健康、生活 › 2020年03月12日

2020年03月12日

むし歯が発症するのは・プラーク(歯垢)・糖質・歯の質・時間の4つの条件が重なったときです

したがってむし歯の予防にはむし歯の原因をつくらないこと(リスクコントロール)が大切になります。

むし歯予防のポイント
飲食回数を少なくする
飲食をするたびに歯垢は酸性に傾き歯を溶かします。
甘いものを摂り過ぎない
砂糖以外の甘味料を使用したものを食べるようにしましょう。
また、量より回数を減らすことが重要です。

よく噛んで食べる
唾液の分泌を促進します。よく噛んだときにでる唾液は酸を中性にする力が普段の何十倍も強いといわれています。
歯科用コンプレッサー
食後すぐに正しいブラッシングをする
むし歯や歯周病の予防でもっとも重要なのが食後のブラッシングです。(参照:ブラッシングの仕方)

フッ素で歯の質を強くする
フッ素は歯の傷や不完全なところに作用し、酸に溶けにくいふるおろアパタイトという物質をつくり歯を強化します。また細菌が作り出す酵素の働きを抑制し酸の分泌を減少させます。

定期健診を受ける
ひとたび穴が開いてしまうと急激に進行してしまう可能性があります。
早期発見が大切です。

食後の緑茶の効用
お茶に含まれるカテキン、フッ素、フラボノールはむし歯や歯周病、口臭に効果があると言われています。また食後のお茶は口の中に残っている食べものを洗い流す効果も期待できます。
ホワイトニング 照射器
カテキン【むし歯、口臭予防】
むし歯の原因になる口腔内細菌の増殖を抑制します。
フッ素【むし歯予防】
フッ素は歯の傷や不完全なところに作用し、歯を強化します。
フラボノール【口臭予防】
毛細血管を強化し歯茎からの出血を防ぎます。   


Posted by koikenina at 17:20Comments(0)

2020年03月12日

歯周病は、歯周病の原因菌により歯を支える骨が破壊される病気です

歯周病のリスク検査
レントゲンによる検査
歯周病は、歯周病の原因菌により歯を支える骨が破壊される病気です。一度破壊された骨は元に戻すことができません。そのため歯周病のリスクを知るためには、X線撮影をしてどこまで骨が破壊されているのか知ることが、それ以上に悪化さえないためのリスクヘッジになるのです。それぞれの患者さんの歯周病のリスクを調べるために歯周組織検査と同時に歯と歯肉の内部の骨の状態を調べるX線写真検査はとても重要です。
歯科器具
プロービング
歯周組織の検査をするために、プローブという先端に目盛がついている器具を使い、歯と歯ぐきの間の溝の深さを測ります。歯と歯肉の間には溝があり、健康な歯では溝の深さが2~3mm程度ですが、歯周病を発症して歯ぐきが腫れたり、歯を支える骨が溶けたりすると、歯と歯肉の間の溝は深くなり、4mm以上になるとリスクが高い歯とされます。また、歯の溝の深さを測るのと同時に、プロービング時の出血の有無もチェックします。歯ぐきの腫れなど表面上は問題なく見えても出血が見られる場合は、歯周ポケット内部で炎症が起きていることがあります。

歯のぐらつき
歯周病が進行すると、免疫作用により歯を支える周りの骨(歯槽骨といいます)や歯根と歯槽骨をつなぐ歯根膜が溶かされます。歯周組織の破壊が進むと、支えを失った歯はグラグラと動揺し始め、やがて抜け落ちてしまいます。この動揺検査は歯科衛生士が手指でチェックをして、動揺の程度や方向を分類してリスク評価をします。
根管長測定器
スケーリング・ルートプレーニング
歯周病の原因は、むし歯と同じく歯の表面に付着したバイオフィルムの中で繁殖する細菌です。バイオフィルムは唾液中の栄養と結びついて石のように固い物質になります。これが歯石です。歯石の表面の凹凸に細菌が付着しやすく、歯ブラシの先が届かない凹凸の中で繁殖した細菌が歯周病の原因になります。そのため、バイオフィルムを破壊するだけではなく歯石の中の細菌も除去しなければ、歯周病の進行を止めることができません。

歯周病の原因となるバイオフィルムが増殖している場所は、歯と歯肉の間の歯周ポケットの中ですから、患者さんが歯ブラシしただけでは除去することはできません。 そのため歯周ポケットの中でバイオフィルムが歯石となって歯の根に付着するのです。

歯石となったバイオフィルムは強固に歯に付着しているため、スケーラーという専用の器具を使用して取り除くスケーリングをした後、歯の表面をツルツルに滑らかにしてバイオフィルムが付きにくくするルートプレーニングをおこなうことによって歯周病の進行のリスクを軽減することができます。  


Posted by koikenina at 16:12Comments(0)