健康、生活 › 2019年12月13日

2019年12月13日

【審美歯科】とは歯の機能の回復・改善ではなく、審美=見た目に重点を置いた治療を提供する歯科治療です

【審美歯科】とは歯の機能の回復・改善ではなく、審美=見た目に重点を置いた治療を提供する歯科治療です。
保険診療(健康保険証の範囲内)で行う歯科治療では、歯の機能の回復・改善がメインとなり、治療前よりも見た目が悪くなることがあります。審美歯科では、自由診療(健康保険証の範囲外)の治療を行うことで、審美面を改善する治療を受けることができます。また審美面を回復することで機能の面でも保険診療よりも良い効果を期待することもできる、メリットの多い歯科治療なのです。以下のような方には審美歯科をおすすめします。
高圧蒸気滅菌器
銀歯の光沢が気になる
銀歯が持つ金属特有の光沢が気になる方は、審美歯科で白い詰め物に替えることで自然な見た目・仕上がりを実現できます。

歯の色を白くしたい
歯の色は年齢の経過によって黄ばんだり黒ずんだりするものです。審美歯科では歯を白くしたり、セラミックを用いたりすることで、歯を美しく見せることができます。

きれいな歯を長持ちさせたい
保険診療による詰め物や義歯は年月の経過によって素材自体が劣化したり、周囲の歯茎を変色させたりします。審美歯科ならそういったことが起こらない素材を使い、きれいな歯を長持ちさせることができます。

白く美しいセラミックの詰め物・被せ物
セラミック
セラミックとは陶器のことで、審美歯科では主にこの素材を用いた治療を行います。セラミックは金属に比べて見た目が美しく、口内において白く自然な仕上がりを実現できます。
根管長測定器
ラミネートベニア
歯の形をした薄いセラミック(ベニア)を歯の表面に貼り付けるのがラミネートベニアです。この治療法ではベニアを貼るために、必ず歯を薄く削ることになります。通常のホワイトニングでは効果を期待できないときに行われる方法です。

メタルボンド
「メタルボンド」は金属の土台の上にセラミックが張りつけてあるものです。金属が用いられているため強度はありますが、透明感は全てがセラミックでできている「オールセラミック」には劣ります。  


Posted by koikenina at 13:17Comments(0)

2019年12月13日

口の中には、たくさんの細菌が常在しています。 それが歯の表面に付着してかたまり、プラークとなります

日本人が歯を失う理由の70%以上はむし歯と歯周病ですが、最大の原因はこのプラークなのです。細菌が出す酸に唾液中のカルシウムなどが付着して石のように固まったものが歯石です。 歯石は歯磨きだけでは取り除くができません。

しかし歯磨きをしていれば、細菌の数を減らすことができます。 食後にきちんと歯磨きをうことで、虫歯や歯周病は確実に予防することができるのです。予防歯科とは、自分で行うセルフケアと歯科医院でのプロフェッショナルケアを組み合わせて、 むし歯や歯周病を予防することです。歯科では、適宜、う蝕関連細菌や歯周病菌の検査を行い、リスクの測定をした上で、患者さん個々の予防プランをたてて虫歯・歯周病の予防に努めています。
スケーラー 歯科
プロフェッショナルケア
自分でのケアもちろん、歯科医院でケアを併用することでさらなる予防効果が期待できます。とくに口の中に問題がなくても歯科医院に足を運び、むし歯や歯周病の予防に努めることが大切です。

クリーニング
超音波スケーラー(振動で汚れを落とす機械)やハンドスケーラー(手用の器具)を使い、 むし歯や歯周病等の原因となる、プラークや歯石を除去します。部分的なクリーニングであれば1日で終わりますが、数回に分けて行うこともあります。歯の表面に付着した汚れはクリーニングだけできれいになりますが、 その汚れだけを取り除く処置なので、もともとの歯の色が変色している場合は、 クリーニングだけで白くなることはありません。
エアーモーター
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)
歯科医師や歯科衛生士が専門的な機械とフッ素入り研磨ジェルを使って行うクリーニングです。歯の表面から歯と歯肉の境の溝の中(1〜3mmまで)のプラークを取り除くことができ、 さらに、磨き上げられた歯の表面はプラークがつきにくくなります。 むし歯の進行、歯肉炎、歯槽膿漏、口臭、知覚過敏などの抑制や予防に効果があり、 口腔内の健康を維持を目的とした処置といえます。
  


Posted by koikenina at 12:56Comments(0)

2019年12月13日

歯科医院で行うホワイトニングのことで、歯の表面に薬剤を塗って、LEDライトの光を当てる方法です

ホワイトニングを始めてみませんか?
「ホワイトニング」とは、歯を削らずに歯の中から白くする方法です。
白く透明感のある歯は口元をきれいに見せ、気分が明るくなったり、お話しするときの自信につながります。しかし、白い歯を保つのは非常に難しいことです。歯のくすみや黄ばみは、お茶・コーヒー・ワインなどの色が濃い飲み物や食べ物の色素が歯の内部まで染み込むことや、年齢とともに自然と色素沈着されていくことで発生してしまうからです。

このように、変色してしまった歯を白くし、透明感を出すには「ホワイトニング」がおすすめです。ホワイトニングは普段のブラッシングや歯科でのクリーニングでは取り除けない歯の着色を色素分解して落とし、歯の明度をあげて白くすることができます。
ホワイトニングの治療法は、2種類あります。
① 歯科医院で歯の表面に薬剤を塗って光を当て、歯の中の色素を抜く「オフィスホワイトニング」
② 自宅で、マウスピースとホワイトニングジェルを使って行う「ホームホワイトニング」
エアーモーター
オフィスホワイトニングとは
歯科医院で行うホワイトニングのことで、歯の表面に薬剤を塗って、LEDライトの光を当てる方法です。
1回の施術で白くなる即効性があるため、短期間で歯を白くしたい方におすすめです。
オフィスホワイトニングの流れ

STEP1 口腔内チェック
口腔内に虫歯や歯周病などの疾患や、健康状態に問題がないか健診を行います。
もし、虫歯、歯周病が見つかった場合は、治療完了後にホワイトニングを始めます。

STEP2 口腔内清掃
歯石取り、着色落とし等を行います。
着色汚れを落とすだけでも歯が明るく見えるようになります。この段階でご満足いただけましたら、ホワイトニングを行わないことも可能ですのでお申し出ください。
ニッケルチタンファイル
STEP3  ホワイトニング施術開始
ご希望の色味に向けて施術を行います。

STEP4 メンテナンス
その後の歯の色味や口腔内の状態を確認するため、施術後1年以内にメンテナンスにお越しください。  


Posted by koikenina at 12:16Comments(0)