健康、生活 › 2020年03月09日

2020年03月09日

虫歯とは歯垢に潜むミュータンス菌が出す酸によって歯が溶ける疾患です

虫歯とは歯垢に潜むミュータンス菌が出す酸によって歯が溶ける疾患です。そのまま放置すると痛みを伴い、最終的には歯を失ってしまいます。
虫歯の進行は以下のように進んでまいります。

フェーズ0 初期の虫歯
酸によって歯が少し溶け、白濁化した状態です。自覚症状はありません。
再石灰化によって自然治癒するケースもあるので、安易に削らず様子を見ることもあります。
患者さんによっては虫歯の進行を止めるお薬を塗布することもあります。
エアーモーター
フェーズ1 エナメル質の虫歯
さらに歯が溶け、穴が空いてきます。表面が黒や茶色になってきますが、痛みなどはありません。
虫歯部分を削る治療を行います。

フェーズ2 象牙質の虫歯
そのまま下の象牙質に進んでいくと、歯の再石灰化が不可能な状態となります。冷たい飲み物がしみたり、噛んだ時に痛みを伴います。
虫歯を削り、詰め物を入れる治療を行います。
歯科 ユニット
フェーズ3 神経の虫歯
さらに進行すると、虫歯は神経まで達します。そうなると常に痛みを伴います。
神経を除去し、被せ物を装着する治療を行います。(根管治療)
※場合によっては神経を除去しないこともあります。詳しくは次回以降のブログで紹介します。

フェーズ4 歯根の虫歯
神経のさらに奥まで進行した状態です。膿が溜まることで痛みを伴います。
そうなると抜歯となり、インプラントや入れ歯を装着する治療を行います。  


Posted by koikenina at 16:58Comments(0)

2020年03月09日

歯肉のマッサージ効果も期待できます。

プロのクリーニングを受けたことはありますか?
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)というのは、歯科医や専門の歯科衛生士などが行うお口の清掃プログラムのことです。
歯や歯肉の清掃を専門の器具を使って丁寧に行いますから、予防効果が高いだけでなく、とても気持ちがいいものです。痛みなどはまったくありません。
PMTCの流れ
体験してみよう プロによる歯みがき
1.歯や歯肉の状態をチェック
歯垢や歯石の付き具合、歯ぐきの状態などをチェックします。その方の状態にあった道具や研磨粒子などを選びます。染め出しなども場合に応じて行ないます。
歯科 光照射器
2.歯と歯の間をきれいに
当歯科クリニックでは、まずクイックジェットクリーナーを使用してステイン、歯垢、たばこのヤニなどを除去します。通常の方法で行うより約半分以下の時間で綺麗にクリーニングする事が出来ます。研磨剤と円錐形のゴムチップで歯と歯のあいだを磨いていきます。
歯肉のマッサージ効果も期待できます。

3.歯と歯肉の間、歯の表面をきれいに
歯の表面のでこぼこをなくすため、ゴムのカップ状の器具で磨きます。
研磨剤は、粒子の粗いものから使い細かくしていきます。

4.研磨剤の洗浄、フッ素ジェルの塗布
研磨剤を落とした後、知覚過敏やむし歯予防のためにフッ素を塗ります。
超音波スケーラー
もちろん!プラークコントロール(歯の汚れの除去)にはセルフケアも必要
ご自身による歯磨きは何といってもプラークコントロールの基本です。
歯の健康を維持するためには、歯磨き(セルフケア)とPMTC(プロのケア)とがうまくバランスがとれていることが大切です。
ご自分で磨けるところは、頑張って磨きましょう。歯磨きの方法などについてはご指導します。ご不明な点はお気軽におたずねください。
定期的にクリーニングしよう
美しい口元や健康な歯を維持するには、定期的なクリーニングが必要です。
むし歯や歯周病を予防するポイントは、プラークの増殖を抑制し、歯や歯肉に悪影響を及ぼさないようにいつもコントロールすることです。
ご自分ではどうしても落とせない汚れを、私たち専門家が定期的にクリーニングします。
頑固な汚れが付着するまでの期間は人によってさまざまです。あなたに合ったリコール間隔を守り、お口の健康を守りましょう。  


Posted by koikenina at 16:24Comments(0)

2020年03月09日

定期的な歯科医院での予防「プロケア」

1.定期検診
「毎日歯みがきしているから、歯科医院にわざわざ行かなくても大丈夫」と思っていませんか?むし歯や歯周病は自覚症状のないまま進行することが多く、症状が出たときにはかなり進行しています。早期に異常を発見できれば、治療期間も少なくて済みますので、忙しい方ほど定期検診を受けて、お口の健康を管理しておきましょう。

2.スケーリング
落としきれなかった歯垢が固まった「歯石」は、歯と歯ぐきの間の「歯周ポケット」に入り込みます。ブラッシングでは落とすことができないため、歯科医院で専門器具を使って取り除きましょう。
どんなに歯みがきが上手な人でも、40%のみがき残しがあると言われています。取り除けない歯垢、歯石は歯科医院のクリーニングでしっかり落とすことが大切です。
根管長測定器
3.歯みがき指導
プロのケアはもちろん大切ですが、むし歯や歯周病のリスクを減らすためには、日々のセルフケアの質を上げることも重要です。

4.PMTC
PMTCは歯科医院で専門の器具、薬剤を使用してお口の中を綺麗にするクリーニングです。
むし歯・歯周病の原因となる歯垢、歯石、バイオフィルム(細菌の膜)を取り除くことはもちろん、茶渋やヤニなどの色素沈着も落とすことができます。PMTCを活用して、お口の中も、見た目も綺麗さっぱりお掃除しましょう。

ご家庭でできる予防「毎日ケア」
家族で行う大切さ
お子さまのお口の中の環境は、ご家族の食生活や日常のケアの影響を大きく受けてしまうので、より注意が必要です。成人の約80%が歯周病といわれる今、ご家族が一緒に定期検診に行き、クリーニングをはじめとする予防歯科に取り組むことが、ご家族全員のむし歯や歯周病リスクを下げる1番の近道です。
歯科 ユニット
食後に歯みがきをする習慣をつけましょう
食後は、お口の中にいる細菌がみがき残しに含まれる糖をエサにして繁殖するため、むし歯にかかりやすくなります。まずは食後の歯みがきをしっかり習慣づけることが大切です。  


Posted by koikenina at 15:53Comments(0)