健康、生活 › 2020年06月12日

2020年06月12日

ホワイトニング後の後戻りを防ぐには?

ホワイトニングの種類
オフィスホワイトニングについて
オフィスホワイトニングとは、歯科医院でホワイトニングをすることです。
自宅で行うホームホワイトニングに対しオフィス(歯科医院での)ホワイトニングと呼ばれています。

オフィスホワイトニングでは、ホームホワイトニングで使うホワイトニング剤よりも濃度の高い過酸化水素を使用し、短時間で白い歯にできることが最大のメリットと言えます。
但し、短期間で白くなる分、ホームホワイトニングと比べて、比較的色の後戻りもしやすいなどの点が挙げられます。
歯科用タービン
ホームホワイトニングについて
ホームホワイトニングは歯型を取って、ホワイトニング用のマウスピースを作り、その中にホワイトニングジェル(安全なジェル状のお薬)を入れて、お好きな時間にご自宅で歯

ホームホワイトニングの薬剤は、オフィスホワイトニングに比べて濃度が低いため、個人差もありますが概ね1日2時間程度を2週間続けて頂く必要があります。
そのため結婚式などお急ぎの予定がございます方にはあまりお勧めできません。
しかしながら少しずつ白くしていくため、後戻りしにくいなどの特長もあります。
当院では現在のところホームホワイトニングのみを行っております。今後患者様のご要望に合わせて、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを両方法ともに行っていく予定となっております。
高圧蒸気滅菌器
ホワイトニング後の後戻りを防ぐには?
まずはタバコ、コーヒー、お茶、ワイン、カレーなどの歯を着色する食物などを出来る限り摂取しないことが大切です。ただし好きなものをお好きなように食べられるお口の状態を保つお手伝いをするのが本来の歯科の役割でもありますから、食べ物の制限をするだけではなく定期的なクリーニングや定期的なホワイトニングによる後戻りの予防をお勧めします。
いずれにしても、歯の黄ばみの原因は、着色だけでなく加齢により色調が濃くなることや遺伝的な本来の歯の色に戻ろうとすることなども原因となっているので、定期的なクリーニングに加えて、半年~1年に1度くらいの頻度で再着色防止のためのホワイトニングをお勧めします。  


Posted by koikenina at 12:12Comments(0)

2020年06月12日

ノンクラスプデンチャー (バネの無い入れ歯)

入れ歯は見た目だけのものではありません。
せっかく入れ歯を入れても、かみ合わせが合わず、食べ物がきちんと噛めないばかりではなく、肩こりや頭痛に悩まされることがあります。また、入れ歯がフィットせず、すぐ取れてしまったり、歯茎が痛いなどさまざまです。

自費の入れ歯
ノンクラスプデンチャー (バネの無い入れ歯)

バネ(クラスプ)を取り除いた入れ歯です。
金具を使用しないためパッと見ただけでは入れ歯を装着しているかどうかわからないほど天然歯に上手く溶け込みます。また、金属アレルギーの方でも問題なく付けることが可能です。自然で美しい仕上がりをご希望の方には、ノンクラスプデンチャーをおすすめします。
歯科顕微鏡
金属床義歯
床の部分が金属でできた入れ歯です。プラスチックの物に比べ、床を薄くすることができるので、熱が伝わりやすい他、丈夫さや薄さを限りなく追及し、自然に近い装着感や快適感を得ることが可能です。

保険の入れ歯
総入れ歯
大部分の歯が失われた場合に用いるタイプです。総入れ歯は吸盤のように口の中で密着します。「総入れ歯には違和感がある」というイメージをお持ちの方もいますが、現在の総入れ歯は大変精巧になっていて違和感なく噛むことでき、食事も問題なく楽しむことが出来ます。保険の入れ歯なので、機能的にも見た目的にも限界がありますが、噛むという入れ歯の基本的な機能については変わりません
歯科 コントラ
部分入れ歯
失われた歯の周囲に支えとなる歯がない場合や、ブリッジ治療を避けたい場合に用います。上下ともに健全な状態の歯が一本でも残っていることが条件となります。取り外し式の部分入れ歯を歯肉の上に直接置き、周囲の歯にクラスプ(金属のバネ)で固定して噛めるようにします。保険の入れ歯なので、機能的にも見た目的にも限界がありますが、噛むという入れ歯の基本的な機能については変わりません。  


Posted by koikenina at 11:27Comments(0)

2020年06月12日

歯肉が引き締まっていて、歯磨きによる出血などがない

歯周病の初期症状は、多くの人に自覚症状がないため、徐々に進行してしまいます。
重度になってから治療しようとすると、改善するまで長引いたり、抜歯しなければいけなくなったりするおそれがあります。そのため、歯周病は早期発見・早期治療が求められる病気だといえます。

01健康な歯
歯周ポケット【1~2mm】
歯肉が引き締まっていて、歯磨きによる出血などがない。

02歯肉炎
歯周ポケット【2~3mm】
歯と歯肉の境目に歯垢が付着している。歯磨きをすると出血することがあるものの、痛みは伴わない。
根管治療機器
03歯周炎(軽度)
歯周ポケット【3~5mm】
細菌が歯周組織に侵攻し、歯肉がさらに炎症。歯を支える歯槽骨が溶け始めているが、まだ自覚症状が出ない人も多い。

04歯周炎(中度)
歯周ポケット【5~6mm】
歯肉の炎症がひどくなる。歯槽骨が半分くらい溶けて歯が不安定になり、硬い食べ物をしっかり噛めない。歯と歯肉の間から膿が出る場合がある。

05歯周炎(重度)
歯周ポケット【6mm~】
歯槽骨が半分以上破壊されている。歯が激しくグラグラしており、放置しておくと抜歯しなければならなくなる。通常の食事でも強い痛みが出る。
歯周再生療法などの外科治療

歯周病が進行し重度の状態まで達すると、骨を支える歯槽骨が溶けたり、歯周組織を破壊したりするおそれがあります。そうした組織を再生するための治療として、歯周再生療法があります。
生体情報モニター
歯周組織を再生させる治療方法のひとつをご紹介します。まず、患部の歯肉を切開し、歯根の表面に付着した歯石などを徹底的に除去。清潔な状態にしたうえで、歯周組織の再生を促すための薬剤を塗布します。最後に歯肉を縫合して外科治療は終了です。治療後、数ヵ月から1年ほどで機能的な歯周組織が戻ります。歯槽骨が再生すると歯肉が盛り上がり、歯垢が付着しづらくなります。また、歯肉が上がることで口元がきれいに見えるので、審美性も改善します。こうした、より技術が要求される外科治療も当院で行なっております。特に症状が重くお悩みの方は、ぜひお早めにご相談ください。
  


Posted by koikenina at 11:02Comments(0)