健康、生活 › 2020年04月13日

2020年04月13日

歯周病とは「歯を支える骨が溶ける病気」です。

歯と歯ぐきの境目についた歯垢(プラーク)から歯の根にそって菌が入り込み、歯を支えている周りの骨をじわじわと溶かしていき、最後には歯が抜け落ちてしまいます。
歯肉に炎症がおきた状態を歯肉炎、歯槽骨などを支えている組織全体が崩れてしまう病気を歯周炎といいます。また、歯周病は「沈黙の病」などと呼ばれるようにほとんど自覚症状がないため、気付かない間に悪化させてしまうことがよくあります。

軽度歯周病
歯と歯肉の間の歯周ポケットに歯石やプラーク(歯垢)がたまり、細菌の繁殖により歯肉に炎症が起き、歯肉の腫れや出血などを伴います。この段階であれば歯科衛生士によるブラッシング指導や、歯のクリーニングを数回おこなうことで、比較的短期間で回復できます。
ホワイトニング装置
中等度歯周病
口臭や出血がひどく、歯石の付着が目立ち、歯肉に炎症を起こしているのが確認できます。徐々に骨が後退しはじめ、歯周ポケットが深くなり、歯もぐらついてきます。
この段階での治療は、歯の表面に沿って歯肉溝の奥に付着した歯石を取っていきます。痛みを感じるときは麻酔をして行います。除石を数回行い、歯肉の状態が改善された後に検査を行います。

重度歯周病
さらに進行した状態で、歯肉は化膿して真っ赤に腫れています。骨の破壊がかなり進み、歯肉も後退し、歯のぐらつきが大きくなっています。
重度の場合、非外科処置では対応できない部位があれば歯周外科で対応します。それでも保存不可能な場合は、残念ながら抜歯となります。
超音波スケーラー
染め出しを使ったブラッシングと歯石除去
歯周病から大切な歯を守るには、何よりも予防が第一です。そのためには定期的なメンテナンスと歯周病検査を行い、歯垢をしっかり取り除くことが大切です。ところで、むし歯が多いかたは歯ぐきの健康状態がよく歯周病菌が少ない傾向にあります。不思議に思われるかたもいらっしゃると思います。実は、むし歯の多いかたは治療のために歯医者さんに行く機会が多く、必要に応じて汚れや歯石除去を行っています。そのため歯周病菌が少なく、歯周病になりにくいのです。このことからも予防の大切さがお分かりいただけるかと思います。  


Posted by koikenina at 16:38Comments(0)

2020年04月13日

「むし歯の治療が終わった」「歯のない所に歯が入った」「痛みもなくなり噛めるようになった」と安心していませんか?

予防歯科
「むし歯の治療が終わった」「歯のない所に歯が入った」「痛みもなくなり噛めるようになった」と安心していませんか?治療が終わってからの予防が、自分自身の健康を守るためには大切です。もちろん乳歯の段階でのむし歯、歯肉炎予防も大切です。日頃のお手入れ(ホームケア)と歯科医院での定期検診(メンテナンス)で、むし歯や歯周病は予防できます。
超音波洗浄機 歯科
歯のクリーニング
スケーリング
歯石は『むし歯・歯周病・口臭』の原因になる細菌の塊で、唾液の中のカルシウムなどと歯垢が結合して固まったものです。これを衛生士により、専用の手用器具を使って、除去していきます。

PMTC(プロフェッショナルクリーニング)
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning )とは、毎日、知らず知らずのうちに磨き残してしまった部分や歯ブラシでは磨くことができない部分を専門的な機械などで衛生士により徹底的にクリーニングすることをいいます。

研磨剤を用いて歯を研磨し汚れを取る方法
研磨剤を用いてわずかながら歯の表面を削ってしまう為、頻繁には行えませんが、汚れと
同時に歯の表面をつるつるに磨き上げます。
飲み過ぎや病気などで嘔吐した後は、胃酸により歯の表面が溶かされてざらつき、汚れやすくなるため、このようなクリーニングがおすすめです。
エアーモーター
歯のホワイトニング
最近審美歯科という言葉を耳にすることがあると思いますが、その中で健康な歯を削らずに歯を白くする方法があります。一般にそれをホワイトニングといいます。  


Posted by koikenina at 16:19Comments(0)

2020年04月13日

親知らずが虫歯になることで痛みが出る場合があります

なぜ親知らずを抜歯するのか
虫歯
親知らずが虫歯になることで痛みが出る場合があります。生え方によってはブラッシングがしづらいため、虫歯になる可能性が高くなります。親知らずが虫歯になってしまうと、虫歯を治療するための器具が届きづらいため、治療ができなかったり治療が上手くいかなかったりする場合があります。

細菌による感染
親知らずは口の中の一番奥にある歯のため、とても磨きづらいです。そのため、他の歯の周囲よりも汚れが溜まりやすいです。また、半分だけ口の中に出ているような親知らずもあるため、歯茎と親知らずの間に物が詰まりやすくなることも多いです。そのような状態で時間が経つと、細菌の繁殖が非常にしやすい環境になるため、周りの歯肉が腫れてしまうことがあります。一度腫れてしまうと、汚れが取り除けないことから腫れることを繰り返してしまうことも多いです。食べかすが詰まるため、口臭の原因ともなります。
生体情報モニター
親知らずのケア方法
やわらかめの歯ブラシで優しく磨く
親知らずに痛みがある場合でも必ず歯を磨きましょう。炎症が起きているため歯茎が腫れている部位は普通の硬さの歯ブラシでも歯茎に傷がつき、逆に炎症が強くなる場合もありますので気を付けましょう。おすすめはワンタフト歯ブラシ(オールケアのプラウト・ソフト)です。毛先がやわらかくヘッドも小さいので奥まで届きやすい歯ブラシです。
マイクロスコープ 歯科
安静にして休養する
基本的に歯を抜いた後の痛みのピークは1~3日程度といわれています。抜歯後3日間はなるべく飲酒・激しい運動・長湯は避けてください。激しい運動、長湯をすることによって血流が良くなると腫れ・痛みが増してしまう恐れがあります。また、アルコールは痛み止めの効果を無くしてしまいます。抜歯後特に症状がなかったからといって激しい運動や無理をしてしまうと二日後急に腫れのピークがくることもあります。上記のことに注意して抜歯後はなるべく安静にして過ごしましょう。  


Posted by koikenina at 15:51Comments(0)