健康、生活 › 2020年03月11日

2020年03月11日

歯周病が進行することでもたらされる病気とは

歯周病は、歯を支える歯ぐきなどに炎症が起こる病気です。
歯周病を招く原因は、プラークという歯のネバネバとした付着物の中に潜む歯周病菌です。プラークは、口のケアが不十分な場合や、糖分を摂取しすぎたときに増えていきます。重症化すると、やがて歯ぐきや歯ぐきの中にある骨(歯槽骨)などが破壊され、歯が抜け落ちてしまうこともあります。歯周病は、あらゆる年代で増加していますが、際立って増えているのが高齢者です。昔に比べて歯が残っている人は増えているものの、ケアが十分にできていないことが原因と考えられています。
超音波スケーラー
歯周病はどのように進行するのか
歯周病は、歯肉炎と歯周炎の二つに分けられ、歯肉炎から歯周炎へと進行していきます。
歯肉炎
歯肉炎とは、プラークによって歯ぐきに炎症が起こり、腫れている状態のことをいいます。進行すると、歯と歯ぐきの隙間が深くなっていき、そこに歯周ポケットという溝ができてしまいます。すると、その中に歯周病菌が増殖し、炎症が進んでいきます。

歯周炎
炎症が進行すると、歯を支えている歯槽骨や歯根膜などが破壊される歯周炎が起こります。さらに重症化すると、歯を支えている歯槽骨が溶け出して、わずかな力が伝わるだけで歯が抜け落ちることもあります。歯周炎が進行してしまうと、歯ぐきが下がり、虫歯になりやすい歯の根元の部分が露出します。歯周病になった場合は、あわせて虫歯にも注意しましょう。

歯周病が進行することでもたらされる病気とは
歯周病は、歯にまつわる病気だけでなく、全身にさまざまな影響を及ぼすことがわかっています。歯周病菌の刺激によって、脳や心臓の血管が動脈硬化になりやすくなります。そのため、脳卒中や心筋梗塞などを招く危険性が高まります。また歯周病菌は、誤嚥性肺炎の原因になることもあります。
マイクロスコープ 歯科
歯周病によって生じる炎症物質は、血糖値を高くしてしまうため、すでに糖尿病のある人は、歯周病を招きやすいと考えられています。また、炎症物質は脂肪をためこみやすい体内環境にするため、肥満にもなりやすいとされています。妊娠している女性が歯周病にかかると、陣痛を促す物質が増えることで、早産や低体重児出産に影響すると考えられています。ほかにも、歯周病によって歯を失い、噛むことができなくなると、認知症を発症するリスクが高まるといわれています。
  


Posted by koikenina at 17:53Comments(0)

2020年03月11日

歯医者さんの技術力が違うから?

虫歯予防のPMTC・歯のクリーニング
こんな症状でお悩みではありませんか?
歯ぐきの腫れ、出血が気になる(歯肉炎・歯周病)
歯ぐきが下がった、歯がぐらつく(歯槽膿漏・歯周病)
歯がザラつく(歯石)
歯の表面に白い斑点がある(初期むし歯)
遺伝的にむし歯になりやすい、治してもすぐに同じ歯がむし歯になる(むし歯)
歯科 スケーラー
予防歯科・PMTCとは?
スイスでは小学生の過半数がむし歯ゼロで卒業するそうです。欧米人は日本人の3倍甘いものを食べているはずなのに、むし歯の数は1/3しかありません。さてなぜでしょうか?

Q. 遺伝子や体質が違うから?
主な原因ではありません。例えば戦後のフィンランドは日本よりもむし歯大国でしたが、今ではむし歯の少ない国として有名になりました。スウェーデンも以前は日本の5倍もむし歯の本数が多かったと言われています。

Q. 歯磨きの回数が違うから?
大差はありません。今では日本人もアメリカ人同様70%以上の方が1日2回以上の歯磨きをしています。ですがアメリカの方が一人平均残存歯数において4本以上も多くなっています。
歯科 ユニット
Q. 歯医者さんの技術力が違うから?
いいえ、国レベルで見れば日本の歯科医師の技術は世界でもトップクラスです。ですが、患者様の通院頻度とその診療内容に違いがみられます。年間の歯科受診率は日本が約40%、アメリカが約70%です。さらに日本ではほとんどの人が歯が痛んだ時などだけに通院しますが、アメリカでは9割近くが予防のためのメインテナンスで歯科医院を訪れているのです。

定期的に歯科医院でプロがメインテナンスする
理想は毎月1回、最低でも3ヶ月に1回はプロによる歯の掃除(PMTC=Professional Mechanical Tooth Cleaning)や歯石除去(スケーリング)、定期検診などのメインテナンスをしてもらいましょう。自分では磨き残しやすい箇所や磨きにくい箇所を重点的にケアしてもらい、掃除後にフッ素で歯質を強化してもらうことができます。生涯に渡ってプロと一緒に継続的な歯のお手入れをすることで、「予防の父」アクセルソン博士による30年以上の臨床研究によると、97.7%の歯を守ることができると言われています。  


Posted by koikenina at 16:58Comments(0)

2020年03月11日

お口の健康状態をくわしく調べます。

審美歯科治療とは、歯の美しさに重点を置いた「歯の美容整形」とも言える治療です。
お口の見栄えは、その人の顔の美しさにおいて重要な立場を占め、印象をも変えてしまいます。歯の色や形、歯並びが悪くて気になる方に最適な治療です。

歯の治療も、悪い所だけ削って治す今までの治療から、もっと美しく見えるように治そう、という考えに変わってきています。審美歯科治療は、患者さん一人ひとりの顔と調和のとれた美しい口もとを作ります。審美歯科治療はクイック矯正とも呼ばれ、白く健康な歯・きれいな歯肉・美しい歯並びをつくり、あなたの笑顔をプロデュースします。
歯科材料 通販
審美歯科治療の流れ
【STEP1:検査】
お口の健康状態をくわしく調べます。
症状の出ている部分はもちろん、お口の中全体を調べてみます。
レントゲン検査、歯ぐきの状態の検査などをおこないます。

【STEP2:治療計画立案】
どのような治療が適切かを検討します。
検査で得られた資料の分析結果に基づき、治療計画を決めていきます。

【STEP3:説明・相談】
現在のお口の状態をご説明し、治療計画についてご案内いたします。
皆様に安心して治療を受けていただくために、治療に入る前に必ず治療に関する説明を十分にご納得いただけるまで行うよう、心がけています。

【STEP4:治療スケジュール調整】
患者様の日常生活に差し支えない範囲での治療予約をしてください。
多くの患者様の大切な時間を守るために、予約優先制にしております。
もし来院できない場合は、お手数ですが、なるべく早めにお電話でお知らせください。
超音波スケーラー
【STEP5:治療】
治療に不安はつきものです。できるだけ苦痛のないよう留意して治療いたします。
治療には様々な方法がございますので、何か気になる事がありましたらお気軽にお尋ね下さい。  


Posted by koikenina at 16:08Comments(0)