健康、生活 › 2019年12月02日

2019年12月02日

ご自宅での毎日の歯磨きはとても重要ですし、一本一本をしっかりと磨けるようになるだけでお口の中の状態は随分と良くなります

歯は抜けたり削ったりすると、基本的には元通りには戻りません。それどころか、削った箇所はまた次の虫歯ができやすい状態になってしまいます。そのため、できれば自分の歯は抜かない・削らない方が良いのです。

では、できるだけ自分の歯を長く保ち、美味しい食事が楽しめる状態で居続けるためには何が重要なのでしょうか。それはもちろん虫歯や歯周病にならないよう、お口の中をいつも清潔にしておくことです。毎日の歯磨きはしっかりとできていますか?歯と歯茎の間もきちんとお掃除して、磨き残しがないようになっていますか?

歯科医院でのクリーニングと健診
ご自宅での毎日の歯磨きはとても重要ですし、一本一本をしっかりと磨けるようになるだけでお口の中の状態は随分と良くなります。しかし、それでも取りきれない汚れというのはあり、それが溜まっていくと虫歯菌や歯周病菌が生息しやすい状態になりかねません。そのため、定期的に歯科医院でクリーニングを受けることが重要で、実際に虫歯や歯周病がなくても良い状態を保つためにお越しになる方は増えています。
歯科用LED照射器
クリーニングでは細菌の塊や着色汚れが落ちるのはもちろんですが、歯がツルツルになりお口の中がスッキリとして気持ちいいとおっしゃる方がたくさんいらっしゃいます。なお、クリーニング時には、歯の健診も行いますので、万が一虫歯や歯周病があったとしても早期に治療を受けることができます。

クリーニング・定期健診は3~6ヶ月に1回くらいを目安にして頂ければと思いますが、実際には患者さんのお口の中の状態を見て次回お越し頂くまでの期間を調整させて頂くようにしています。できるだけ長く自分の歯で噛み続けられるようにするためにも、今からできることをやっていきましょう。


フロスと歯間ブラシの使用をお勧めしています
当院では患者さんの口の状態を見て、その人に合ったブラッシングの方法をお伝えしています。そのほかにも、当院がセルフケアにおいてお勧めしているのがフロス、歯間ブラシを使うことです。
ホワイトニング 照射器
歯と歯の間の食べかすや歯垢は歯ブラシでは取り除きにくいのですが、フロスを使うときれいに除去できます。また歯周病の方には、歯肉をマッサージする効果もある歯間ブラシがお勧めです。当院ではフロスと歯間ブラシのどちらをどのように使えば良いかについてもお伝えしています。
  


Posted by koikenina at 15:50Comments(0)

2019年12月02日

失われた歯が数本単位の場合は、部分入れ歯で噛み合わせを回復します

虫歯や歯周病などによって失ってしまった歯。その機能を回復するためのもっともポピュラーな治療法が、入れ歯(義歯)治療です。従来の入れ歯は、見た目や装着感などの問題が指摘されていたため、入れ歯治療に消極的な患者さんもいらっしゃいました。最近では、精度が高く、外観や機能性が大幅に改善されたタイプの入れ歯があります。

部分入れ歯
失われた歯が数本単位の場合は、部分入れ歯で噛み合わせを回復します。健康な歯に金属のバネを引っ掛けて固定する部分入れ歯は、支えとなる歯に負担がかかります。また、残された健康な歯を守るため、念入りなお手入れが必要です。
マイクロモーター 歯科
総入れ歯
すべての歯が失われた場合は、総入れ歯で噛み合わせを回復します。総入れ歯は、歯ぐきに接触する部分の厚みによって装着感が変わります。より快適な総入れ歯を作るためには、素材を吟味してご自分に合ったものを選びましょう。

レジン床
保険が適用されるレジンで作られたレジン床義歯は、もっとも多く出回っている入れ歯です。素材の性質上、強度を維持するために厚く大きめの作りになってしまうことと、食べ物の温度が伝わりにくいという問題は避けられません。
金属床よりも耐久性や装着感に劣り、汚れが付着しやすいことも難点ですが、部分入れ歯の場合には補修や追加が簡単にできるというメリットもあります。
生体情報モニター
金属床
金属床は、歯ぐきに接する部分が金属で作られた入れ歯です。一般的なレジン床義歯よりも約3分1の薄さなので装着感に優れ、発音しやすいのが特長です。また、食べ物の温度が伝わりやすく、ご自分の歯に近い感覚で食事を楽しむことができます。金属床に使用される素材は、金属アレルギーの心配がほとんどないチタンやコバルトクロムなので、アレルギーをお持ちの方でも安心です。
  


Posted by koikenina at 13:13Comments(0)

2019年12月02日

糖尿病の人は、そうでない人に比べて歯周病にかかるリスクが高いとされています

お口の中の細菌が炎症を起こし、歯を支える歯槽骨が壊されていくことで、最終的は歯を失ってしまう原因となる歯周病。
現在は成人の約8割が歯周病とされていて、歯を失う原因の第一位です。歯周病の恐ろしさは、痛みなどを感じることなく進行していくことです。気付いた頃には手遅れになってしまっていて、抜歯を余儀なくされたということも少なくありません。そのため、定期検診での早期発見が重要になって来る病気なのです。

歯周病は全身疾患とも関わってきます。
お口の中の病気である歯周病。しかし近年、歯周病が全身にもたらす影響が危惧されています。たとえば、歯周病菌が血管内に入り込むことで、梗塞をつくり、血液の流れが悪くなることで心筋梗塞や動脈硬化などの疾患を引き起こします。
歯科 口腔内カメラ
糖尿病への影響
糖尿病の人は、そうでない人に比べて歯周病にかかるリスクが高いとされています。また、歯周病を治療して歯ぐきの炎症が改善されることによって、血糖値も正常に戻りやすいです。

心疾患への影響
歯周病によってできた歯ぐきの炎症性物質が血流を介して心臓血管に影響を及ぼすことで、心疾患を発症させてしまうとされています。歯周病の症状が重度であるほど、心疾患の発症リスクも高まってしまいます。

早産(低体重児出産)への影響
妊娠中の歯周病は、低体重児や早産の危険性を高めるとされています。理由としては、歯周病になるとそれを抑えようと免疫機能が働きます。免疫機能が歯周病菌を抑えるためにサイトカインという物質を作り出します。しかし、このサイトカインが唾液とともに体内に流れて子宮に到達すると、子宮に刺激を与え、早産を促すきっかけになりやくなります。
ホワイトニング装置
誤嚥性肺炎
食べものを食道に流そうとした際に、誤って肺に流してしまうことが、ご高齢者や認知症などの方で多くみられます。その際に唾液中に含まれる歯周病菌が肺に入り込み、誤嚥性肺炎を引き起こす原因となっています。ご高齢者や認知症、脳血管障害の方など、飲み込みがスムーズにできない場合は特に注意が必要です。

歯科医院での予防方法
歯周病の原因となる汚れを歯科医院にてしっかりと除去し、未然に歯周病を防ぎましょう。  


Posted by koikenina at 12:59Comments(0)