健康、生活 › 2019年11月22日

2019年11月22日

毎日きちんと歯を磨いていても、歯垢を100%落とすのは難しいことです

『PMTC』は、歯科医師や歯科衛生士が専用機器を使って行なう歯面清掃のことです。歯に研磨ペーストをつけ、機械を使って汚れを落としながら磨き上げるので、歯の表面はもちろん、歯と歯の間や歯と歯肉の間などもきれいになります。自分で行なう歯磨きはもちろん大切ですが、口の健康を守るためには、それと並行して歯科医院でPMTCを受けると、より効果的です。それはなぜでしょうか。

毎日きちんと歯を磨いていても、歯垢を100%落とすのは難しいことです。丁寧に磨いてきれいに仕上げられる方でも、歯ブラシで60%、デンタルフロスを使って80~85%程度しか歯垢を落とすことができないと言われています。歯並びや磨き方の癖により、磨き残しは同じ部分に起こるので、そこから虫歯や歯周病を発症してしまいます。
オートクレーブ 歯科
歯周病の場合、歯周ポケット(歯と歯肉の間の溝)が4mm以上の深さになると、歯ブラシや歯間ブラシでは奥の細菌や歯垢落とすことができないので、そのままにしていると歯周ポケットがさらに深くなり、歯を支えきれなくなって抜け落ちてしまいます。歯垢は、そのままにしていると歯石という塊になり、歯磨きでは落とせなくなってしまうので、歯垢のうちにきちんと落とすことが大切です。

つまり、PMTCを受けることで、自分で行なう歯磨きでは落としきれない細かい部分の汚れをきれいに落とすことができ、虫歯や歯周病の予防効果が高まって、口の健康維持につながるのです。お口の健康状態によってPMTCの頻度は異なりますが、3~6ヵ月に1回は受けるようにしましょう。

定期検診のすすめ
もし虫歯になったら、歯科医院に行けば、虫歯の部分を削ってそこをインレー(詰め物)やクラウン(被せ物)で補う治療をしてもらえます。これにより虫歯はなくなりますが、虫歯になる前の状態に戻ったということではありません。
歯科 スケーラー
歯は、一度病気になってしまうと二度と健康な歯に戻ることはなく、弱くなってしまいます。つまり、「虫歯になったら歯医者さんで治してもらえばいい」と治療を繰り返すことにより、弱い歯が増えてお口の健康を守ることが難しくなってしまうのです。また、通院回数や費用がかさみ、負担が大きくなるということもデメリットになります。

虫歯を未然に防ぎ、いつまでもお口の健康を守るために役立つのが『定期健診』です。最近ではほとんどの歯科医院で、「お口の病気になっていなくても歯科医院に行き、定期検診を受ける」ということが推奨されています。  


Posted by koikenina at 15:59Comments(0)

2019年11月22日

金属の裏打ちの上にセラミックを焼き付けて作る被せ物(クラウン)。

オールセラミック
オールセラミックは、自然な光を透過する優れた美しさだけでなく、硬すぎて他の歯を傷つけることもない、強さとしなやかさまでも兼ね備えた理想的な材料です。
金属を一切使わないため、金属アレルギーの方にも安心してご利用いただけるという利点もあります。

また、お口の中の歯肉とのなじみも良いため、かぶせ物周辺の歯肉の健康も維持できます。
オールセラミックは、お口の中のどの部分にも、様々な形で装着できますので、歯科医院でよく相談し、あなたのお口に合ったより良い治療法を見つけてください。
従来の素材とオールセラミックの違い
根管治療機器
オールセラミックは、天然の鉱石を利用しており、従来素材の欠点を補い、金属を使わないという大きな特徴をもって注目されています。冠の全てをセラミックで作り上げるため、これまでその強度が問題となっていましたが、新しい技術によって、ジルコニアなどの強度にも優れた材料が開発され、奥歯の力のかかる部分にも利用できるようになりました。

オールセラミックのかぶせ物の種類
メタルボンドクラウン
金属の裏打ちの上にセラミックを焼き付けて作る被せ物(クラウン)。
強度もあるため、歯に近い色合いを出すクラウンとしては従来この方法が用いられてきた。欠点としては、経年的に歯肉が下がった場合に被せた歯の根元に金属の色がでてくる可能性があること、金属の裏打ちがあるため、透明感を出すのが難しいことなどが挙げられます。ハートフル歯科では、金属を使用するため、あまり取り扱いされておりません。
エアーモーター
オールセラミッククラウン
セレック・オールセラミック修復は、工場で作った強度の高いセラミックを使用して、強度や硬度、色調などのバラツキをなくした材料を使用しております。
それをコンピューターテクノロジーを使い、一日で白い歯を作製しております。
通常のメタルボンドと異なり、製品による出来の良しあしによるトラブルは、ありません。
また、歯肉が下がっても、金属が出る心配が無く、金属アレルギーの心配も無い。  


Posted by koikenina at 15:43Comments(0)

2019年11月22日

当院では、保険適用内外問わず、さまざまな素材の被せ物を取り揃えています

審美歯科治療の種類
審美歯科治療では大きくわけて、「歯を薬剤で漂白するホワイトニング」と、「詰め物や被せ物である人工歯」の2種類の治療を主に行っています。人工歯には素材も種類もさまざまなものがあり、患者さんの歯の状態や好み、ご予算に合わせて使用します。また、保険外の治療については5年間無料保障がついております。
歯科 技工 エンジン
白く美しい詰め物・被せ物
当院では、保険適用内外問わず、さまざまな素材の被せ物を取り揃えています。患者さんのお好みやご予算に応じて、一番良いと思われる素材をおすすめしています。

オールセラミック
自然な色を表現しやすく審美性に優れているため前歯の治療によく使われます。すべてがセラミック(陶器)で作られているので、金属アレルギーをお持ちの方でも安心して使用することができます。なお、歯ぎしりや噛み合わせが不自然な方がお求めになる場合は歯科医師とご相談ください。

ハイブリットセラミックス
こちらも、自然な色を表現しやすい素材ですが、セラミックにプラスチックを混ぜ合わせて焼き固められているため、オールセラミックに比べ、若干経年による変色が見られる場合があります。金属アレルギーの方でも問題なく使用できます。なお、歯ぎしりや噛み合わせが不自然な方がお求めになる場合は歯科医師とご相談ください。
超音波スケーラー販売
金合金
銀歯に比べて、金の含有量がおおい被せ物です。自然の歯と硬さが近いため噛み合わせる相手の歯にもやさしく、奥歯の治療によく使われます。また、銀歯に比べると多少、金属アレルギーになりにくい素材となっています。

銀歯
審美性には欠けますが、保険適用内で使用できます。日常使いにおいて何ら支障はありません。

ホワイトニングで輝くような白い歯に
ホワイトニング治療は食物・損傷・薬物・加齢等が原因で着色され、白さが失われてまった自分の歯を削ったりすることなく、元の白い輝きを取り戻す治療法です。歯の色素沈着の要因はさまざまですが、下記のような患者さんにホワイトニング治療はとても効果的といえます。  


Posted by koikenina at 13:21Comments(0)