健康、生活 › 2020年04月22日

2020年04月22日

治療が終わったら定期メンテナンスに通いましょう

予防歯科では、虫歯や歯周病などのお口の病気に対して治療を行うのではなく、痛みや腫れなどの自覚症状をお感じになる前の段階で、虫歯・歯周病の検査、専門的な歯のクリーニング、歯磨き指導などの病気予防のためのケアを行います。
生体情報モニタ
治療が終わったら定期メンテナンスに通いましょう
「虫歯の治療が終わったので、もう大丈夫」ということではありません。虫歯になったらきちんと治療を受けて治すことは大事ですが、一度虫歯になると歯がもろくなって二次カリエス(虫歯の再発)のリスクが高まります。その結果、治療を繰り返すことになりどんどん歯を失うことに繋がりかねません。そうした事態を避けるためにも、治療が終わっても安心せずに、今度は定期メンテナンスのために通院してお口の健康を守るようにしましょう。

虫歯・歯周病は「見えない細菌」との戦いです
よく患者様にお伝えするのですが、虫歯も歯周病も細菌感染症で、いわばそれは「見えない細菌」との戦いでもあるのです。病原菌が目に見えていて、それを取り除けば病気が防げるということならいいのですが、そうではありません。鏡などでお口の中を見て問題がないように思われても、実は見えない部分でお口の状態が変化している場合がありますので、それをチェックするためにも継続的なメンテナンスが必要になります。
歯科用材料
早期発見・早期治療がはかれるようになります
万が一、虫歯や歯周病になった場合でも、きちんと定期メンテナンスを受けていれば早期発見・早期治療がはかれるようになります。初期のうちに問題のある部分が発見できれば、歯を削ったり、神経を抜いたりするなどの大がかりな治療を回避することが可能になり、患者様の負担が軽減されます。また治療費も抑えられ、治療期間の短縮に繋がります  


Posted by koikenina at 12:06Comments(0)

2020年04月22日

歯周病の予防や進行を食い止める一番の方法ってなんだと思いますか?

それは「染め出しを行って、どこの場所に汚れが付いているか見てもらう」という方法です。
実際に今、日本国内で行われている一般的な定期検診でスケーリングだけをして、3ヶ月から半年後にまた検診を受ける、…というこの流れは、実際は歯周病がどんどん進行してしまうという事が言われております。
生体情報モニタ
常に汚れがつかないようにする
汚れは汚れを落とした瞬間から付くものです。歯周病治療の基本的な治療は「まずはスケーリングから」と言われていますが、スケーリングだけやって安心していてもあまり意味がありません。汚れが付かないように予防していくことが歯周病治療の大きなポイントです。よく歯医者さんでスケーリングをした翌日に歯ぐきが腫れたり、2~3日後に腫れたりと「なぜクリーニングをしたのに痛くなるの?」というケースをよく聞きます。再付着した汚れが炎症を起こさせているのです。

歯周病と糖尿病の関係
糖尿病の患者さんは歯周病治療を進めていると、血糖値が下がることがあります。内科での糖尿病の治療法を特に何も変えたわけではなく、歯科でのペリオコントロールをするだけで血糖値が下がるケースを何人も見てきております。今までにそういった患者さんを担当しており、当院の臨床からの実感です。
マイクロスコープ 歯科
歯周病はさまざまな全身疾患との関係が報告されていますが、きちんとしたエビデンスがあるのは実は糖尿病だけです。糖尿病の治療をすれば歯周病も落ち着き、逆に歯周病の治療をすれば糖尿病も落ち着くことが報告されています。  


Posted by koikenina at 11:23Comments(0)

2020年04月22日

歯周病の自覚症状はありますか?

歯肉炎や歯周炎の初期には、ほとんど自覚症状がありません。サイレントディジーズ(Silent Disease:静かな病気)とも表現されるように、気付かないうちに進行していくのが歯周病の恐いところです。歯茎の腫れを自覚したり、ブラッシングで出血が止まらないような場合には、病状が進行しています。知らないうちに悪くしないためにも、歯科医院での定期的な検査をお勧めします。

誰でも歯周病になりますか?
はい。日本を含めた世界各国で調査を行ったところによると、どこの国でも8~9割の人が、歯周病にかかっていることが分かっています。2001年には、ギネスブックに「全世界で最も蔓延している病気は歯周病である。地球上を見渡しても、この病気に冒されていない人間は数えるほどしかいない」と記載されております。つまり残りの1~2割の人を除いて、誰でも歯周病になると考えたほうが良いでしょう。ただし、歯周病の原因であるプラーク(歯垢)、歯石を日頃のブラッシングや定期的な歯科でのメインテナンスにて除去することで、予防することも可能な病気です。予防が難しい歯周病もありますが、遺伝的な要因など非常に特殊な場合になります。
生体情報モニタ
プラーク(歯垢)って何ですか?
プラークは歯垢とも呼ばれ、歯に付着している白または黄白色の粘着性の沈着物で、非常に多くの細菌とその産生物から構成されています。プラークは、バイオフィルムを形成し強固に歯に付着しているだけでなく、薬品だけでは除去できない状態になっていますので、歯ブラシ等でしっかりと除去することが必要になります。

歯周病の治療はどのくらいの期間がかかるのですか?
歯周治療は歯茎の治り具合やブラッシングの状態を確認しながら、次のステップの治療へ移行致します。初期の歯肉炎程度であれば、比較的短期間で改善し終了することもありますが、中等度以上の歯周病の場合には、病状の程度にもよりますが、比較的長期に渡る場合が多いです。治療終了後もメインテナンスが不可欠であり、定期的な受診が必要です。
マイクロスコープ 歯科
歯周病の予防はどうすればよいですか?
歯周病の予防は、歯周病の原因であるプラーク(歯垢)を取り除くことが一番です。プラークは、食後8時間程度で作られ始めますので、その日のうちに除去しておくことが必要です。プラークを除去するためには、歯ブラシと歯と歯の間の専用の清掃用具(デンタルフロスもしくは歯間ブラシ)が基本となります。ただし、ご自身でプラークのない状態を維持することは難しいことです。そこで、歯茎の健康維持、むし歯の再発防止のために歯科医院において定期的なメインテナンス(ブラッシングのチェックや専門的な歯のお掃除)を行うことが大切になります。  


Posted by koikenina at 11:02Comments(0)