健康、生活 › 2020年06月22日

2020年06月22日

一番大切なことは、日ごろのホームケア(歯磨き)です

歯の周りには、歯を支えるために必要なさまざまな組織(歯肉・歯根膜・セメント質・歯槽骨)があります。歯周病(歯槽膿漏)は、歯の付け根に付着した歯垢の中の歯周病菌が、歯肉や歯を支える骨を破壊し、最終的には歯が抜けてしまう病気です。歯垢に唾液成分の無機質が沈着し、硬く石灰化した歯石が、歯周病菌の温床となります。始めは歯周の歯肉に炎症を起こし、出血します。進行すると歯肉溝が深くなっていき、歯がぐらつき、歯の根が見えてきます。そのうちに口臭や出血が酷くなっていき、常時ウミが出てくるようになります。

歯周病は、1本だけでなく多数の歯が一度にかかることがほとんどで、むし歯と違い、痛みなどの自覚症状がなく進行します。長い間、歯周病のサインを見逃して放置し、歯がぐらぐらになってから来院しても、抜歯しか手段がないこともしばしばで、いきなり歯を失ってしまうことになりかねません。また、糖尿病や喫煙などの危険因子が加わると、さらに歯周病の進行を促し、その他の因子と相まって、心筋梗塞などの全身疾患の引き金になるとも言われております。
エアーモーター
1.ブラッシング指導
一番大切なことは、日ごろのホームケア(歯磨き)です。
歯周溝にプラークが溜まってしまうと自分ではなかなか落とせないので、歯に付き始めたプラークをしっかり落とすことが大切になってきます。
歯磨きの際は、現状のブラッシングでどこが磨けていないのかをよく理解していただいた上で、ご自分に合ったブラッシングの方法を学んでいただきます。日ごろのブラッシングによるプラークコントロールこそが歯周病治療の第一歩です。
エアーモーター
2.スケーリング(歯石除去)
歯石は歯面に付着したプラークに唾液中のリン、カルシウムが混じって石灰化したもので、表面は粗造でプラークがさらに付着しやすいような構造をしており、歯に強固に付着しています。そして強い病原性を持っています。スケーリングでは主に、超音波スケーラーやキュレットスケーラーを使用して取り除き、歯の表面をツルツルの状態にし、プラークが付着しにくい状態にします。  


Posted by koikenina at 16:44Comments(0)

2020年06月22日

人の歯は長年の咀嚼などにより摩耗して日々変化をしています

銀歯のリスク
審美面における銀歯のリスク
赤やオレンジ、ピンク等は暖色と呼ばれ、暖かさを感じます。一方青系の色は寒色と呼ばれ寒さや寂しさを感じ、銀歯も寒色の範疇に入ります。その色合いにより受ける印象も変わります。
電気歯髄診断器
服や髪、時計やネックレスなどの装飾品、化粧など日々生活する中で色というものを意識しない日は無いと思います。歯の色も同様で、白く綺麗な歯は健康の象徴です。一方銀歯は人工物であるということが一目でわかり、健康的ではなく、自然に見えず、また美しくありません。

健康面における銀歯のリスク
虫歯の再発(二次う蝕)
欧米に比べてかなり安く設定されている日本の保険の銀歯は国が定めた料金の中で作成しなければならない制約があります。またレアメタルであるパラジウムや、貴金属である金などは年々需要が増えているので価格が高騰し続けており、益々採算性が悪化し続けています。また私たちの口に入る銀歯を作る技工士も、保険料金内に収まる様に作らなければ成り立たないため一度に多くの銀歯を作らなければなりません。これが一時問題になった中国製技工が生まれる背景です。そのため精度、適合性、かみ合わせなどをある程度犠牲にせざるを得ないのが実情です。適合性や精度が悪ければ当然歯と銀歯の間に隙間が生じ、治した所が再び虫歯になる二次う蝕が非常に起こりやすくなります。我々歯科医師が日常多くの治療を行っている中で、多くを占めるのが二次う蝕等による治療のやり直しです。
歯科 器材 通販
治療は繰り返せばその都度ご自身の歯を削ることになり、その分歯の寿命が短くなってしまいます。ご自身の治療経験を思い出してみてください。銀歯を入れた歯を何度か再治療されてはいらっしゃらないでしょうか?今は失くしてしまった歯は、何度も再治療した結果ではないでしょうか?一度の治療でその先の病気の再発を止められていないことが問題だと私は考えています。

人の歯は長年の咀嚼などにより摩耗して日々変化をしています。全ての歯28本が同じ材質であればお口全体として同じ変化を起こし調和は取れるのですが、一部の歯に人工物が入ればこの調和が崩れてしまいます。ですから治療に用いる材質は可能な限り天然の歯に近い変化を起こす硬さが必要です。しかし銀歯は硬い金属であるためこの調和を大きく崩す原因になります。歯はすり減って低くなっても硬い銀歯はすり減らないため相対的に高い歯になり、他の歯より強い力がかかりその歯に負担をかけた結果、虫歯や歯周病、歯のヒビ割れなど歯の寿命にはマイナスに働きます。また硬いため噛み合う自分の歯を異常に摩耗させることもあります。  


Posted by koikenina at 16:21Comments(0)

2020年06月22日

歯石を除去する方法はおおまかに分けて次の2種類になります

歯石は『虫歯・歯周病・口臭』の原因になる細菌の塊で、唾液の中のカルシウムなどと歯垢が結合して固まったものです。

歯石は歯周病が進行するにしたがって、歯の根の先に向かって付着して行きます。これを取り除いて、きれいにするのが歯石除去です。歯石は歯肉溝と呼ばれる溝の、歯の表面にこびりついています。これを専門の器具を使って、除去していきます。
マイクロスコープ 歯科
歯石除去の流れ
検査
歯石除去を行う前に歯周ポケットの測定、出血の有無、歯の動揺、口腔清掃状態などを細かくチェックし、歯石の付き具合や歯周病の進行度合いを検査します。

歯石除去
歯石を除去する方法はおおまかに分けて次の2種類になります。
専用の機器にて除去する
超音波振動で、歯石を粉砕除去できる機器で歯石を落としていく方法です。超音波と同時に水が出て、独特の音がします。
手動で歯石を除去する
ハンドスケーラーと呼ばれるもので、こびりついた歯石を「カリカリ」と除去していきます。上述の超音波スケーラーでは除去が難しい歯ぐきの中の歯石は、手動で除去することもあります。 
遠心鋳造機
歯石の付き具合や歯周病の進行度合いによっては、除石時に痛みがある場合もあります。痛みがある場合には、麻酔をしてから歯石を除去しますので、痛みが不安な方などはご相談ください。

メインテナンス
歯石除去後一時的に歯ぐきから出血したり、腫れや痛みを感じる場合もありますが、一時的なもので数日すると腫れも引き、正常な状態に戻ります。歯石が多くついてしまうと除去に外科的手術が必要になる場合もありますので、定期的に歯科医院で歯石除去を行うことをお勧めします。  


Posted by koikenina at 16:05Comments(0)