健康、生活 › 2020年06月04日

2020年06月04日

口を大きく開けようとしても、こわばって開かない

口の開け閉めの時にガクガクと音がする。
あごの周りの筋肉や関節が痛い。
頭痛や腰痛、肩こりがひどい

上記のような顎や体の不調を感じたことがある方も多いのではないでしょうか?
これらの症状は、顎関節症が原因となっているケースも多く、最近では若い女性の間で急速に増えています。顎関節症になってしまう原因はさまざま。従来までは噛み合わせの悪さが原因とされていましたが、最近では歯ぎしりや食いしばりなどといった顎に負担がかかる日常生活での動作も大きな原因になっていると言われてます。
生体情報モニタ
特に精神的なストレスを大きく感じる時は歯を食いしばる癖が出やすく、歯や顎への負担が増してしまいます。ストレス社会と言われる現代において、完全にストレスをなくす生活を送ることは不可能ですが、ストレスと上手に付き合えるよう工夫するとともに、歯や顎をストレスから守るための対策をしっかりと行うことが大切です。

歯ぎしり、食いしばりは、さまざまなトラブルを引き起こします。
歯ぎしりや食いしばりをしているという事は、自分ではなかなか気が付かないもの。
日中、無意識のうちに行っている食いしばりはもちろん、夜間に行われる歯ぎしりも音が鳴りにくいタイプのものもあり、ご家族やパートナーの方であっても気が付かないことも多くあります。
マイクロスコープ 歯科
「音が鳴らなければ周りに迷惑をかけないので、急いで治療をしなくても大丈夫」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、食いしばりや歯ぎしりは、自分が思っている以上に歯や顎に大きな負担をかけているもの。放っておくと、歯のすり減りや動揺、歯周病の悪化、顎関節症の発症といったお口周りの問題だけではなく、頭痛や肩こり、倦怠感などといった全身の問題に発展してしまうことも少なくありません。早い段階で治療をした方が、治療にかかる費用も時間も少なくて済みますので、心当たりのある方は早めにご相談に致してください。  


Posted by koikenina at 12:05Comments(0)

2020年06月04日

セラミッククラウンとは、セラミックでできた被せ物の事です

セラミッククラウン
セラミッククラウンとは、セラミックでできた被せ物の事です。
虫歯治療のページでご説明した通り、『C2』以上まで虫歯が進行している場合、虫歯の部分を削り、その後に被せ物を被せる治療(補綴治療)を行います。従来の歯科治療ですと、保険診療範囲内で銀歯を被せることが主流でした。しかし、銀歯だと、お口を開けた時に銀歯が光り、見た目にも良くないことから、より美しさを求められる方にセラミックでできた被せ物を使った治療が選ばれるようになりました。セラミックとは狭義には陶磁器という意味を持ちます。
歯科用コンプレッサー
つまりはお皿と同じように陶器に使われる素材です。お皿は水で綺麗に洗えば落ち、汚れも付きにくいですよね。それと同じようにセラミック素材で出来ている被せ物は、汚れもつきにくく、非常に扱いやすい歯になります。見た目もご自身の天然歯と変わらない自然な白さです。また、セラミッククラウンには主に2種類あります。それぞれ特徴がありますので、患者様の状況に応じて選択します。

メタルセラミック
金属の被物を土台に使用して金属の上にセラミックを貼り付けて作るものをメタルセラミックと呼びます。

ラミネートベニア
ラミネートベニアとは、綺麗にしたい歯の表面を薄く削り、その部分に薄いセラミック製のシェルを貼り付ける治療です。歯並びにあまり問題の無い方向けの治療法で、大きく削らずに美しい歯に修復できます。
超音波スケーラー
セラミックインレー
虫歯治療のページでご説明した通り、C1やC2くらいまでの比較的小さな虫歯の治療には詰め物(インレー)の治療を行います。従来の保険診療範囲内の治療ですと、詰め物も銀のインレーを使う事が多いのですが、こちらもやはり見た目と金属アレルギーの心配があります。セラミックでできた詰め物(インレー)であれば、見た目にも美しくアレルギーの心配も無くなります。セラミックインレーには、全てセラミックでできたオールセラミックと、セラミックとプラスチックの混合素材でできたハイブリッドセラミックがあります。  


Posted by koikenina at 11:40Comments(0)