健康、生活 › 2020年01月20日

2020年01月20日

歯ぐきから血が出る。歯ぐきがはれる。歯と歯の間に隙間ができる。歯ぐきが痛む

歯周病は、歯周病を引き起こす細菌によって引き起こされる感染症で、歯肉の炎症から始まり、放っておくと、やがては炎症が深部にまで進行して、歯を支えているあごの骨(左図:「歯槽骨」)が破壊され溶けてなくなり、最後には歯が抜けてしまうという病気です。自覚症状がほとんどなく、歯槽骨の中でじわじわと静かに進行して行くため、「沈黙の病気」(サイレント ディージス)と言われています。 歯を失う原因のほとんどが、むし歯とこの歯周病で、30代後半を過ぎると最大の原因になっているのが現実です。
歯科 タービン 滅菌
歯周病:おもな症状
歯ぐきから血が出る。歯ぐきがはれる。歯と歯の間に隙間ができる。歯ぐきが痛む。
歯ぐきがむずがゆい。歯が浮いたような感じがする。以前より歯が長くなったように思える。歯がぐらつく。口の中がねばつく。口臭がする。
歯周病:発症や進行要因
年齢や体質。
ホルモンバランスの乱れ。糖尿病。疲労や病気による抵抗力の低下。喫煙。
ストレス。
習慣的な偏食。
不規則な生活。
歯科検診を受けない。
歯垢・歯石の蓄積。
噛み合わせの不具合。
歯並びや歯の形態。
歯ぎしり・食いしばり。
歯科器材
ここでも、やはり噛み合わせの不具合が、歯周病を悪化させる要因の一つになっています。
噛み合わせが悪いと、歯に当たる力が偏ってしまい、歯や歯槽骨(歯を支えている骨)に余分な負担がかかり、歯周病を悪化させる原因となってしまいます。睡眠中の歯ぎしりや食いしばり癖も、同様です。歯周病は、最終的には大切な「歯」を失ってしまう、とても恐ろしい病気なのですが、適切な治療によって進行をくい止めることができます。また、正しい知識を持っていれば、予防することもできるのです。  


Posted by koikenina at 13:05Comments(0)

2020年01月20日

大人になってからでも矯正治療はできますか?

健康で文化的な生活を送ることは、現代人の誰もが希望することです。そして私たちは健康であるととも に、常に美しくありたいと思っています。健康的な美しい笑顔はその人だけでなく、周りの全ての人をHappyにすることでしょう。すてきな笑顔を作る上で 歯ならびの美しさの重要性は言うまでもありません。

矯正治療とは、歯ならび、さらに口もとや顔の形を整え、上と下の咬み合わせを良くすることによって食べ物をよく咬めるようにすることを目的とする医学です。歯が正しく咬み合わないために、食べ物がよく咬めず、胃や消化器官の負担を大きくします。

また、乱れた歯ならびは歯の清掃もできにくいため、むし 歯や歯ぐきの病気にもなりやすくなります。さらに歯ならびの悪いことは発音にも関係し、心理的な負担となることもあります。矯正治療は、この様な障害を取り除き、精神的にも肉体的にもあなたの健康を一段と増進させるために行われます。
歯科用品
大人になってからでも矯正治療はできますか?
健康な歯と歯肉であれば可能です。
近年大人の矯正が非常に増加しています。目立ちにくい装置もありますので、お気楽にご相談ください。

むし歯や歯周病にかかっていても矯正できますか?
矯正をする前に検査をして、むし歯や歯周病がある場合は治療をすべて済ませてから矯正治療をはじめていきます。

矯正治療中は痛くないですか?
矯正は弱い力で少しずつ歯を動かして治療します。装置によっては少し痛い場合もありますが、3~4日程で痛みはなくなり日常生活にはほとんど影響がありません。
エアーモーター
歯を抜かないと治療できないのですか?
歯と顎の大きさの不調和が著しいときは、歯を抜くほうが望ましいです。しかし、顎の成長が期待できる子供の場合、歯を抜かずに治療できる可能性が高くなります。  


Posted by koikenina at 12:47Comments(0)

2020年01月20日

歯周病は、おもに歯肉が歯に接する付近に存在する歯垢中の細菌が原因で進行します

歯肉と歯の間にできたポケットといわれるスペースが歯周病が進行するにつれ深くなり、細菌の増殖する空間が増え、歯肉を腫らし骨を溶かし、 やがて歯は抜けてしまいます。歯周病はその進行の程度により、いくつかの治療が適応されます。

基本治療
この療法は、ほとんどの歯周病に対する基本的な治療です。ポケットの深さを測定し、歯垢、歯石の除去を行います(スケーリング&ルートプレーニング、ブラッシング)。スケーリングは歯の表面や根の表面の歯垢歯石を器械で取除く事です。ルートプレーニングは歯の表面がざらざらしたり、歯石で満たされていたり、毒素や微生物で汚染された表層を除去する方法です。このことにより、歯周組織が改善され、ポケットの深さが浅く(2~3mm)維持されればメインテナンスに移行します。
歯科材料
外科治療
基本治療で一部ポケットの深さが改善されず、ポケット内で細菌が生息し、ブラッシングで除去できない状態や、歯周病の進行が進んでしまった状態に対して外科的にポケットの深さを減少させる手術があります。
また、特殊な材料を用いて部分的に失われた骨を再生させる手術を行う場合もあります。手術はそれぞれの病態にあった方法が適応されます。ポケットが改善されれば、メインテナンスに移行します。

歯周病のメインテナンス
歯周病の再発防止と健康の状態を維持してゆくために、定期的に検査と予防処置を行うことが必要です。歯周病のチェックと専門家による歯垢、歯石の除去などのクリーニングを行う事が何よりも重要です。 どのような治療をたどっても、行着く先はメインテナンスになります。歯周病とは、歯の周りの歯ぐき(歯肉)や、歯を支える骨などが破壊される病気で、 かつては歯槽膿漏と言われていました。

歯と歯ぐきの境目(歯周ポケット)に細菌が入り、歯肉が炎症を起こし赤く腫れて、ブラッシング時に出血します。 しかし、痛みは全くありません。さらに進行すると、歯肉の中にある歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けて、膿が出たり歯がグラグラしてきます。この時期になると、やっと痛みや腫れをともないます。
生体情報モニター
そして、最後には歯が抜けてしまいます。その理由として、初期の段階では虫歯のように歯に穴があいたり、痛くなったりと言ったはっきりとした症状が現れにくく、 かなり進行しないと、痛みや腫れと言う自覚症状が現れないからです。

さらに、日本人には歯の定期検診を受ける習慣があまりないこと、また歯周病を確実に治療できる歯科医が残念ながら 非常に少ないことなどが考えられます。一生自分の歯で噛むためには、むし歯の予防と同時に歯周病の予防と適切な治療が大切なのです。 
次のことも歯周病を進行させる因子となります。
  


Posted by koikenina at 12:25Comments(0)