健康、生活 › 2019年12月16日

2019年12月16日

歯周病が進行すると歯茎の腫れがひどくなり、歯と歯茎の間に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができます

歯周病とは、歯を支えている歯肉(歯茎)や歯槽骨に起きる病変で、以前は、「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼ばれていました。むし歯と違って痛みはありませんが、進行すると歯茎が腫れる、口臭がひどくなる、歯がぐらつく、などの症状が現われ、やがて歯が抜け落ちてしまいます。

原因
歯周病の原因は、むし歯の原因と同じくプラーク(歯垢)です。歯茎の周りにプラークがたまり、プラークが細菌に感染することによって歯肉が炎症を起こして腫れ、歯肉炎を起こします。プラークは歯肉炎だけでなく心臓病や動脈硬化との関わりがあるとも言われています。

歯周病が進行すると歯茎の腫れがひどくなり、歯と歯茎の間に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができます。また、炎症が歯槽骨や歯根膜まで及び、歯茎から膿が出たり、歯茎がやせて下がってきたり、歯がぐらついてきたりします。歯周病がさらに悪化すると、歯槽骨が溶けて歯のぐらつきがひどくなり、食べ物が噛むことができなくなって、最後には歯が抜け落ちてしまいます。
ホワイトニング装置
治療と対策
歯周病対策で重要なことは、日常の歯磨きを効果的に行うことです。毎日のブラッシングで、歯石の元となる歯垢を残さないようにしましょう。また、歯周病の治療後も定期的なメンテナンス(歯石除去やクリーニング)が重要です。3か月に一度は受診されることをオススメします。

スケーリングと呼ばれる「歯石」を取る治療と歯のクリーニングが基本です。歯科医師や歯科衛生士がスケーラーと呼ばれる専用機器を用いて行います。当院では一般的な「ハンドスケーラー」をはじめ、「音波スケーラー」や「超音波スケーラー」も備えて治療にあたっています。

歯周病を放っておくとどうなりますか?
歯周病は、虫歯のような痛みやしみを感じないので放置しがちですが、そのままにしておくと、最終的には歯茎やアゴの骨が溶けて、取り返しのつかないことになり、最終的には歯が揺れて抜けてしまうことになります。
スケーラー 歯科
虫歯と歯周病は何か関連していますか?
いいえ。むし歯は歯の病気で、歯周病は歯周組織の病気、つまり歯を支えている骨が痩せていく病気で、原因となる菌も進行も異なります。ただし、不十分なブラッシングや食生活が影響しているという意味では関連があるとも言えますね。
  


Posted by koikenina at 16:56Comments(0)

2019年12月16日

初めて入れ歯を使うという方は、最初のうちは食事や会話に苦労されると思います

入れ歯
初めて入れ歯を使うという方は、最初のうちは食事や会話に苦労されると思います。しかし、だからと言っていればを装着しないでいると入れ歯が合わなくなってしまったり、お口の中にも様々な悪影響を及ぼしてしまうことになります。なるべく早く快適な生活を送れるようになるためにも、入れ歯に慣れることはとても大切です。
電気歯髄診断器
外れにくい入れ歯にしたい、もっと快適にリラックスして食事が出来るようにしたい、目立たない入れ歯にしたいなど、患者様のご要望によっては、保険適用外になりますが材質を変えたり、インプラントや磁石と併用することで機能性と快適さを向上させた入れ歯もあります。

ブリッジ
歯が無くなってしまった部分の両隣の歯を支えにして装着する被せ物のことをブリッジと言います。お口の中の状態、支えとなる歯の状態によっても異なりますが、一般的には歯が無い部分が少ない場合にブリッジが選ばれることが多いです。

入れ歯のように取り外して手入れする必要もないブリッジはとても手軽ですが、ブリッジを支える歯に虫歯などがなかったとしても被せ物をかぶせるために削る必要があるなど、支えになる歯の負担が大きいのがデメリットとなっています。支えとなる歯のチェックは定期的に行うようにしましょう。
歯科口腔内カメラ
ブリッジのメリット
保険が適用される
固定式のため違和感が少ない

ブリッジのデメリット
残っている歯の本数・強度や位置など、お口の中の状態によっては適用出来ない場合もある
支えになる両隣の健康な歯を削らなくてはならない
支えになる歯に負担がかかってしまう
歯が抜けた部分の骨が徐々に痩せていってしまう場合がある  


Posted by koikenina at 16:23Comments(0)

2019年12月16日

虫歯や歯周病などで歯を失った方に対する治療を行います

虫歯や歯周病などで歯を失った方に対する治療を行います。入れ歯、ブリッジ、移植、インプラントなど方法は様々です
部分入れ歯は、保険が適用!
入れ歯は、保険が適用され、治療が早く終わる為、安く、早く治療したい。という方にはおススメです。
メリット
ブリッジでは適応できないような大きな欠損に有効です。
健全な歯を削らずに補うことができます。
(削る代わりにバネで固定します。)
取り外しができるので手入れが簡単です。
保険が適応されます。
(保険外の場合もあります。)
光照射器
デメリット
バネによる歯への負担が大きくなります。
咬む力が健康な状態に比べて30%~40%くらいになります。
取り外しができるので手入れが簡単です。
取り外して手入れをする必要があります。
口の中で動きやすく、痛みが伴うことがあります。
食べ物が挟まって口の中が不衛生になりやすいです。
発音しにくい場合があります。
違和感があります。
審美性に欠けます。
オートクレーブ 歯科
ブリッジは、保険が適用!
ブリッジとは、歯が抜けてしまった場合に、両隣りの歯を削って土台を作り、
橋渡しをするように人工の歯を入れて欠損部分を回復するものです。安定するので噛みやすいのが特長です。
メリット
違和感が少ない。
健全な歯を削らずに補うことができます。
(天然歯の約60%)
歯と歯をつなぐ事によって、
噛む力を分散させることが出来る。
安価。(保険適用の場合)
デメリット
土台となる健康な歯を削ってしまうので、土台の歯の寿命が短くなる。
土台となる健康な歯がない場合には、ブリッジが出来ない。
保険のブリッジの場合には、変色しない材料が使えない。
保険のブリッジの場合には、前から3番目の歯までにしか白い材料が使えない。(前から4番目以降の歯は金属の歯になる)
保険外のブリッジの場合には、変色しない材料や奥歯に白い材料が使えるので見た目が良くなるが、治療費が高くなる。
歯周病などで歯ぐきが下がっている場合には、見た目の回復が困難な場合がある。  


Posted by koikenina at 15:58Comments(0)