術をするときもあります。  


Posted by koikenina at 16:27Comments(0)