健康、生活 › 2020年04月08日

2020年04月08日

まずは専用の器具を使って、日常のブラッシングでは取り切れない歯石や汚れを丁寧に除去していきます

PMTC
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、歯科医院で専用器具を使った歯の清掃のことをいいます。虫歯や歯周病の原因は現在では解明されていて予防法が確立されています。このリスクを減らすためには細菌叢のコントロールが大切です。ところが歯の表面にはヌメヌメ(バイオフィルムといいます)が細菌の数を減らすことを妨げています。そこで、このヌメヌメを取るPMTCが効果的となります。毎日のブラッシング(セルフケア)に加えてPMTCを定期的に行うことで、虫歯や歯周病のリスクが少なくなります。同時に着色も落ちますので予防はもとより審美的にも良好となります。施術後のすっきりした感じに皆さま驚きになっています。

1、歯石の除去
まずは専用の器具を使って、日常のブラッシングでは取り切れない歯石や汚れを丁寧に除去していきます。
歯石が多く付着している場合や、歯周ポケット内にまで歯石がある場合などは麻酔を使用して処置を行う場合があります。
電気歯髄診断器
2、歯面清掃
上記で紹介したエアフローや専用チップを用いて歯面を清掃していきます。歯面はもちろん、歯茎の溝や歯と歯の間などの細かな部分の汚れまで徹底的に取り除いていきます。
歯周病の有無や汚れの程度によっては、数回に分けてクリーニングを行うこともあります。
超音波スケーラー
3、歯のトリートメント
歯面清掃がすべて終わったら、仕上げのトリートメントを行います。
エナメル質とほぼ同じ成分(ナノ粒子ハイドロキシンアパタイト)を含むリナメルを用いて歯の表面をコーティングしてあげることで、歯がつるつるになり汚れが付きにくくなります。

4、歯肉マッサージ
専用のジェルを付けて、歯肉のマッサージを行います。
歯茎には毛細血管やリンパ管などが密集していますので、その流れを良くしてあげることでお口の中の状態はもちろん、全身の血流改善においてもとても効果的です。お口の中の緊張やコリもほぐれますのでとても気持ち良く、リラックスすることができます。  


Posted by koikenina at 17:18Comments(0)

2020年04月08日

歯周病は、歯垢(プラーク)の中の細菌が歯の周りの歯ぐきや骨に炎症を起こす病気です

歯周病は、歯垢(プラーク)の中の細菌が歯の周りの歯ぐきや骨に炎症を起こす病気です。
さらに歯の奥まで炎症が広がると、歯を支える土台である歯槽骨が破壊され、放置していると歯が抜け落ちてしまうこともある病気です。しかも、恐ろしいことに歯周病は発症しても痛みがないため、自覚症状のないまま進行致します。気が付いた頃には、歯周病がかなり進行してしまっているケースも少なくありません。

歯周病と全身疾患との関わり
さらに歯周病を放っておくと歯周病菌などの細菌が出す物質によって、心臓病や糖尿病、肺炎や口腔癌に、また、妊娠している場合は、生まれてくる子供にも影響を与えることが段々と分かってきました。
マイクロスコープ 歯科
歯周病の原因
歯周病の原因は、歯と歯ぐきの間に溜まる歯垢と歯石の周りに繁殖する細菌です。

歯垢(プラーク)
歯垢とは、歯と歯ぐきの間に溜まる乳白色の粘性のある物で細菌の塊です。
歯垢1mg中には10億ほどの細菌が存在するといわれております。
この歯垢の中に虫歯や歯周病の原因となる細菌がひしめいているのです。

バイオフィルム
バイオフィルムは細菌の塊である「歯垢(プラーク)」の強固な集合体です。時間の経過とともに、バイオフィルムへと変化致します。殺菌作用のあるだ液を寄せ付ず、虫歯や歯周病を進行させます。

スケーリング&ルートプレーニング
スケーリングとは、歯根表面の歯垢・歯石などを除去する事をいいます。除去する事により歯ぐきの炎症が和らいでいきます。また、スケーリング後は歯がざらついてため、ルートプレーニングによって表面を滑らかにします。ルートプレーニングとは、スケーリング後に歯根表面の歯垢によって汚染・軟化したセメント質や象牙質を除去し、歯根表面を固く滑沢に仕上げることをいいます。つまりルート(歯根部)をプレーニング(平らに)することです。
遠心鋳造機
歯石の表面はザラザラしているため、歯垢が付きやすく、付着した歯垢が落ちにくくなります。歯石は一度取ってもしばらくすると再形成されるため、定期的に歯科医院で取ってもらう必要があります。歯石を取ることで歯垢が付きにくい状態にし、歯周病を改善します。
  


Posted by koikenina at 16:31Comments(0)

2020年04月08日

プラークは、歯の表面に付着した白色の物質ですが、単なる汚れではありません

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、歯科医師や歯科衛生士といった専門家(プロフェッショナル)による機械的な歯のクリーニングを意味します。清掃効果の高い研磨剤や電動のブラシを用いて、歯面のしつこい汚れをきれいに取り除きます。タバコのヤニやワインによる着色汚れなどは、患者様のセルフケアだけでは除去することが難しいです。また、歯列はとても複雑な構造をしていて、隅々まで磨き上げるには専門的な知識や技術も必要になってきます。そこで定期健診におけるPMTCが活きてきます。歯が持つ本来の白さを取り戻す上でも、PMTCは非常に有効な処置法といえます。
歯科用品
プラーク(歯垢)について
プラークは、歯の表面に付着した白色の物質ですが、単なる汚れではありません。なぜならその中には、無数の細菌が生息しているからです。その数はプラーク1g中に約1000億にものぼると言われています。そんなプラークは、セルフケアで完全除去することはほぼ不可能です。PMTCであれば、プラークが限りなくゼロに近い「プラークフリー」な状態を作ることができます。

歯石について
歯石は、歯垢であるプラークが石灰化した物質です。文字通り石のように硬く、それこそ歯ブラシで取り除くことは不可能です。そこで有用なのがプロフェッショナルによるスケーリングです。スケーリングは、スケーラーと呼ばれる専用の器具を用いて、歯面の歯石をガリガリと削り落とす処置です。スケーリングには、非常に高度な技術が必要なため、専門家である歯科医師や歯科衛生士に任せた方が賢明といえます。市販のスケーラーを用いて、自己流に歯石の除去を行うと、エナメル質や歯肉を傷つけるおそれがあるため、お勧めすることはできません。
歯科 口腔内カメラ
歯垢の染め出しについて
歯科の定期健診では、歯垢の染め出し検査を行います。患者様に普段通りの歯磨きをして頂いた後に、歯垢がピンク色に染まる染め出し液を作用させます。すると、どの部分に磨き残しが多いのかが一目瞭然となります。そうした結果を元に、患者様ひとりひとりに最適といえるブラッシング法を提案させて頂きます。
  


Posted by koikenina at 15:58Comments(0)