健康、生活 › 2020年01月06日

2020年01月06日

笑顔は、あなたらしい美しさをアピールするのです。それなのに、自分の口元に自信がもてなかったとしたら・・・

虫歯治療や歯周病治療により健康な歯を保つだけでなく、健康な歯+α(エステティックな要素)を重視して理想的な歯の色調や形態を回復するための治療を行います。
審美歯科では現在の保険診療では適応されていない審美性の高い素材を使用し「健康な歯から見せる歯へ」そして笑顔に自信の持てる口元を目指します。歯は体の一部として長期間にわたり口の中で使用するばかりでなく、顔の一部として表情からその人の印象を決定する大きな要素です。美しいスマイルは、人に対してさわやかで、清潔で、明るいイメージを与えます。
歯科 超音波スケーラー
口元にコンプレックスを感じて、思いっきり笑えなかった方が歯並びや歯の色を変えてあげることで、コンプレックスがなくなり素敵な笑顔になります。 歯や口元のコンプレックスをなくすことにより、見た目のイメージを左右するだけでなく、精神面まで変えることができるのです。審美歯科では一人でも多くの方が、「きれいで素敵な口元」を手に入れて頂きたいと願っております。

ホワイトニング
笑顔は、あなたらしい美しさをアピールするのです。それなのに、自分の口元に自信がもてなかったとしたら・・・。
あなたは、本来の魅力を発揮できていないのかもしれません。笑顔の印象を左右するのは、そう、口元です。
歯を白くするには
歯を削らずに白くする方法
歯を削ってセラミックを使用する方法
2種類がありホワイトニングは歯を削らずに白くする方法のことです。ホワイトニングには
ホームホワイトニング
オフィスホワイトニング
失活歯漂白術
以上の3種類があり歯の着色の原因により適した治療法を選びます。
歯の着色の原因
日常の生活習慣(飲食・喫煙・磨き残しなど)により歯の表面に色素が沈着した状態のもの。
内因性の着色
生まれつき歯の色が黄色い、先天性の原因で歯が変色しているもの。
外傷・歯科治療による変色
歯をぶつけて神経が死んだり、虫歯のために神経治療をすると歯の血液循環が失われ、徐々に変色を起こす。
また金属で虫歯を治したところが変色する。
年齢的な変色
若年者に比べ年齢と共に歯は黄色くなってきます。これは歯の表面にあるエナメル質が磨耗して薄くなるのと、内部の象牙質の色が濃くなるためです。
マイクロスコープ 歯科  


Posted by koikenina at 16:34Comments(0)

2020年01月06日

歯周病基本治療(歯科医院でのプロフェッショナルケア)

スケーリング(歯の周囲のクリーニング)
歯の周囲のバイオフィルム(歯垢や歯石)をきれいに除去します。
歯にこびり付いた歯石は歯みがきでは除去できません。
健康な状態を維持するには歯科医院での定期的なPMTC(歯のクリーニング)が必要です。

ルートプレーニング(歯根面のクリーニング)
歯周ポケット内の歯根面に付いたバイオフィルムや歯周病菌に侵されたセメント質、象牙質を除去します。
その後、バイオフィルムの再付着を防ぐために、歯根面を滑らか(滑沢)な状態にします。
歯科用品
TBI(歯みがきの説明)
歯科医院でどんなにお口の中をきれいにしても、ご自宅でのケアが疎かでは治療自体が無意味になってしまいます。
歯みがきの欠点を見つけ、お口の状態にあった正しい歯みがき法を説明します。

歯周病外科治療(重度の歯周病の場合)
歯周病が進行している場合は、歯槽骨の破壊(吸収)を抑えるための外科的治療をおこないます。
歯周ポケット掻爬(そうは)術・フラップ手術・歯肉切除術など、検査結果に基づいた適切な治療をおこないます。

歯周病応急処置(重度の歯周病で初めて来院された場合)
歯がグラグラのままでは日常生活に影響します。大切な歯が抜けてしまうことも考えられます。このような場合は応急的に隣の歯に固定する処置(暫間固定)をします。
周囲の歯への影響を考えて抜くこともあります。
歯科 スケーラー
歯周病から歯を守る定期健診
歯周病の予防でもっとも大切なことは、ご自宅での正しいお口のケア(セルフケア)です。
しかし、ご自宅でのケアのみで治療後の状態を保つことは難しく、お口の中は日を追うごとに徐々に汚れていきます。

定期健診は患者様のお口の健康維持をお手伝いする治療です。
ご自宅ではきれいにできない汚れを落とし、治療後のきれいなお口の環境に戻す治療が定期健診です。
PMTC(歯のクリーニング)
PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)は歯科医師や歯科衛生士がおこなう専門的なお口のクリーニングです。歯周ポケットなど歯みがきができない部分をきれいにするPMTCは歯周病予防には最適な治療で、口臭や歯の着色(黄ばみ)などを改善する効果もある、さわやかな気持ちの良い治療です。  


Posted by koikenina at 16:15Comments(0)

2020年01月06日

歯本来の機能を生かしつつ、審美性を重視し、自然で美しい口元へと改善するための歯科治療です

着色や黄ばみを取り除いて歯をさらに白くするホワイトニング、銀色で目立つ被せ物を白く目立たなくするセラミッククラウン、ちょっとした前歯のデコボコや隙間に、セラミック製の薄片を貼り付けて見た目を整えるラミネートベニアなどを行ないます。 さまざまな方法のなかから、患者様のご要望に合った方法をご提案させていただきます。

口元の美しさは、第一印象に大きな影響を与えます。アメリカでは、若い女性だけではなく多くの人が審美歯科の治療を受けており、身だしなみの一つとされています。 しかし、審美歯科は見た目の美しさを作るだけではありません。正しい歯並びやかみ合わせは、歯の機能を正常化させます。つまり、審美歯科は、美しく、かつ、健康な歯にする治療方法なのです。 また、口元にコンプレックスをがあると、人前でなかなか自然な笑顔を作れません。 美しい口元は若さと自信を与え、気持ちを前向きにさせます。

歯のホワイトニング
歯が黄色い、歯の色が気になる、このような歯の色に対する悩みは多々あると思います。 従来歯を白くするためには、歯を削って覆い隠す方法が一般的でした。しかし、この方法は歯にとって非常に負担をかけるため、最近では歯に負担をかけずに歯を白くする(ホワイトニング)が、経済的負担も少なく最良の方法ではないでしょうか。欧米では変色歯の治療だけではなくエステティックまで、このホワイトニングが大ブレイクしています。 別名ブリーチング、ブリーチと呼ぶこともあります。
歯科器具
ホームホワイトニング
この方法は医院で貴方の歯型から専用のマウスピースを作り、自宅にて専用の溶液を用いて行います。この方法ですと、夜寝ている時間を利用して、マウスピースをお口に装着し、約2週間続けることで自然な白い歯になります。 ホワイトニング溶液の成分はもともとお口の中の消毒に使われていたもので、その安全性についてはFDA(アメリカ食品医薬品局)、ADA(アメリカ歯科医師会)でも認められております。
マイクロスコープ 歯科
ホームホワイトニングの注意事項
オフィスホワイトニング用の溶液よりも刺激の弱い溶液ですのであまり歯が凍みるようなことはありません。もし歯が凍みるような場合があれば、マウスピースをはずせば痛みはなくなります。
一度白くなった歯は永久に白いままではありません。ホームホワイトニングは元の色調への後戻りが少ないため、半年に1度は検診にお越しください。もし、必要であれば、溶液だけを医院で購入していただき、ご自分のマウスピースで1~2日行なえばもとの白い歯に戻ります
ホームホワイトニングでは人工の歯や、かぶせた歯を白くすることはできません。  


Posted by koikenina at 15:51Comments(0)