健康、生活 › 2019年11月18日

2019年11月18日

現状のブラッシングでどこが磨けていないのかをよく理解して頂いた上でご自分に合ったブラッシングの方法を学んでいただきます

歯周病(歯槽膿漏)は、歯の付け根についた歯垢の中の歯周病菌が、歯肉や歯を支える骨を破壊し、最終的には歯が抜けてしまう病気です。歯垢に唾液成分の無機質が沈着し、硬く石灰化したものが歯石で、歯周病菌の温床となります。 歯周病は、多数の歯が一度にかかることがほとんどで、また、虫歯と違い、痛みなどの自覚症状がなく進行します。
オートクレーブ
長い間、歯周病のサインを見逃して放置し、歯がぐらぐらになって初めて来院しても、抜歯しか手段が無いこともしばしばで、いきなり歯を失ってしまうことになりかねません。 また、糖尿病や喫煙などの危険因子が加わると、さらに歯周病の進行を促し、その他の因子と相まって、心筋梗塞などの全身疾患の引き金になるともいわれております。

歯周病予防のブラッシング
現状のブラッシングでどこが磨けていないのかをよく理解して頂いた上でご自分に合ったブラッシングの方法を学んでいただきます。ブラッシングによるプラークコントロールが歯周病治療の第一歩です。患者様に出来ることは、うまく歯と歯ぐきの間を磨くことと、定期的に歯医者で汚れがついていないかチェックしてもらうことです。

歯石が取れ、治ってからはとにかく汚れをつけない、とにかくプラークコントロール、少しでもついたらとってもらうという予防的な処置が大切です、歯周ポケットが深く骨が歯の周りからなくなると、歯を抜かなくては成らなくなります。
コントラ 歯科
スケーリング
(歯石除自分で歯石を取り除くことはできません。 そこで、定期的に歯石を取り除きます。これがスケーリング(歯石除去)です。 また、歯の表面をなめらかにしてプラークをつきにくくします(ルートプレーニング)。  


Posted by koikenina at 13:20Comments(0)

2019年11月18日

専門家による強力かつ効果的な歯のお掃除を経験したい患者様

PMTCとは、Professional(専門家が) Mechanical(専用の機械で) Tooth(歯面を) Cleaning(クリーニングする)の略称です。毎日念入りに歯を磨いていても、お口の中の汚れを完全に取り除くことはできません。そうして知らないうちに磨き残した部分や、歯にこびり付いた頑固な汚れを、専用機器を用いて綺麗にクリーニングします。
色素や歯石が歯に付着すると、見た目が汚くなってしまうだけでなく、虫歯や歯周病といったお口のトラブルの原因となります。ご家庭での日頃のメンテナンスに加え、歯科医院での専門的なPMTCを行うことが大切になっています。
歯科 通販
こんな方におすすめ
専門家による強力かつ効果的な歯のお掃除を経験したい患者様
歯に特別問題(痛い、虫歯がある等)があるわけでもないものの、お口の中のクリーニングをしてみたいという患者様。
すでに歯周病治療が終了されておられる患者様
歯周病治療により、歯石等が取り除いてある患者様はスムーズに、歯科医師、歯科衛生士によるPMTCへ移行していただけます。
歯列矯正中の患者様
現在、歯列矯正をなさっておられる患者様の、口腔内の衛生を適切に保ちます。
(矯正中は、矯正装置により歯の汚れをしっかりと落とすことが難しいため。)
被せ物、ブリッジ等をされている患者様
抜けてしまった歯の両隣の歯を削って、土台とするブリッジをされている患者様にとっても、PMTCは普段はご自身では磨けない細部までクリーニングできるためオススメできます。
歯科 口腔内カメラ
お口の中がリフレッシュして爽快!
スケーラー等を使って除去する歯石と違い、柔らかいゴムやブラシで行うPMTCは痛みも伴わず、非常に爽快感たっぷりです。
歯の透明度が際立ちます
表面がの汚れなどが綺麗になります。専門家による丁寧なクリーニングのため、歯の審美性が高まります。
虫歯の予防になります
日常のブラッシング(歯磨き)では、除去しきれない虫歯の原因菌を落とします。
歯周病の予防
歯周病の原因となる、バイオフィルム(細菌の集合体)を取り除きます。
歯をもっと丈夫に!
歯の表面を綺麗にしたら、フッ素を塗布して、歯を丈夫にします。  


Posted by koikenina at 13:03Comments(0)

2019年11月18日

自覚症状が出てきているような歯周病では、すでに歯を支えている骨(歯槽骨)の大部分が溶かされてしまっています

歯周病は、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けてしまう病気です。
昔は「歯槽膿漏」と呼ばれることが多かったのですが、今では「歯周病」という呼び方が一般的になっています。若いときに歯を失うのは虫歯が原因であることが多いのですが、40代を過ぎてから歯を失う最大の原因はこの歯周病です。
 
歯周病には痛みなどの自覚症状がほとんどありません。そのため、気が付いた時にはすでに手遅れになってしまっていることが多いというのが、歯周病の最も恐ろしいところです!(歯周病はサイレントキラー「静かな殺し屋」とも呼ばれています!)歯周病は人類史上最も感染者が多いという理由でギネスにも載っています。誰でもかかるからといって、安心なわけではなく心疾患や神経痛、糖尿病との関連が深いのです
マラソン マイクロモーター
歯周病(歯槽膿漏)になるとどうなるの?
歯周病の初期の段階では歯を磨く時に血が出たり、歯ぐきがムズムズするといった症状しかありません。しかし、歯周病がさらに進行すると歯がグラグラしてきたり、歯並びが悪くなってきたりします。ほとんどの人は、この段階になってようやく「まずい!」と思い歯科医院へ駆け込みます。

が、これでは手遅れです!!
自覚症状が出てきているような歯周病では、すでに歯を支えている骨(歯槽骨)の大部分が溶かされてしまっています。 この溶かされてしまった歯槽骨を元通りにすることは現在の最先端技術を用いたとしても非常に難しく、ある程度以上進行してしまった歯周病に対しては、成すすべがないというのが今の歯科医療の現実です。歯周病の治療は、「健康だったときの状態に戻す」のではなく、「これ以上進行しないようにする」ことが目的です。
ですから、歯周病に関しては特に予防が重要になってくるのです。
エアーモーター
「喫煙している人」は歯周病になりやすい!
喫煙をしていると歯ぐきの免疫力や修復機能が低下してしまうため、 タバコを吸っている人は喫煙していない人に比べて、2.1~4.7倍も歯周病になりやすいというデータがあります。歯周病の専門家の中には、喫煙をやめない限り歯周病治療が成功することはありえないと断言している人もいます。しかし、タバコはやめた方が良いと分かってはいてもやめられないという人がほとんどでしょう。そんな人は、せめて一日の喫煙本数を減らすことからでも始めてみてはいかがでしょうか?  


Posted by koikenina at 12:44Comments(0)