健康、生活 › 2019年12月05日

2019年12月05日

歯周病の直接の原因は細菌ですが、実際には様々な要因が関係して起こります

「サイレント・アーミー」~沈黙の病気~と呼ばれる歯周病。
歯肉炎と歯周炎をあわせた歯周病には35~45歳で80%、45~55歳で88%の人がかかっているとの報告があります。また歯肉からの出血、口臭、歯肉の腫れ、これら全ての症状は歯周病となりえます。歯周病とは、歯と歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。

歯と歯茎の境目についた歯垢(プラーク)から、歯の根にそって歯周病原菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していき、最後には歯が抜け落ちてしまいます。歯肉に炎症がおきた状態を『歯肉炎』、それに加え歯槽骨などを支えている組織全体が崩れてしまう病気を『歯周炎』といいます。また、初期の歯周病はほとんど自覚症状がないため、気付かない間に悪化させてしまうことがよくあります。
エアーモーター
歯周病は生活習慣病の一つ
歯周病の直接の原因は細菌ですが、実際には様々な要因が関係して起こります。
例えば、疲労が蓄積すると自律神経のバランスが崩れ、免疫機能が低下して体調を崩すことがあります。体調が悪いと病気を受け入れやすくなり、歯肉の腫れや口内炎、風邪をひきやすくなります。

歯周病も同様で、生活の乱れや過度なストレスなどによる免疫機能の低下が影響します。体調を崩した時に歯肉の腫れる方がいますが、体調の良い時は免疫機能が働いているため、歯周病の症状が抑制されているに過ぎないのです。健康のためには食生活・睡眠・ストレス・禁煙など日頃の生活習慣に気遣うことが大切です。これは歯周病だけでなく多くの病気の予防においても言えることです。
歯科 ユニット
歯周病とバイオフィルムの関係
口腔環境が悪化しているにもかかわらず、不衛生な状態を放置していると、歯周病菌にとって生息しやすい環境である、バイオフィルムというヌルヌル、ネバネバした塊を生成します。 バイオフィルムは細菌の温床となり、歯周病菌は強い毒素によって周囲の歯肉をより攻撃するようになり、炎症を拡大させていきます。バイオフィルムは、表面が非常に強固で、抗菌物質や歯磨きでは除去できませんから、歯科医院で専門的なクリーニングを行い除去しなければなりません。
  


Posted by koikenina at 16:23Comments(0)

2019年12月05日

歯周病は全身疾患と関連があることが示唆されています。もっとも代表的な疾患としては糖尿病が挙げられます

歯周病とは文字どおり「歯の周り」、つまり歯を支える歯ぐきや骨(歯槽骨)が炎症を起こし、歯を支えられなくなる病気です。歯自体にはなんら問題がなくても、歯の周りの組織の炎症が進むと歯が自然に脱落してしまう恐ろしい病気です。しかも、自覚症状がないまま進行することが多く、腫れたり痛みが強く出たりしたときには手遅れとなって抜歯になってしまうことがほとんどです。

そんな歯周病の原因は「プラーク(歯垢)」と言われる歯の表面に付着している細菌叢であることがわかっています。歯と歯肉の境目に磨き残しがあると、そこに多くの細菌が停滞し歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れ歯肉炎とよばれる歯周炎の前段階の症状が起こります。
ホワイトニング 照射器
この段階で、しっかりと治療を行えば、歯肉は元どおりに治癒します。しかし、さらに炎症が進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の間の隙間が深くなり、歯を支える土台である骨(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、最終的には歯が自然脱落してしまいます。

歯周病と全身疾患
歯周病は全身疾患と関連があることが示唆されています。もっとも代表的な疾患としては糖尿病が挙げられます。歯周病は糖尿病の合併症とも言われ、密接な関わりが報告されています。歯周病の治療を行うと血糖値が下がるといった報告も中にはあります。

また、心疾患も関連の深い病気の一つで、歯周病の罹患の有無が、心疾患の発症率と関連しているとう報告があります。また、妊娠中の女性では歯周病が原因で早期低体重児出産となることがありますし、寝たきりの老人などではお口の中の細菌が原因で誤嚥性肺炎を起こすこともあります。このように、歯周病と全身のつながりは大きく歯周病を予防・治療することが健康増進につながるため、早期の治療をお勧めします。
エアーモーター
歯周病と口臭
口臭にはさまざまな原因がありますが、歯周病で口腔内にプラークや歯石が付着したままの状態が原因となることもあります。虫歯がなくても定期的にメンテナンスに通い、自分では磨きにくい部分のプラークや歯石を除去してもらうことで、口臭予防にもつながります。  


Posted by koikenina at 16:08Comments(0)

2019年12月05日

歯周病の原因となる歯周病菌は、10種類以上にも及ぶと言われています

歯周病は細菌(歯周病菌)と、宿主(体の抵抗力)と、お口の中の環境が複雑にからみ合っておきる病気です。その中でも歯周病菌はもっとも大きな原因です。従来の治療は、その菌を減らすために患者様に一生懸命、歯ブラシで磨いてもらっていました。歯科医院では歯石を削り取ったり、ひどい場合は悪い歯ぐきを手術で切り取ったり、歯を抜いてしまうこともありました。しかし、それでも歯周病菌を除菌することは不可能といわれてきました。歯周病は菌が原因なのであれば、その菌を薬で除菌すれば治るのではないかという考えで、先人達は様々な試みをされましたが、不可能ではないにしろ、様々な理由からそれは実現しませんでした。しかし、今ようやくそれが可能になりました。
マイクロモーター
歯周病の進行
歯周病の原因となる歯周病菌は、10種類以上にも及ぶと言われています。お口の中で歯周病菌はネバネバした物質を分泌します。お口の衛生環境が悪いと歯垢(プラーク)が増殖し、結果ネバネバとしたバイオフィルムが形成されます。このバイオフィルムは歯周病菌にとってはバリアそのもので、歯磨きでは簡単に落ちませんし、抗菌物質やデンタルリンスなどでは洗い流せないほど強力です。バイオフィルムでは歯周病菌が自らの生存のために酵素を放出します。この酵素や細菌の構成する成分により歯肉に炎症がおこります。これが、歯周病の始まりである歯肉炎です。症状の軽い歯肉炎を含めると「日本人の実に80%が歯周病!」という報告もあります。

ブラッシング指導
歯周病はプラーク中の細菌によって起こるため、毎日のブラッシングがとても大事になります。歯周病のほとんどの原因は、間違ったブラッシングやブラッシング不足ですから、ブラッシングの上達が治療の鍵になります。
超音波スケーラー
歯周病リスクの除去
噛み合わせ、喫煙、不良な被せ物、歯軋り(歯ぎしり)、生活習慣といった様々な因子も歯周病を悪化させる原因となります。それらを一つ一つ除去して、歯周病が治りやすい環境に改善していきます。

PMTC(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)
ホームケアだけでは取れないバイオフィルム(プラークのかたまり)を、専用の器具とブラシを使ってお口の中を清掃します。プラーク(歯垢)や歯石の除去だけでなく、歯の着色を落としたり虫歯や歯周病、口臭の予防・改善にも効果的です。  


Posted by koikenina at 13:12Comments(0)