健康、生活 › 2019年12月30日

2019年12月30日

虫歯は、進行度合いによってC1~C4に分類されます

C1
歯の一番外側のエナメル質が侵された状態。 (痛みなどの自覚症状はありません。歯の表面にツヤがなく、ときに薄い茶褐色になる。)
C2
虫歯が象牙質まで達し、穴があいている状態。(冷たいもの、熱いもの、甘いもの、すっぱいものによって痛みを感じます。茶褐色や黒っぽくなっています。)
C3
歯髄まで侵され、大きな穴があいた状態。(ズキズキと刺すような、特有の痛みがある。)

C4
歯肉から上の部分(歯冠 )はほとんどなくなり、根(歯根)だけが残された状態。(普通は抜歯になる。痛みはなくなり、神経は完全に死んでいる。)C3・C4の段階になると,歯根の先の炎症を起こした部分に膿がたまります。ときには、この膿の中の細菌や毒素が、血液などに感染し、血管をとおって全身に運ばれ、関節炎やリュウマチ性疾患、腎炎、心臓病、血液疾患、皮膚病などの病気を引き起こします。最悪の場合、敗血症を併発し、死亡することがあります。たかが虫歯1本と侮ってはいけません。虫歯になっても早めに適切な治療を受け、早期発見、早期治療を心がけてください。

どうして虫歯ができるの?
歯を磨いても、なぜ虫歯になってしまうのでしょう。
人によっては、まったく磨いていないのに「虫歯は一本もないよ。」という人もいます。
虫歯菌が、生後10ヶ月~31ヶ月くらいの間に、保護者(主に母親)から感染するのが原因です。
歯科ハンドピース滅菌
保護者の口の中に、大量のミュータンス菌がいると、より効率良く感染していきます。
その時、砂糖をたくさん摂った場合、更にミュータンス菌は、より大量に歯面に定着していきます。いったん口の中に大量のミュータンス菌が感染すると、歯磨きをしたくらいでは、菌量を減らす事は出来ません。ミュータンス菌の表面には螺旋状の突起物があり、それが歯の表面にねじ込むようにして、歯に張り付いてしまう為です。ミュータンス菌などの細菌が集合体を作り、歯の表面に形成された膜を、バイオフィルムといいます。

虫歯になる4条件
虫歯になりやすい質の歯、歯垢をつくりやすい糖分、虫歯菌(ミュータンス菌)、
時間の経過、
根管長測定器
虫歯になる4条件を取り除く
虫歯の原因はわかっていますから、この4条件を解消することがそのまま予防につながります。歯垢は毎日の正しいブラッシングで取り除き、セルフケアではとれない部分は歯科医院で取り除きます。あとはあなたが、毎日の生活の中でこれら4つのリスクを減らす努力をしていけば、虫歯の引き金が絶たれ、良い結果に結びつくでしょう。虫歯ができる原因を知り、予防を心がけることが大切です。あなたの少しの努力でいつまでも健康な歯を守ることができます。  


Posted by koikenina at 17:06Comments(0)

2019年12月30日

そこで、定期的に受けていただきたいのが「PMTC*」という、プロによる口内のクリーニングです

予防歯科とは、虫歯や歯周病を未然に防ぐための治療を指します。
虫歯や歯周病は再発しやすい病気で、治療を繰り返していくことで最終的には歯の寿命を縮めてしまいます。治療は身体への負担はもちろん、時間も費用もかかります。

「痛くなったら行く」「治療が終わったら終わり」ではなく、虫歯や歯周病にならないようにしっかりと予防していくことが重要です。歯科医院では予防治療として、正しい歯みがきや食生活の「セルフケア」の指導と、クリーニングなどの「プロフェッショナルケア」を組み合わせて行っています。
歯科用コンプレッサー
クリーニングの必要性について
「毎日、歯磨きをしているのに虫歯・歯周病になってしまう」というお悩みをお持ちの方はいませんか?実は、しっかり歯磨きをしていると思っていても、歯周ポケットや歯の隙間に溜まったプラーク(歯垢)が取りきれずに放置されている場合があります。プラークを取り除くまでに限られた時間は、わずか24時間。その時間を過ぎてしまうと、虫歯や歯周病、歯槽膿漏などを進行させてしまいます。

そこで、定期的に受けていただきたいのが「PMTC*」という、プロによる口内のクリーニングです。歯磨きだけでは落としきれないプラークや歯石を専用の機械とプロの技術で落としていきます。痛みは全くなく、むしろお口の中がさっぱりして気持ちがよくなります。口内疾病の予防から審美の向上も期待できますので、ぜひ定期的な受診をおすすめします。
根管治療機器
PMTCの効果(メリット)
セルフケアでは落としきれない汚れ・着色の除去ができます
PMTCは歯質の強化や口内疾病の予防、審美性の向上に期待ができる治療です。歯磨きでは落としきれないバイオフィルム(細菌の固まった膜)を破壊して、見えない箇所についていたプラークを落とし切ります。同時にタバコのヤニやコーヒーなどに着色している色素も取り除き、白く美しい歯に磨き上げます。

さらに、研磨剤にはフッ素*を配合しているものを使用するため、歯そのものの歯質も強化していきます。仕上げに歯の表面に歯質と同じ成分のトリートメントを塗布することで、舌感も優れた歯に仕上げることが可能です。自分の目では届かないところを細部までクリーニングさせていただきますので、完了後は口の中に風が通るような感覚を味わっていただくことができますよ。  


Posted by koikenina at 16:32Comments(0)

2019年12月30日

PMTCでは、歯のヤニや汚れを落とすことができるため、見た目の改善も期待できます

「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略で、一般的には「予防歯科プログラム」のことを指します。
予防であるため、虫歯などになってから治療を開始するというものではなく、虫歯などにならないように行う口腔内のクリーニングです。歯磨きは多くの人が毎日欠かさず行っている習慣ですが、個人の歯磨きだけではなかなか落とせない歯の汚れもあり、PMTCでは歯科衛生士が特別な機器を用いて、その汚れを落とします。

そのため、虫歯の予防はもちろんですが、歯の見た目も美しくする効果が期待できます。
毎日丁寧に歯を磨いている場合であっても、100%の汚れを落とすことはできず、およそ90%程度が個人の歯磨きで落とすことができる限界だと言われています。残ってしまった10%の汚れは、「バイオフィルム」と呼ばれ、その付着力はかなり強力で、個人が自宅で取り除くことはほぼ不可能です。
根管治療機器
さらに、このバイオフィルムは、1日あたり80倍~800倍に増殖すると言われています。
そのため、しっかり磨いているつもりでもわずかな磨き残しから虫歯になってしまうということも十分考えられます。そのためPMTCでは、歯科衛生士、いわば歯の清掃のプロが特別な機器を使い、このバイオフィルムと呼ばれる汚れを落とします。毎日の歯磨きに加えて、このPMTCを行うことによって、しっかりとした虫歯予防をすることができます。
根管長測定器
PMTCは虫歯の予防以外の効果も
PMTCでは、歯のヤニや汚れを落とすことができるため、見た目の改善も期待できます。
その他、磨き残しによる口臭の予防、フッ素の塗布による歯垢の付着防止、歯質の強化など、さまざまな効果ももたらすことが可能です。そのため、PMTCは歯や口腔内の衛生面、健康面を考えるならば欠かせないものだと考える方も増えています。  


Posted by koikenina at 16:03Comments(0)