健康、生活 › 2019年12月10日

2019年12月10日

歯が痛くなったら歯医者に行くというのは、間違いではありません

歯が痛くならないように歯医者に通う
歯が痛くなったら歯医者に行くというのは、間違いではありません。しかし、本来、重要なのは「歯が痛くならないように歯医者に通う」という考え方です。歯というのは、有限なものであり、何度も何度も削ることができません。一般的に3~5回削ってしまったら、歯はなくなってしまうと言われています。そのため、予防という考え方が非常に重要になっていきています。

海外と日本の予防意識の違い
予防意識が高いヨーロッパやアメリカと日本の定期検診を受けている人の割合を表しています。このことからわかるように、欧米の方々は定期検診を通じて予防意識が高く「歯が痛まないように歯医者に通っている」ということがわかります。
歯科ハンドピース
予防治療・定期検診のメリット
メリット1 虫歯や歯周病を未然に防ぐ!
定期的に歯科医院にご来院いただき、歯科衛生士によるクリーニングを受けていただくことによって、虫歯の原因菌や歯周病菌を除去します。

メリット2 早期発見が可能!
定期的にお口の中をチェックしていくことによって、虫歯を早期に発見することができます。虫歯が原因で来院する患者様の中は「もう少し早く来ていれば、そんな歯を削らずに済んだに・・・」というケースが多々あります。
小型高圧蒸気滅菌器
メリット3 経済面な負担も軽くなり、時間を有効活用できる!
早期で虫歯や歯周病を発見することで、経済面でも安く済むようにあり、通院時間を考えても時間を有意義に使うことができるのではないでしょうか。
当院ではお口の状況に応じて、1ヶ月、3ヶ月、半年に一度の定期検診をおすすめしております。

PMTC
歯科衛生士が行うプロクリーニングです。ご自宅では落としきれない汚れた所をクリーニングしていきます。虫歯菌や歯周病菌の除去だけではなく、表面がツルツルになったり、お口の中がさっぱりしたというお喜びの声をいただいております。  


Posted by koikenina at 15:42Comments(0)

2019年12月10日

食事に異物が混入していたときに、咬みごたえで気付き体内に入るのを防ぎます

歯科医院というと、虫歯や歯周病といった「病気治療のために通うところ」という考え方がまだまだ一般的かもしれません。もちろん、治療を行うのが歯科医院の大切な使命です。しかし、治療を行うと歯や歯周組織は少なからずダメージを受けてしまいます。そのため、近年は治療よりも「予防」の重要性が指摘されています。

これまでのように、痛みなどのトラブルが生じてから歯科医院へ駆け込むのではなく、人間ドッグや健康診断のように、定期検診やメンテナンスをすることでお口の病気を未然に防ぎませんか? 健康な口腔内環境を維持できれば、入れ歯やインプラントなどの治療も必要なく、いつまでもご自身の歯で咬める快適な生活が送れます。

こんなに重要!歯の役割
歯には食べものを咀嚼するだけではなく、さまざまな大切な機能があります。健康なうちはあまり意識することはないかもしれませんが、歯を失うことでこれらの機能の大切さを身にしみて感じられる方は少なくありません。
歯科 抜歯 器具
食べ物の咀嚼
しっかり咬み砕くことで栄養の吸収を助け、胃腸など消化器官への負担を小さくします
食事を楽しくする
食べることの楽しみには「味」だけでなく「咬み応え」や「歯応え」も含まれます
異物に気付かせる
食事に異物が混入していたときに、咬みごたえで気付き体内に入るのを防ぎます
発音を助ける
舌や唇などと一緒に、発音する際に大切な役割を果たします
顔の表情をつくる
歯が失われると、表情筋が衰え顎の骨も痩せ、表情が乏しくなってしまいます
瞬発的な筋力を出す助けとなる
歯をしっかり咬みしめることで全身の筋肉のバランスが調整でき、瞬間的な力の発揮に役立ちます
歯科顕微鏡
予防治療は究極の歯科医療
日本では正しいお口の健康管理法である予防治療の知識が普及していない為に、ほとんどの患者さんが痛くなってから歯医者へ駆け込み、「歯を削り・詰める(被せる)」という対症療法を繰り返します。
その結果、抜歯・ブリッジ・入れ歯を重ねることで80歳の平均残存歯数はわずか8.9本、60%以上の方が総入れ歯になるというのが歯科医療の後進国・日本の現状です。
メインテナンスの重要性
歯を失わないための“予防”と同じくらい大切なのが治療が終わった後の良好な状態を保つための“メインテナンス”です。患者様ご自身が行うセルフケアと歯科医院で行うプロフェッショナルケアの両方が伴えば歯を失う相対リスクが約80%も下がります。健康で美しいお口の状態を保つために歯科医院でのプロフェッショナルケア=メンテナンスはとても重要なのです。  


Posted by koikenina at 13:15Comments(0)

2019年12月10日

みなさまは治療が終わったあと、また虫歯や歯周病になり、歯科医院で治療を受けた経験はありませんか?

みなさまは治療が終わったあと、また虫歯や歯周病になり、歯科医院で治療を受けた経験はありませんか?もしそういう経験があるなら、それは定期的な検診や予防処置がきちんといかされていないのかもしれません。予防歯科の重要性がお分かりの方でも、ご自分のお口のリスク(虫歯や歯周病のなりやすさ)を知らなければ、予防しようがありません。

メンテナンスについて
メインテナンスとは、私たちお口の専門家が、歯科医院で定期的に皆さんのお口のケアを行い、お口のリスクを「検査、管理、予防」することにより、そういった治療終了後の病気の再発を予防していくことなのです。予防処置ですから、お口の環境が悪くなる前に定期的に行っていくことにより、健康なお口の状態を保つことができます。
歯科 口腔内カメラ
あまり知られていないのですが、実は初期の虫歯は痛みを感じませんし、歯周病も歯が揺れてくるまで気づかないことが多いのです。ですから、痛みが出たり、歯が揺れたりして歯科医院に訪れると、予想以上に治療期間がかかることはよくあります。そのため当院では治療終了後、3ヶ月ごとのメインテナンスをおすすめし、リスクの少ない方は間隔も少しずつ長くしながら、皆様のご負担が少なくなるように進めていきます。

PMTC(歯のクリーニング)
歯科医師、歯科衛生士が専門的な器械とフッ素入り研磨ジェルを使って行う歯面清掃(クリーニング)のことを言います。歯の表面から歯と歯肉の境の溝の中(1~3mmまで)のプラーク(細菌の塊)をすべて取り除くことができます。PMTCをすることによりツルツルに磨かれた歯面はプラークがつきにくくなります。

PMTCとはお口の健康維持のための環境作りを目的とした処置です。特に、タバコのヤニや茶渋など着色が気になる方や歯周病、口臭の気になる方にお勧めです。
歯科 技工 エンジン
【PMTCの効果】
・歯肉炎、歯周病、口臭の予防
・知覚過敏、虫歯の進行抑制
予防歯科と健康
日本の平均寿命は、女性が86.83歳、男性は、80.50歳。豊かな国日本は、世界でも有数の長寿国となっています。その背景には、国民全体の栄養状態がよく、免疫力が上がり、病気にかかりにくいことや、医学の進歩、保険制度が行き届いている、などの様々な理由があげられます。日本では、厚生労働省がかかげている8020運動のように、80歳までに20本の歯を残すという歯の健康推進運動もあって、国民の歯の健康状態はよい方向に進んでいます。しかし、その反面で、高齢者人口が増え続けているので、「8020」に達していない高齢者の絶対数も増えています。高齢者の歯の状態は良くなりつつありますが、まだまだ困っている人が多いのが実状です。長寿国日本でありながらも、年をとればとるほど、自分の歯の健康が保てなくなり、自分の歯でものを噛むことに不自由を感じている人が多いと言わざるを得ません。歯に特に問題を感じていない方でも、歯はどんどん老化していきます。知らないうちに、虫歯や歯周病に罹患していたりします。そうならないよう、気軽に歯医者さんに通う習慣をつけましょう。早い段階で歯科治療を受けることにより、その後の悪化を防ぐことが出来、結果的に治療費が安くすむ場合があります。  


Posted by koikenina at 12:53Comments(0)