健康、生活 › 2020年07月03日

2020年07月03日

歯周病は、高齢者がかかる病気のイメージがあるかもしれません

しかし実際には20代の方にもその症状が見られ、日本の成人の約8割が歯周病予備軍、またはすでに発症しているといわれるほど蔓延しています。そして日本の成人が歯を失う原因の第一位でもあるのです。

全身にも影響をおよぼす病気です~歯周病~
歯周病は歯を支える歯ぐきや顎の骨が歯周病菌の作用で炎症を起こし、少しずつ破壊されていき、やがては支えを失った歯が抜け落ちてしまうことにつながる怖い病気です。しかし、その影響はお口の中だけにとどまりません。歯周病菌やその炎症物質が血液に入り込み全身を巡ると、糖尿病や心疾患、誤嚥性肺炎や低体重児出産などの引き金になることもあるのです。
歯科用コンプレッサー
歯周病のメカニズム
歯肉炎
歯ぐきに軽い炎症が見られます。ブラッシングのときに出血することがありますが、ほとんどの場合、まだ自覚症状に気づきません。

軽度歯周炎
歯ぐきだけでなく歯を支える顎の骨の組織にも炎症が進み、破壊がはじまった状態です。歯ぐきが腫れ、冷たいものがしみることがあります。

中等度歯周炎
歯を支える顎の骨の半分程度が破壊された状態です。歯ぐきが下がり、歯がグラグラしはじめます。口臭がきつくなり、歯が浮くように感じることもあります。
歯科プライヤー
重度歯周炎
歯を支える顎の骨の大部分が破壊された状態です。そのままにしておくと、支えを失った歯が抜け落ちてしまうことにもつながります。
  


Posted by koikenina at 12:39Comments(0)

2020年07月03日

セラミック治療で銀歯も白い歯に

コンプレックスの解消
銀歯などの歯が目立って口を大きく開けて笑えなかったり、相手の目線が気になってしまうなどのお悩みを抱えている方も多いかと思います。このようなコンプレックスを解消できるのが「セラミック治療」です。

セラミック治療では、過去に保険治療で入れた金属の詰め物や被せ物を、自然な白さが特徴のセラミック素材に替えることで、天然歯と同じような見た目を実現できます。また、金属を使用しないため、金属アレルギーも心配ありません。
歯科用コンプレッサー
見た目だけではない、銀歯のままにしておくリスク
むし歯治療に用いられる金属製の銀歯は、金属のため唾液によりイオン化して少しずつ溶け出します。この溶け出した金属イオンが、口腔内の粘膜を通して体内に取り込まれ蓄積されることで、歯茎が黒ずんだり(ブラックライン)、金属アレルギーの反応を起こすことがあります。

溶け出した金属イオンが、時間をかけて体内に蓄積される
金属イオンにより、歯茎が黒ずむ(ブラックライン)
アレルギー反応を起こす可能性がある

ジルコニアセラミック
「人工ダイヤモンド」と呼ばれるほど、セラミックの中でも特に優れた審美性・耐久性を持つ素材です。また、陶器製で金属を含んでいないため、金属イオンが体内に流出する危険性もありません。
遠心鋳造機
オールセラミック
天然歯のような色合いや透明感、強度を兼ね備えております。金属を一切使用していないので、体に優しい素材です。ジルコニアセラミックと比べると、耐久度は若干落ちます。
  


Posted by koikenina at 12:10Comments(0)