健康、生活 › 2020年06月30日

2020年06月30日

自覚症状はどのようなものがありますか?

歯周病Q&A
歯周病は遺伝しますか?
どんな病気でも「なりやすい」「なりにくい」「治りやすい」「治りにくい」といった個人差はつきものです。したがって多少は遺伝的要素もないことはないのですが、歯周病のほとんどは、歯を不潔にしているためにおきているのです。きれいにし、咬みあわせを改善すれば、ほとんどの方の歯周病は快方に向かいます。
歯科用マイクロスコープ
自覚症状はどのようなものがありますか?
歯肉炎や歯周炎の初期には、ほとんど自覚症状がありません。気づかないうちに進行していくのが歯周病です。歯肉の腫れを自覚したり、歯みがきで出血が止まらないような場合には、症状が進行しています。知らないうちに悪化させないためにも、歯科医院での定期的な検査をおすすめします。

生活習慣での注意点はありますか?
正しいブラッシングを怠ることが一番のリスクですが、その他にも病気を進行させたり、治りにくくさせる原因『喫煙(タバコ)』『歯ぎしりやくいしばり』があります。
また、甘い食べ物は細菌の巣であるプラークの栄養源なので控えたいですね。さらに、全身の健康状態が悪化すると、免疫力も低下して細菌の活動が活発になるので体調の管理も大事です。
ユニファスト
ブラッシング以外の治療法はないのですか?
基本的にはブラッシングがきちっとできないうちは、それ以上のどんな治療法もムダです。ただ、ブラッシングやスケーリングなどがどうしてもできない位置の細菌の除去には、外科手術を行うこともあります。また、最近では薬を併用した治療も行われています。  


Posted by koikenina at 13:14Comments(0)

2020年06月30日

「知覚過敏」という言葉をお聞きになられたことがあるでしょうか?

むし歯でもないのに歯がしみて痛い、という症状の多くは知覚過敏と考えられます。冷たいビールやアイス、かき氷、あるいは酸味の強いものなどを食べるとしみる、また歯ブラシの毛先がふれると痛むという方、いらっしゃるのではないでしょうか。

知覚過敏は、正式には象牙質知覚過敏と呼ばれます。歯は、頭の部分はエナメル質という非常に硬い素材に覆われ、次に象牙質、そして神経(歯髄)が通っています。ところが根(歯根)の表面にはエナメル質がないため、歯根が歯ぐき(歯肉)から露出すると象牙質には無数の小さな穴があいており、これ(象牙細管)が刺激の伝達に関わっています。
生体情報モニタ
軽度
丁寧な歯磨き…露出した歯根の表面についたプラークを丁寧に落とします。この時、決して力を入れてゴシゴシしないことです。歯根は歯の頭に比べて柔らかいので、力を入れて磨くとかえって歯根を削ってしまう結果となります。やさしく、小さな動きで丁寧に磨いてください。歯根を削る危険を避けるため歯磨き剤は研磨剤無配合の物をお選びください。(歯磨き剤をお使いにならなくても結構です)知覚過敏防止歯磨き剤を使う歯根の表面に開いた象牙細管の穴をふさいで、刺激が伝わりにくくなる成分が含まれている歯磨き剤を使いながら、歯ブラシでそっと磨くようにすると、1~2週間で症状が改善することがあります。なお、効果はゆっくりとですが、フッ素を利用して歯根の石灰化を促進して症状の軽減を期待することもあります。
マイクロスコープ 歯科
中度
歯根の表面をコーティング…露出した歯根の表面に、一層の幕を張って刺激を伝えにくくします。これは長期間の耐久性はありませんが、丁寧に歯磨きしているうちに、象牙細管の穴がふさがってしみなくなることが期待できます。また、見た目を気にしない場所の知覚過敏化にはサホライドという塗り薬を使うことで、症状を和らげることができます。(注:塗った場所は黒くなります)  


Posted by koikenina at 12:57Comments(0)

2020年06月30日

マウスピース型矯正装置のメリット・デメリット

メリット
目立たない
透明の薄い素材でできており、ぴったりフィットするため、使用時も目立ちません。

取り外し可能
患者様ご自身で簡単に着脱していただけます。お食事、歯磨きの際のストレスがありません。ブラケットとワイヤーを使った矯正ではよく見られる、装置に食べ物が詰まる、歯磨きがしにくい、ということもありません。
生体情報モニタ
違和感が少ない
装着時の違和感は、あらゆる矯正装置の中でももっとも少ないと言えます。発音しにくい、口内炎ができやすい、といったこともありません。

痛みが少ない
マウスピースは、微弱な力で一定の力が加わるように設計されています。多くの方が、ほとんど痛みなく治療を終えられています。

金属アレルギーの方でも使える
金属が使用されておりませんので、金属アレルギーの方でも安心してご使用いただけます。

デメリット
適応症例が限られる
マウスピースによる矯正に限ったことではありませんが、すべての症例に適応するわけではありません。特に長い距離を動かす必要がある場合や、ガタガタの歯並び(叢生)の場合には、使用できないことがあります。
マイクロスコープ 歯科
自己管理が必要
マウスピースは患者様ご自身で簡単に着脱することができます。それ故、「指定された時間、きちんと装着する」という意志が必要になります。装着時間が不足していると、治療が長引いたり、十分な効果が得られなくなります。
  


Posted by koikenina at 12:36Comments(0)