健康、生活 › 2019年11月12日

2019年11月12日

ネギやニンニクなどニオイの強い食べ物は、口臭の原因になりえます

口腔外に原因がある場合・全身疾患により起こる口臭
内科的疾患・・・呼吸器、耳鼻咽喉科領域が主。
鼻は口とつながっているため、蓄膿症や咽頭炎、喉頭炎などの炎症があると、たんぱく質を含む血液や膿が口の中に出てきて、口臭が起こります。
また、胃や消化器官の病気も口臭の一因になっている場合があります。
このような場合には、耳鼻咽喉科や内科での治療が主になりますが、体の免疫力を高めて、歯周病などの改善や予防をする体質改善による歯科治療なども、体質の改善が期待できることから、結果として口臭にも効果がある可能性があります。
 生体情報モニタ
外因的口臭
ネギやニンニクなどニオイの強い食べ物は、口臭の原因になりえます。
生理的口臭
人間の生理現象に起因する、だれにでもある一過性の口臭。
 唾液の分泌量が少なくなる、起床時、空腹時、疲労時、ストレスや緊張時などにおこります。
朝起きた時や空腹時の口臭(実際には誰にでもあるものです)あるいは極度の緊張時に感じる口の中のネバネバなどがあります。

口臭予防と治療方法について
口臭の予防は、口臭の原因を断つ事で予防に繋がってきます。
むし歯が原因であればむし歯の治療も必要ですが、まず基本はお口の中を清潔に保つ事です。
 
正しい丁寧な歯磨き
通常の歯ブラシはもちろん、歯と歯の間はフロス(糸ようじ)や歯間ブラシで必ず磨き、食べ物のカスや嫌な臭いをつくる細菌を減らす事が大切です。
舌のお手入れ
舌の表面に白っぽいものが付着する事があります。これは、舌苔(ぜったい)と呼ばれるもので歯垢と同じようなものです。特に舌の奥の部分(喉に近い部分)は細菌が増えやすい部位です。舌苔の大部分は細菌です。歯磨きのときに舌もきれいにしてください。毛先の柔らかい歯ブラシや舌用のクリーナーなどを使ってください。大切なことは舌の奥の方から表面を撫でる程度に優しく丹念にきれいにすることです。決して強い力でゴシゴシしないでください。
 マイクロスコープ 歯科
お口の乾燥を防ぐ
唾液の分泌が少なくなると細菌が増えやすい状態になります。朝、特に寝起きは唾液の分泌量が少ないので口臭が強く感じられることもあります。
  


Posted by koikenina at 15:56Comments(0)

2019年11月12日

歯の治療が終わった後、定期的なメンテナンスに移行して予防に取り組むのは今や常識です

美しさは健康から、健康は美しさから
歯の治療が終わった後、定期的なメンテナンスに移行して予防に取り組むのは今や常識です。お口の中の健康を手に入れたのなら、次は見た目をきれいに、美しくしてみてはいかがでしょうか?白い歯は清潔で健康的な印象を与え、またそれはあなた自身の予防の継続のモチベーションにもつながります。お口の中の健康を維持しつつ、ホワイトニングで笑顔が映える白い歯を手に入れませんか?
歯科用コンプレッサー
ホワイトニングってなに?
ホワイトニング治療とは、特殊な薬剤を塗布し、主に光を照射することで、歯を削らずに白くする治療です。最近では、女性だけでなく男性でも受けられる方が増えてきています。ブライダル、面接、大切な商談などあらゆるシーンで口もとの印象は大きなポイントになっています。ホワイトニングに興味のある方は、まずはお気軽にご相談ください。

痛くないの?しみないの?
ホワイトニングに対して、「痛くないか。しみないか。」などの不安を抱えていらっしゃる方が多いと思います。知覚過敏の症状が出る方がいらっしゃいますが、それは一過性のものです。当院で行うホワイトニングは厚生労働省の認可を受けた薬剤を使用しており安全ですので、ご安心ください。また、光を照射するホワイトニングをご希望の際は、歯肉を守る専用のジェルを塗布して施術を行っており、出来る限りのお痛みの軽減に努めています。

効果はどのくらいもつの?
効果がどのくらい持続するかは個人差がありますが、三ヶ月~半年ごとに定期的なメンテナンス・ホワイトニングを行うことで歯の白さを保つことができます。
マイクロスコープ 歯科
ワイトニングの特徴
オフィスホワイトニング
メリット
1回でかなりの効果が期待できる
何かあればすぐに医師に相談できる
すぐに効果を実感したい方におすすめ!
ホームホワイトニング
メリット
医院に通わず、自宅で好きな時間にできる
効果が長く続き、色戻りしにくい
自分のペースで無理なくやりたい方におすすめ!
デュアルホワイトニング
メリット
上記二つよりさらに白くすることができる
効果が出るのが早く、長持ちする
最大限の効果を得てそれを長く持続したい方、白くなりにくい方に歯質の方におすすめ!  


Posted by koikenina at 13:15Comments(0)

2019年11月12日

歯周病は日本人が歯を失ってしまう原因第一位の病気

歯周病は、はじめのうちは歯ぐきに軽い炎症を起こす程度ですが、進行すると歯を支える骨(歯槽骨)を溶かし、最終的には歯を失ってしまうこともあるおそろしい病気です。そしてさらにおそろしいのが、自覚症状がほとんどなく、気がついた時には重度まで進行しているケースが多いことです。

歯周病は日本人が歯を失ってしまう原因第一位の病気。また、日本人の成人の約8割が罹患している(もしくは予備軍)ともいわれています。その原因は、プラークの中に生息する歯周病菌。歯周病治療の基本は、このプラークを取り除くことと、プラークの死骸でありプラークの付着を招く歯石をしっかり取り除くことです。

近年の研究によって、命にもかかわる重篤な疾患の原因が歯周病菌であることがわかっています。体内で炎症を起こしやすい性質を持ち、血管内で血栓を作り、動脈硬化・心疾患・脳血管障害の原因となります。
誤嚥性肺炎の原因として高齢者の口腔ケアが重要であることが指摘されています。
免疫力の低下と関連があり、糖尿病とも深い関係があります。
妊婦が歯周病を発症していると、早産や低体重児出産のリスクが高まります。

歯周病検査
歯周ポケット検査
ものさし状の器具(プローブ)を用い、歯周病の目安となる歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)の深さを調べます。健康な状態では2mmほどですが、それ以上だと、歯周病が進行していると考えられます。
歯科 光照射器
歯の揺度検査
指やピンセットなどで歯をつまんで動かし、歯の動揺度を調べます。グラグラする度合いが大きいほど、歯周病が進行しています。

レントゲン検査
レントゲン撮影で顎の骨の状態を確認します。顎の骨密度から歯周病の進行度合いがわかります。

ブラッシング指導
まず、日々のブラッシングがきちんと行われているかどうかを確認します。その後、患者さんの歯並びなども考慮して、磨き残しや歯ブラシが当たりにくい箇所をふまえてブラッシング指導を行います。わかりやすい指導に努めますので、ご自宅での正しいブラッシングにお役立てください。
根管治療機器
PMTC
PMTCとは、専門家による器具を使用した歯クリーニングのことです。毎日のブラッシングでは除去しきれないプラークや汚れなどをきれいに除去します。歯の表面はもちろん、歯と歯の間や歯と歯ぐきの境目もきれいにお掃除でき、虫歯や歯周病を未然に防ぎます。  


Posted by koikenina at 12:43Comments(0)