健康、生活 › 2020年06月10日

2020年06月10日

歯石は、プラークと呼ばれるネバネバとした細菌の塊が、唾液のカルシウムやリンなどと結合して硬くなったものです

PMTCとは「Professional Mechanical Tooth Cleaning(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)」の頭文字で、専用の器具を用いた歯科の専門家による歯のクリーニングのことです。歯科医師や歯科衛生士が、専門的な機械を使用して歯を徹底的に清掃します。

むし歯や歯周病は、プラーク(歯垢)が大きな原因です。プラークは細菌にとって快適な環境で、ネバネバと強い粘着力をもっており、歯間や歯周ポケットにへばりついて増殖します。このプラークは普段どんなに丁寧に歯磨きをしていても、完全に除去することは不可能です。取り除けきれずに蓄積したプラークが、歯周病などを引き起こす前に、プロによるチェックとクリーニングで除去し、しっかり予防しましょう。
生体情報モニター
とくに、むし歯になりやすいと感じている方、矯正器具やブリッジなどを使用中で歯磨きがしづらいと感じている方などは、PMTCを活用していただければと思います。またPMTCではホワイトニングのような漂白を行なうわけではありませんが、歯の表面を軽く研磨するので、プラークだけでなく、お茶やコーヒー、色の強い食べ物などでついたシミ(ステイン)も、ある程度除去することが可能です。病気を防ぐだけでなく、歯の見た目を美しく保つためにも、有効な方法です。

磨き残しのチェックができるので、患者様の歯磨き方法の改善についてアドバイスをさせていただくことも可能です。PMTCは4〜6ヵ月に1回程度の頻度で、定期的に受けていただくと予防効果を高く保てます。

クリーニング・歯石の除去
歯石は、プラークと呼ばれるネバネバとした細菌の塊が、唾液のカルシウムやリンなどと結合して硬くなったものです。歯石には、細菌が多く繁殖しています。その細菌が歯茎の炎症を引きおこし、歯周病の原因を作ります。歯周病は放置しておくと、歯が抜け落ちてしまったりするだけでなく、全身の健康状態に悪影響を及ぼします。
マイクロスコープ 歯科
歯石の除去について
歯石の除去は、1回の通院で終了することもありますが、歯茎の中まで歯石が出来てしまっている場合は数回の通院が必要な場合があります。歯石は、誰でも付いてしまうものです。当院では、定期的な歯石の除去をお勧めしています。3~6ヶ月に1度のご来院が有効です。また、必要に応じて麻酔を使用することも可能です。
  


Posted by koikenina at 16:44Comments(0)

2020年06月10日

歯肉に炎症がおきた状態を歯肉炎、歯槽骨などを支えている組織全体が崩れてしまう病気を歯周炎といいます

歯周病とは、歯と歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。歯と歯茎の境目についた歯垢(プラーク)から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していき、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

歯肉に炎症がおきた状態を歯肉炎、歯槽骨などを支えている組織全体が崩れてしまう病気を歯周炎といいます。また、初期の歯周病はほとんど自覚症状がないため、気付かない間に悪化させてしまうことがよくあります。
オートクレーブ
歯周病は「歯周ポケット」から始まる
歯肉に炎症が起きると、歯と歯茎の間の溝が深くなります。これを歯周ポケットと呼び、この溝(歯周ポケット)は炎症によってどんどん深くなっていきます。歯周ポケットの中は酸素がなく、わずかな出血などから栄養が豊富なため、酸素の苦手な毒性の強い細菌「歯周病原性細菌」の格好の住みかになり、細菌による炎症と歯周ポケットの形成が繰り返され、歯周病が進行していきます。※健康な状態であっても歯と歯肉の上端部分には溝がありますが、これは歯肉溝と呼ばれ歯周ポケットと区別されています。

早産・軽量児と歯周病の関係
歯周ポケット拡大度比較
正常体重児を産んだ母親と早産・軽量児を産んだ母親の歯周ポケットの拡大度を比べてみると、早産・軽量児群の方が深く、歯周病になりやすいことがわかっています。
歯科器具中古販売
歯周病は、「沈黙の病」などと呼ばれるように痛みなどの自覚症状が出にくく、それが災いして予防を怠りがちになったり、進行が進んでしまうことがあります。
しかし、歯肉炎の段階なら歯垢をきれいに取り除けば症状は改善しますし、歯周炎になっていても進行を止めることは可能ですので、しっかりと治療するとが大切です。

  


Posted by koikenina at 16:06Comments(0)

2020年06月10日

歯石は「歯肉縁上歯石」と「歯肉縁下歯石」の2種類に分類されます

歯に付着した歯垢(プラーク)が、石灰化して硬くなったものを歯石と言います。歯石は歯ブラシで除去できないため、定期的に歯科医院を受診して除去する必要があります。

そもそも歯石って?
細菌の塊である歯垢は、不十分なケアにより歯に付着したまま放置されると、唾液に含まれているリン酸やカルシウムが沈着して石のようになります。この歯垢が硬く変化(石灰化)したものが歯石です。個人差はありますが、歯垢が歯石へと変化するまでには約2週間かかるという報告があります。
歯科 口腔内カメラ
歯石は「歯肉縁上歯石」と「歯肉縁下歯石」の2種類に分類されます。
歯肉縁上歯石は歯肉より上にある白色あるいは黄色の歯石で、唾液に含まれるリン酸カルシウムがプラークと反応することで形成されます。
歯肉縁下歯石は、歯と歯肉の間の溝(歯周ポケット)に面した歯根面に付着した黒褐色の歯石を指します。歯周ポケットからの浸出液中のミネラルの沈着により歯肉縁下プラークが石灰化して形成されます。
歯石の蓄積による歯や歯肉への悪影響
歯石の主成分はリン酸カルシウムで、その他の構成物として細菌の死骸やたんぱく質などが挙げられます。歯石自体が悪さをすることはありませんが、歯石の表面は軽石のようにデコボコとしており、細菌が住み着いて繁殖するには絶好の環境です。そのため、歯石が蓄積した状態を放置していると、その上に歯垢がたまりやすくなります。

歯石に住み着く細菌は、歯周病、口臭などのトラブルを引き起こす恐れがあります。そのため、歯石は歯科医院で定期的に除去してもらう必要があります。
歯石の沈着を防ぐには?
歯石が形成されてしまう原因は、歯垢の除去が不十分であることにあります。
硬い歯石に変化すると除去が困難になってしまいますが、軟らかい歯垢の時点ではセルフケアで除去することが可能です。歯垢が歯石へと変化する前に、歯ブラシやデンタルフロス・歯間ブラシを使ってしっかりと歯垢を除去することが、歯石の沈着予防へとつながります。
歯石ができやすいのは、唾液が分泌される下あごの前歯の内側(舌側)部分や上あごの奥歯の外側(頬側)部分の歯です。歯磨きを行う際にはこれらの箇所を特に意識し、歯石の付着を予防しましょう。
根管長測定器
歯科医院で行う歯石除去
歯石除去を自分で行うという方もいるかもしれませんが、自己流で行うと誤って歯や歯肉を傷めてしまいかねません。歯石は歯科医院で除去してもらいましょう。  


Posted by koikenina at 15:45Comments(0)