健康、生活 › 2019年12月12日

2019年12月12日

オールセラミックは金属を使わずに、特別な人工歯質材料(セラミック)を用いて作り上げます

セラミック治療
セラミック製の人工歯や詰め物を用いた治療で、銀歯や銀の詰め物、小規模の不正咬合や色素沈着など、審美的な問題を解決したい場合に用います。とても白く美しい歯にすることができます。

セラミックインレー
セラミックインレーとは、セラミック(陶器)の詰め物のことです。
金属の詰め物が気になる方におすすめです。ご自身の歯と同じ色で作製されるため、歯の自然な美しさに仕上がります。治療費はやや高くなりますが、詰めた部分の仕上がりが美しく、変色がないので、自然な仕上がりになります。
マイクロモーター ハンドピース 
セラミッククラウン
セラミック(陶器)のみで作られた歯のかぶせものです。金属を全く使用していないので、金属アレルギーの方も安心して装着頂けます。色調や透明感に優れているので、きわめて自然の歯に近いものを再現することができます。そのため、前歯など目立つ部分の歯の治療にも適しています。歯の色、形、歯並びなどの美しさをトータルに修復、改善できます。

審美歯科に使われる主な素材
ジルコニア
強度としなやかさ、美しさを兼ね備えた、セラミックの中のセラミックとも言える歯科材料です。オールセラミックスにジルコニアを使用することで、従来のセラミックでの強度の心配がなくなり、奥歯や複数歯の連結されたブリッジなど使用範囲が大幅に広まりました。

オールセラミック
オールセラミックは金属を使わずに、特別な人工歯質材料(セラミック)を用いて作り上げます。強度が強く色も自然に美しく作ることが出来ます。金属を一切使用しないことで、天然歯の色調、透明感を再現し、より自然な仕上がりとなります。
スケーラー 歯科
ハイブリッドセラミック
オールセラミックの場合、材質が硬すぎるため咬む力がかかる奥歯などに使用した場合、咬み合わせる自分の歯を傷めてしまうケースがあります。その欠点を改善したものが、ハイブリッドセラミックです。硬いセラミックに粘りのあるレジン樹脂を混ぜることによって、咬み合わせる歯に優しく、奥歯に適した素材になりました。

メタルボンド
メタルボンドとは金属のまわりにセラミックを貼り付けたかぶせものです。中側が金属なので強度はオールセラミックより上がります。表面はセラミックで出来ているため、自然な色合いで審美性にも優れていますが、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色や金属アレルギーが起こるケースもあります。比較的強度が必要な個所の治療に適しています。  


Posted by koikenina at 13:14Comments(0)

2019年12月12日

「銀歯が気になる」「人前で上手く笑えない」などの口元のお悩みは、心に影響を与えることがあります

「銀歯が気になる」「人前で上手く笑えない」などの口元のお悩みは、心に影響を与えることがあります。審美歯科では、金属の代わりにセラミックなどの素材を使用することで、お口元を美しくする治療を行えます。見た目の美しさはもちろんのこと、かみ合わせや使い心地も考慮し、耐久性にも優れたものをご用意しています。少し贅沢な治療にも聞こえますが、人生を豊かにすることを考えると審美歯科は決して贅沢な治療ではありません。自然な笑顔をつくれるように、患者様のご希望をお伺いいたします。
高速滅菌器
保険診療
銀歯などの一般的な被せ物・詰め物は保険診療となります
国が健康を保つために必要な治療として定めた、銀歯などの一般的な素材を使った診療です。治療費が安く済むので経済的ですが、素材や治療法が限られてしまうため、見た目や使い心地を追求することは難しくなります。

自由診療
セラミックなどの素材を使用した被せ物・詰め物は
自由診療となります
セラミックやジルコニアなど質の高い素材を使用したり、先進的な治療が受けられます。幅広く、効果的な治療が受けられるので、希望に合ったお口元をつくることが可能です。治療費は保険外となりますので高額ですが、見た目や使い心地まで追求することができます。

被せ物や詰め物にも審美性を追究しています
オールセラミッククラウン
歯の形態・方向・色、さまざまな角度から美しく作り替えることができ、口元のバランスが整うことでお顔の表情も若々しく感じられます。セラミッククラウンは種類も豊富で、歯の付け根付近まで美しく、歯肉もきれいなピンク色に保たれます。プラークがつきにくく、むし歯にもなりにくいメリットもあります。
超音波スケーラー
オールセラミックインレー
奥歯の銀歯などが目立って気になる場合や、金属アレルギーが気になるというケースに使われる詰め物です。透明性が高いため、より自然な色を再現できます。唾液の吸収がないため口臭の心配もなく、天然歯と見分けがつかないメリットがあります。

ラミネートベニア
歯の表面の一層を薄く削り取ってセラミックプレートを貼りつける、歯にやさしい修復法です。技術と豊富な経験を備えた歯科技工士との連携により、審美的にも優れた補綴物を提供します。  


Posted by koikenina at 13:01Comments(0)

2019年12月12日

「どうしたら虫歯や歯周病を防げるの?」

予防治療とは、虫歯や歯周病を未然に防いで歯や口を健康に保つ治療のことです。 予防治療とは、歯や歯を支える歯周組織が病気にかからないようにするための取り組みや歯科診療のことです。虫歯や歯周病になってから治療をすると、歯や歯周組織にダメージが残り、将来歯を失ってしまう可能性が高まってしまいます。そうしたリスクを減らすべく、定期的にご来院いただき、トラブルが起こらないように検査や予防処置を受けていただくのです。
こうして虫歯や歯周病を予防できれば、生涯にわたってご自身の歯で食事ができるようになります。
歯科用品
「どうしたら虫歯や歯周病を防げるの?」
毎日欠かさずブラッシングをしているのに、なぜか虫歯になってしまった――という経験はありませんか?
日本では95%以上の人が「毎日きちんとブラッシングをしている」と言われていますが、それでも実際には80%以上の人が歯周病にかかり、96%もの人が虫歯にかかっているのです。
これはつまり、「きちんとブラッシングをしているつもりでも、実は歯のすみずみまでキレイに磨けていない」ということです。
ブラッシングによって汚れを完璧に落とすのは、思った以上に難しいもの。歯のクリーニングのプロである歯科医師や歯科衛生士でも、しっかりと歯の汚れを落とすのに20分以上もかかります。しかし、毎回のブラッシングに20分以上の時間をかける人はなかなかいません。磨き残しができてしまうのは、当然のことだと言えるのです。
こうして歯や歯の周囲に汚れがたまっていくと、虫歯や歯周病を招くおそれが高まります。トラブルになる前に磨き残しを減らし、病気を未然に防ぎましょう。
歯科 タービン 滅菌
スウェーデンで成功をおさめた「予防治療」の考え方
北欧のスウェーデンは国を挙げて予防治療に取り組み、国民の歯の喪失本数を激減させました。今でこそスウェーデンは歯科先進国として見られていますが、予防治療が主流になる前は虫歯や歯周病にかかる人がとても多かったそうです。そこで、国全体で予防治療の考え方が取り入れられることになりました。
国民に定期的に歯科医院へ受診させる
歯のプロである歯科衛生士が磨き残し汚れを徹底的に落とす
虫歯や歯周病になりにくい生活習慣についてアドバイスする
スウェーデンで行われた予防治療の取り組みは、「全国民に対し定期的に歯科医院を受診させる」というもの。歯の病気になる前に歯医者を訪れた人には、口腔管理のプロである歯科衛生士が徹底的なクリーニングを行います。そして最後に、虫歯や歯周病になりにくい生活習慣をつくるためのアドバイスがなされるのです。
このような取り組みを3カ月に1度のペースで行ったところ、歯の病気にかかる国民はみるみるうちに減ってゆきました。ちなみに現在のスウェーデンでは、虫歯の患者数は日本の半分以下で、歯周病の患者数は日本の4分の1程度とされています。 スウェーデンでの成功によって、予防治療に取り組むことで虫歯や歯周病を未然に防げることが実証されました。虫歯や歯周病にならないためには、病気になる前の定期的な受診が重要なのです。当院ではこういったスウェーデンの方式にならった予防治療で、皆さまのお口の健康を守っています。  


Posted by koikenina at 12:38Comments(0)