健康、生活 › 2020年04月20日

2020年04月20日

C1は歯の表面(エナメル質)が溶け始め、小さな穴ができてしまった状態

むし歯とバイオフィルム
むし歯の原因菌は、砂糖を栄養源としてネバネバした物質をつくり、歯面にしっかり付着して次第に厚い膜(バイオフィルム)になります。そして、むし歯菌はこの中で増殖しながら酸をつくります。膜の内側は強い酸性になり、歯のエナメル質の脱灰が進みます。これがむし歯です。
COの治療(要観察歯)
CO(要観察歯)とは、虫歯菌の出す酸の影響で歯の表面(エナメル質)が白くなている状態。虫歯になりかけている状態なので痛みなどの症状はありませんが放置しておくと虫歯になる可能性があります。特に乳歯や萌出したばかりの永久歯は、歯が弱く虫歯の進行が早いので注意が必要です。CO(要観察歯)の状態であれば適切な歯磨きを続けることで歯の再石灰化によって元の健康な歯に修復されていくので、削ったり詰めたりといった治療は直接は必要ありません。またフッ素入りの歯磨き剤を使用したり、カルシウムやリンなどのミネラルを含む歯磨き剤を使用するのも効果的です。歯科医院で適切な歯磨きを習い、定期健診を心がけて虫歯の状態を確認しましょう。
マイクロスコープ 歯科
C1(初期の虫歯)の治療
C1は歯の表面(エナメル質)が溶け始め、小さな穴ができてしまった状態。C1に進行すると穴ができた部分は茶色又は黒色になります。表面部分の小さい虫歯なのでしみる場合もありますが、痛みはありません。C1の虫歯は、虫歯になった部分を全て取り除き詰め物を詰めるだけで治療はすみます。虫歯は歯の表面(エナメル質)のみなので基本麻酔は必要なく痛みもありません。
C2(進行した虫歯)の治療
C2は、虫歯が歯の表面(エナメル質)の奥にある象牙質まで進行してしまった状態。象牙質はエナメル質と比較して軟らかく溶けやすいため進行した虫歯は一気に進行が早くなるので虫歯の穴は小さいのに歯の中で虫歯が大きく進行していることも珍しくありません。歯髄近くまで虫歯が進行しているので冷たいもや熱いものでもしみる症状が出てきます。
C3(歯髄まで進行した虫歯)の治療
C3は、虫歯が象牙質のさらに奥にある歯髄まで進行してしまった状態。この段階まで虫歯が進行すると歯髄が炎症を起こして、何もしなくても常時ズキズキと激しい痛みが出ます。この段階で歯科医院を受診すると、神経が興奮している為麻酔が効きづらく痛みを伴う可能性が高くなります。神経(歯髄)を取る処置を行った場合、治療期間は長くなる可能性がでてきます。歯髄は細い血管やリンパ管、神経の集まった組織なので歯髄を取ってしまうと歯に栄養が行かなくなり歯が脆くなったり、歯の色の変色をまねいたりと歯の寿命を短くしてしまいます。歯髄まで進行する前に早めの受診をお勧め致します。
歯科 鉗子
C4(歯質が失われた歯)の治療
C4は、虫歯が進行して歯冠部をほとんど溶かしてしまい、歯質が少ししか残っていない状態。C3の状態で歯髄が炎症を起こし激しい痛みが伴った状態を放置しておくと歯髄が完全に死んでしまい痛みは伴わなくなります。しかしあくまで一時的に痛みが感じなくなっただけで症状はどんどん悪化していきます。
歯根部まで及んだ虫歯により歯根膜が化膿すると溜まった膿が袋状になり歯肉からも膿が出てくるようになります。膿の袋が大きくなるとまた痛みがでてくる可能性があります。この段階だと歯質の状態にもよりますが歯自体お残しするのが難しくなる可能性が出てきます。最悪抜歯になりブリッジや入れ歯を選択せざるおえなくなりかねません。  


Posted by koikenina at 16:44Comments(0)

2020年04月20日

前項のチェック項目でも挙げましたが、歯周病による主な症状についてご紹介します

歯周病の代表的な症状
前項のチェック項目でも挙げましたが、歯周病による主な症状についてご紹介します。
 
歯ぐきからの出血
 歯周病の症状の一つが歯ぐきからの出血です。歯周病になってしまうと、日々の歯ブラシを使用したブラッシングでも出血してしまうことがあります。

口臭
 以前よりも口臭がきつくなったと感じるときには歯周病が進行している可能性があります。歯周病になると口腔内の歯周病菌が増殖することによって、出血や膿が出たりし、口臭はさらに強くなります。 
口臭は自分では気づきにくく、他人からも指摘しづらいため異変に気付くことに遅れる傾向がありますのでご注意下さい。
歯科技工 機器
歯が長く見える
 歯周病が進行すると、顎の骨が溶けてしまうことによって歯ぐきがだんだん下がってきます。そのため、以前よりご自身の歯が長くなって見えてしまうことがあります。
歯ぐきが下がると、その部分に歯垢が溜まりやすくなり、更に歯周病を進行させてしまう恐れがあります。この状態で放置し悪化すると、歯がグラグラして最終的に抜けてしまうこともありますので、早期の治療をおすすめします。
歯面清掃用ハンドピース
歯がグラグラする
歯周病が進行してくると、歯ぐきの奥にある顎の骨が溶けてしまいます。歯を支えている顎の骨が溶けるため、歯がグラグラするようになり、最終的に歯が抜けたり失ってしまう恐れがあります。早期発見し早期に治療をすることで歯を抜かずに残せる可能性が高まりますので、気になる方はお早目に診断を受けるようにして下さい。  


Posted by koikenina at 16:17Comments(0)

2020年04月20日

歯を失う原因の第一位は、虫歯ではなく歯周病です

「自分は虫歯は無く、歯は健康」と思っていても、もしかすると歯周病は進行してしまっているかもしれません。歯周病は進行してしまうと最終的には気づかないうちに歯がぐらつき抜け落ちてしまう怖い病気でもあります。
歯周病の予防方法

歯石除去:スケーリング
歯石は歯と歯ぐきの境目にこびりつきます。歯石は見た目も良くないばかりか、歯石に住みついた歯周病原因菌が歯を支える歯茎と骨に炎症を起こさせ溶かしていき、歯周病の原因にもなります。

歯周病の予防と進行を食い止めるために、最も効果的な方法は歯石除去とクリーニングです。特に歯周病の基本的な治療がスケーリングと呼ばれる歯石除去です。当院ではこのスケーリングを丁寧に行わせていただいております。
ホワイトニング機器
PMTC:歯の表面のクリーニング
歯垢が固まった物が歯石ですので、固まる前にPMTCで目に見えない歯垢や細菌を分解・除去すれば予防効果は高まります。

TBI:ブラッシング指導
日本国民の成人の8割が患っていると言われている歯周病ですが、歯周病が進行する要因の一つに歯磨きの方法が適切に行われていない事があげられます。自分では磨いているつもりでも、どうしても磨き残しが出てしまうものです。歯ブラシの当て方や持ち方、動かし方など、国家資格を有しトレーニングと経験を積んだ歯科衛生士が丁寧に指導いたします。
超音波スケーラー
歯周病チェック:思い当たる症状はありますか?
下記は歯周病の症状や生活習慣などのチェック項目です。もし5ポイント以上該当したら歯周病の疑いがあります。
歯磨きで歯ブラシを当てると出血する
歯がぐらつき、動揺がみられる
周囲に口臭を指摘された
歯がしみることがある
就寝時に歯ぎしりをよくする
歯ぐきが赤く腫れたり血が出たりする
歯が浮いたような感じがする
歯ぐきが下がってきた(歯肉が後退してきた・痩せてきた)
口呼吸をよくしている
食べ物が歯に詰まりやすい
自分には虫歯が無い・虫歯になりにくいと思っている

  


Posted by koikenina at 15:50Comments(0)