健康、生活 › 2020年05月27日

2020年05月27日

歯並びや噛み合わせ、歯の色などは一人ひとり異なります

審美補綴歯科とは、見た目の美しさはもちろん、治療後の健康や噛み合わせなどの機能性を重視した診療メニューです。美しさと機能性を両立させ、健康な口内環境を手に入れるだけでなく笑顔に自信が持てるよう、さらには「生活の質(Quality of Life)」の向上にまで貢献できるような本当の意味での「美しさ」を得るための診療をご提供しています。

歯並びや噛み合わせ、歯の色などは一人ひとり異なります。審美補綴歯科では、患者様一人ひとりを丁寧に診査・診断したうえで、その患者様のためだけの最適な治療をご提案します。
歯科バイブレータ
審美補綴に使用される素材
審美補綴歯科では、本物の歯と見分けがつかないほどの白さと透明感を持ったセラミック素材を利用して詰め物・被せ物を製作しています。従来の補綴歯科では強度に優れる金属が使われていましたが、目立ってしまうという問題点がありました。セラミックは金属と比較するとやや強度が落ちますが、生体親和性や審美性に優れる素材です。セラミックの内側に金属やジルコニアなどの硬い素材を使用することで、被せ物の強度を補うこともできます。

オールセラミック
セラミックだけで作られた素材。見た目が自然なだけでなく耐久性にも優れており、本物の歯と同じように光を透過します。

ハイブリッドセラミック
歯科用プラスチックとセラミックを掛け合わせた素材です。適度なやわらかさがあるため、割れにくいという特徴があります。
歯科用拡大鏡
メタルボンド
金属製のフレームの表面にセラミックを焼き付けた素材です。非常に丈夫で奥歯の治療にも適しています。

ジルコニア
腐食に強く人体との親和性も高い素材です。非常に丈夫で見た目も美しい人工歯ができあがります。  


Posted by koikenina at 11:43Comments(0)

2020年05月27日

予防歯科では、むし歯や歯周病になってから治療するのではなく、それらの病気を予防するための治療を行います

病気になってから治療をしたとしても、失ってしまった歯や歯ぐきは元には戻りません。だからこそ、しっかり予防していくことが大切なのです。

PMTCとは
PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略で、訳すと「専門家による機械を使った歯の清掃」という意味になります。様々な専用機器を使用して、虫歯や歯周病の最大の原因である「バイオフィルム(歯の表面についた細菌のかたまり)」や歯垢・歯石を除去していきます。あくまで歯のクリーニングなので、ドリルなどで歯を削ることはありません。

普段の歯磨きでは除去できない汚れが取れますので、爽快感を味わうことができます。バイオフィルムは約3ヶ月で再生されると言われていますので、定期的なPMTCをお勧めしています。
マイクロスコープ 歯科
フッ素塗布
医院で歯に高濃度のフッ素を塗布します。
フッ素を定期的に歯の表面に塗布する事で、むし歯になりにくい歯を育てていきます。
十分な効果を得るためには、年に3~4回のフッ素塗布を行うことが理想です。
フッ素の3つの効果
歯質の強化する
歯のエナメル質を硬くすることで、虫歯の原因菌が作り出す酸に強い歯を作っていきます。

再石灰化作用を助ける
酸で溶けてしまった虫歯になりかけた部分をもとに戻す、唾液の再石灰化作用を助けます。

虫歯原因菌の活動を抑える
虫歯の原因菌の活動を抑えて、歯を溶かす酸が作り出される量を抑制することができます。

唾液検査(サリバテスト)
唾液検査によって、お口の中の細菌の種類や数、唾液の質と量などを調べて、患者様に効果的なむし歯予防法をご提案します。自分の虫歯に対するリスクを知ることで、自分にあった予防を行なっていくことができます。
歯科 集塵機
家庭でできる予防
毎日のブラッシングをしっかりと行えば、虫歯や歯周病の発生率を下げることができます。ただし、歯ブラシだけでは歯間の汚れを取ることが難しいので、歯間ブラシやデンタルフロスを使ってしっかりと汚れを除去することが理想です。ご希望があれば、正しいブラッシング方法の指導も行っております。  


Posted by koikenina at 11:22Comments(0)

2020年05月27日

歯の表面の汚れをとりきれいに磨きます。また、歯の表面へのフッ素塗布により、汚れをつきにくくします

PMTCの効果
美しい歯
歯の表面の汚れをとりきれいに磨きます。また、歯の表面へのフッ素塗布により、汚れをつきにくくします。
多少の汚れやざらつきなどはツルツル、ピカピカに磨きあげられます。
※さらなる白い歯を求める方にはホワイトニングのご案内もしております。
スケーラー 歯科
予防
歯肉の腫れがおさまり、歯肉が引き締まってきますので歯周病、歯肉炎の予防効果があります。
歯磨きでは落とせない虫歯の元になる細菌の塊を磨き落としますので定期的なクリーニングは虫歯予防に最適です。
口臭の原因の一つである細菌をきれいに取り除くので口臭予防にも効果があります。
PMTC Q&A
PMTCって痛みはないですか?何分くらいかかりますか?
柔らかいゴムでできたカップなどを歯にあて、回転させることにより汚れを取り除きますので、痛みを伴うことはありません。
お口の中の状態にもよりますが、おおむね30分~1時間程度かかります。
むし歯予防にも効果はありますか?
新しいむし歯の発生を抑えることができます。
また、PMTC を定期的に受け続けた人とそうでない人では6年間で1.4mmの歯肉の変化がみられるというデータもあり、歯周病の進行を食い止める効果もあります。
歯科 ユニット
P.M.T.C.を受ければ歯みがきはしなくていい?
いいえ。毎日の歯みがきは絶対必要です。
歯の健康はPMTCとセルフケアとの両立で維持することができるのです。
どれくらいの間隔で行うの?
人によって歯や歯ぐきの強さ、細菌の状態、着色の程度などが異なるのでさまざまですが、一般的には3~4ヶ月に1度の割合で行います。
子どもにも必要ですか?
子供でも行ったほうがもちろん効果があります。
いくつでも早すぎる、遅すぎるということはありません。
いつから始めても一定の予防効果が期待できます。
バイオフィルムってなんですか?
バイオフィルムは簡単に言ってしまうと「台所などの排水溝のぬめり」だと考えてください。
ちょっとやそっとじゃ取り除けないのが想像できると思います。
皆さんもご存じだと思います、家の中の清掃を専門の業者さんに頼むと、見違えるくらい綺麗になる事を・・・。
これと同じように、自分でどうしても奇麗に出来ない(磨けない)所を専門の衛生士が徹底的にクリーニングする事により、お口の中の環境をリセットし、より良い環境作りを行い、予防していくという事がとても重要であると考えています。
  


Posted by koikenina at 10:56Comments(0)