健康、生活 › 2019年11月11日

2019年11月11日

虫歯はお口の中の細菌が酸をつくりだし、それにより歯の一番固いエナメル質を溶かしてしまうことからはじまります

虫歯はお口の中の細菌が酸をつくりだし、それにより歯の一番固いエナメル質を溶かしてしまうことからはじまります。そこからエナメル質より柔らかい象牙質、歯髄へと進行し歯が溶けることをいいます。虫歯は虫歯の原因菌と言われる細菌が出す酸によって歯溶かすことから、感染症の一種と言ってもいいでしょう。

虫歯は次のような4つの条件がそろった場合にむし歯になると考えられています
歯質: 虫歯になりやすい歯の質、歯並び、咬み合わせになっている。
細菌: 虫歯の原因菌が旺盛な活動をしている。
糖分: 歯につきやすい甘いもの(糖質)を多く摂取する食習慣がある。
時間: プラーク(歯垢)が歯に付着したままになっている時間が長い。

虫歯の進行度合
C1 むし歯の第1段階 危険度★
歯の表面をおおっているエナメル質が脱灰(歯が溶ける)している状態です。痛みはあまり感じませんが、歯の表面が白くにごっていたり、茶色などに着色してザラついていたりします。まだ穴になっていません。
歯科 光照射器
C2 むし歯の第2段階 危険度★★
象牙質の層にまで進んで穴があいている中等度のむし歯です。冷たいものを食べたり飲んだりすると歯がしみます。

C3 むし歯の第3段階 危険度★★★★
むし歯の第三段階(ウ蝕第3度)むし歯が大きな穴になって象牙質のすべてに及び、歯髄(神経)まで達した深在性ウ蝕です。炎症を起こしたりすると、とてもはげしい痛みをともないます。

C4 むし歯の第4段階 危険度★★★★★
むし歯の第四段階(ウ蝕第4度)歯がくずれて根っこだけが残ってしまった状態です。このままにしておくと歯髄が腐敗してしまい、さらに歯周病へと進んでいきます。
最悪の場合は抜歯の可能性もあります。
ホワイトニング 照射器
ブラッシングの指導を受けよう
歯科治療の最も基本になるのが、正しいブラッシングの方法を患者さんに知ってもらうことです。歯科医師による診断と治療方針により、歯科衛生士がブラッシングの方法を指導します。ブラッシングとは歯を磨くだけではありません。歯ぐきのマッサージをすることも大切な要素です。
  


Posted by koikenina at 12:29Comments(0)

2019年11月11日

歯肉炎は炎症が歯肉に限局した疾患で、主な症状は「歯肉が腫れる」、「歯肉からの出血」及び「口臭がする」といったものです

歯周病は、デンタルプラーク(歯垢)によってまず歯肉に炎症が起こり、さらにその中にある歯を支える骨が徐々に破壊されていくという病気です。原因となるデンタルプラークは細菌の塊ですので、細菌感染症ということができます。また歯周病は大きく歯肉炎と歯周炎の2つに分けられますが、以下にそれぞれの特徴を記します。

歯肉炎
歯肉炎は炎症が歯肉に限局した疾患で、主な症状は「歯肉が腫れる」、「歯肉からの出血」及び「口臭がする」といったものです。また歯石の沈着がみられる場合もあります。歯肉炎は10代前半の若年者から見られ、平成11年度の厚労省の調査では10代、20代の方の約60%が歯肉炎に罹っていたという報告がされています。この病気の特徴は、口腔清掃によってプラークを除いてやると完全に元の健康な歯肉に戻るということで、この時期に早期治療することがこの後に起きる歯周炎を予防する上で非常に重要です。
歯 ホワイトニング 機械
また歯肉炎の発症や進行は全身状態の影響を受けており、妊娠によってホルモンのバランスが変化する妊婦の方に発症しやすいことはよく知られています(妊娠性歯肉炎)。これ以外に、発熱などの全身症状や口の中の潰瘍形成、痛みを伴う急性壊死性潰瘍性歯肉炎という疾患もあり、専門家による治療が必要です。また服用されている薬物によって特殊な病態の歯肉炎が引き起されることもあります(右の写真)。これは薬物性歯肉増殖症といいますが、普通の歯肉炎のように単純にプラークを除いただけでは治癒しません。影響を及ぼす薬物は、抗てんかん薬(ジフェニルヒダントイン)、降圧薬(ニフェジピン)及び免疫抑制薬(シクロスポリンA)の3種類ですので、これらのお薬を飲んでいる方で写真のように歯肉が腫れてきたという場合にはどうぞご相談ください。
歯科 スケーラー
歯周炎
歯周炎は炎症が内部の骨などに及んだ疾患で、通常は長期間歯肉炎が持続して病状が進むことにより移行して生じます。歯周炎の症状は、上述した歯肉炎の症状に加えて、右の写真のように進行するに従って「歯ぐきが下がる」、「歯が移動して出っ歯になった」、「歯と歯の間の隙間が広がった」、「歯肉から膿みがでる」という症状を自覚します。また身体の抵抗力が落ちたときには、大きく歯ぐきが化膿して腫れるということを生じます(歯槽膿瘍)。X線写真では歯を支えている骨の破壊が認められます(上の写真右)。そのまま放置していると、やがて歯が抜けてしまうことになりますので、やはり早い段階に治療することが大切です。

歯周炎は通常中年以降の方に多く見られる病気ですが、稀に10代〜20代の非常に年齢の若い方で進行した歯周炎(侵襲性歯周炎)が生じることがあります。このような場合は特に専門医による治療が必要です。一般的に歯周炎は非常にゆっくりと進行する慢性疾患ですが、糖尿病などの全身疾患やタバコなどの生活習慣リスクがある場合には、やはり非常に急速に進行しますので早期に受診をお薦めします。  


Posted by koikenina at 12:15Comments(0)

2019年11月11日

予防歯科の一例として、私達のお勧めする商品が<ホームジェル>です

『歯医者は苦手』診療室でもよく耳にするフレーズですが、私達はこのイメージを少しでも崩して患者様とのコミュニケーションの入り口を広げていきたいと考えています。
歯医者の診療室から聞こえてくるキーンという音を聞くだけでも、鳥肌が立つ。確かにあの不快さは経験したものにしか分からないところはあります。
しかし、経験する必要はないのです。予防歯科とは虫歯や歯周病にならないための治療なのです。
朝晩、皆さんが鏡に向かって歯磨きをする時間はどのぐらいでしょうか?もしかしたら、忙しくて、疲れてしまって・・・。ついおろそかになりがちかもしれません。
ところが、一日のうち一回、しっかりとした歯磨きを続けることにより、あの歯医者の恐怖感から逃れることが出来るのです。そして半年に一度歯科医院で専門的なクリーニングをかねて検診を受けていただく。私達はこの地域にこのような歯科診療体系を定着させて
いくことが理想です。
ホワイトニング 照射器
そのために、私達は患者様の口腔内の状況だけでなく生活環境を含めて総合的に判断し、それぞれの状態にあった管理の仕方、例えば歯磨きの種類、磨き方、検診の頻度、食事のとり方にいたるまでアドバイスを提供させていただきたいと思っています。

予防歯科の一例として、私達のお勧めする商品が<ホームジェル>です。歯磨き後に使用するフッ素のジェルで、歯の表面から浸透し、酸に溶けにくい歯を造ります。また、浅い虫歯に対しては、虫歯の進行を止める効果も期待できます。特に永久歯への生え変わりの時期を向かえるお子様には、毎晩の使用をお勧めします。夜は唾液の量が減り、虫歯の進行が進みやすいためです。
口腔内カメラ
歯科医院のイメージが予防歯科の治療を主流にしたものに変えていかれたら、患者様にとっても、私たち歯科医師にとってもストレスの少ない歯科医院を作ることが出来ると思います。そのためにも、私達は患者様のご協力を頂き、予防の必要性を呼びかけております。
  


Posted by koikenina at 11:46Comments(0)