健康、生活 › 2020年06月09日

2020年06月09日

毎日のブラッシングでは取れない「歯石」の除去

歯石とは、歯垢(しこう、プラーク)と唾液中に含まれるカルシウムやリンが結びつくことによって形成される塊(石灰化)のことです。歯を爪で引っかくと白くてネバネバしたものがついてきます。これが歯垢です。歯垢は、食べ物のカスや歯の垢(あか)ではなく細菌の塊です。そのまま放置しておくと、歯間や歯茎周辺に付着した歯垢は2日ほどで石灰化が始まり、やがて硬い「歯石」に変わります。歯垢の段階だと歯を磨くことで取り除くことができますが、歯石は歯垢に比べて硬くて強く、取り除くことはできません。

歯石をそのまま放っておくと・・
歯石そのものには害や毒はないのですが、表面がザラザラの歯石の上に歯垢が付着し、虫歯や歯周病が引き起こされやすくなります。ほとんどの方には歯石が付着しており、歯周炎があると言われています。歯周炎があると、老化やストレスに伴って歯周病へと移行していきます。虫歯やトラブルが起こってから歯科医院に行く方も多いようですが、歯のトラブルが無くても、定期的に歯科医院を受診して歯石を除去してもらうことが大切です。
スケーラー 歯科
歯石除去治療の流れ
検査
出血の有無、歯の揺れ具合、歯周ポケットを測定し、歯周病の進行度合いや歯石の付き具合などを詳しく検査します。

歯石を除去
歯石を除去する方法は、大きく分けて2種類あります。
①専用機器を使用
音波による振動を利用して歯石を取り除く「超音波スケーラー」を使用します。独特の音で歯石を粉々に粉砕すると同時に、冷却水を噴射し歯石を洗い流します。
生体情報モニタ
②手動
「スケーラー」と呼ばれる、かま形で先のとがった器具を使ってこびりついた歯石を手動で除去していきます。

メインテナンス
丁寧なブラッシングを続けると、歯肉の腫れ、出血、歯石を除去する痛みも軽減してきます。フロスや歯間ブラシを使って丁寧に歯垢を取り除きましょう。歯と歯茎を定期的にチェックして歯周病を予防しましょう。  


Posted by koikenina at 12:05Comments(0)

2020年06月09日

虫歯は急に進行するわけではなく、長い年月をかけて徐々に、徐々に進行していきます

虫歯治療は痛いとは限らない?!
虫歯の状況がかなり悪化した段階で治療に訪れる患者さんは非常に多いといえます。その理由は、「歯医者さんの治療が痛くて怖いから」というものが圧倒的に多いといえます。

虫歯の進行状況別の治療内容
虫歯は急に進行するわけではなく、長い年月をかけて徐々に、徐々に進行していきます。
歯科医院では、虫歯の進行状況にあわせて、それぞれCO⇒C1⇒C2⇒C3⇒C4という記号で進行状態をあらわしています。

虫歯の進行状況にあわせて治療内容も大きく変わります。
COCOの段階であれば、しっかりとした処置をすることで自然治癒させることが可能です。
小型高圧蒸気滅菌器
C1虫歯の初期段階であるC1になると、治療が必要になりますが、この段階であれば治療による痛みはありません。虫歯を削りレジン(プラスチック)を詰め、1回の治療で終えることができます。

C2患者さん自身が冷たいものを飲んだりして歯に違和感を覚えるのは、C2の段階です。この段階までであれば、歯を削る量は少なく、痛みを抑えた治療をすることが可能です。また、治療回数も2回程度と短期間で終えることが可能です。
このように早い段階であれば、ほとんど痛みもなく、短期間で終わるものが、C3以降になると話が大きくかわってきます。

C3C2の時よりも痛みの自覚症状が強くなります。C3以降の治療は、虫歯が神経に到達しているため、神経を除去する治療が必要になります。そして、神経除去後は歯が非常にもろくなりますので、クラウンなどの「かぶせもの」を装着することになります(約6回の治療)。神経除去治療は肉眼では見えない手探りの治療になります。そのため、C3以降の治療は大きな痛みと長い治療期間をともなった治療になってしまいます。つまり、痛い治療が嫌だからといって、治療を先のばしにしていると大きな痛みと長い治療期間という、まさに患者さんにとって一番嫌な状況に陥ってしまうのです。
歯科 スケーラー
C4残念ながら、この段階になってしまった歯は基本的に残すことができません。しかし、周囲の骨やその歯の根の状況などによっては歯を残す治療も可能であることもあります。まずはご相談下さい。
  


Posted by koikenina at 11:42Comments(0)

2020年06月09日

これを「咬合性外傷」と呼んでいます。

歯軋りとはグラインディングともいい、寝ている間に無意識に上下の歯をこすり合わせて「カリカリ」「ギリギリ」などと音を出すことをいいます。その他、上下の歯をカチカチと小刻みに接触させるタッピング、グっと力をいれて食いしばるクレンチングなどと合わせて「ブラキシズム」と総称されていますが、日本ではこれらを含めて歯軋りといわれています。

家族など周囲の人に指摘されて初めて気づくことも多く、単なる悪い癖のように捉えられていますが、実は歯や歯周組織にとって非常に大きな負荷がかかり、組織が破壊されていきます。このため、ブラキシズムを止めることが必要です。
スケーラー 歯科
ブラシズムが歯に与える悪影響について
歯が削れたり、折れやすくなる 普段の食事で上下の歯にかかる力はそれほど強くありません。しかし、睡眠中など無意識下で起こるブラキシズムは、1点に自分の体重〜それ以上の力がかかるといわれています。これにより、上下の歯がすり減って削れたり、折れたりするリスクが高まります。

象牙質が露出し、知覚過敏になりやすい 上下の歯をこすり合わせることで歯のエナメル質が破壊されていくと、象牙質が露出し、知覚過敏になりやすくなります。

歯周病が悪化しやすい すでに歯周病にかかっている場合、ブラキシズムによって歯槽骨などの歯周組織に破壊的な力がかかり、歯槽骨の吸収が進んでさらに歯周病が悪化してしまいます。これを「咬合性外傷」と呼んでいます。
歯科用コンプレッサー
セラミックなどの人工歯が割れやすくなる セラミックの詰め物や被せ物がある場合、ブラキシズムによって破壊的な力がかかるため、非常に割れやすくなります。

顎関節症が悪化しやすい ブラキシズムにより顎の関節や筋肉に過剰な負担がかかり、痛みを生じたり、口が開きにくくなるなど、顎関節症が悪化する可能性が高まります。  


Posted by koikenina at 11:08Comments(0)