健康、生活 › 2020年07月06日

2020年07月06日

審美治療は、通常の歯科治療を行った上で、より健康的で美しい口元を作る治療のことをいいます

歯のくすみを除去して本来の白さを取り戻したり、歯並びを整えたり、欠損した歯を修復したり、歯ぐきの色を美しいピンク色に改善したり…患者様の魅力的な笑顔を生み出すための治療を行います。

クリーニング
毎日きちんとブラッシングをしていても、自分ではどうしても取れない汚れはあります。
そういった部分の汚れを、徹底的にお掃除するのがクリーニングです。頑固な歯垢だけでなく、コーヒーやお茶などによる色素沈着や、煙草のヤニまで除去することができます。口臭や虫歯・歯周病の予防にもなりますので、3~6ヶ月毎に行うことをおすすめしています。
マイクロスコープ 歯科
ラミネート
歯の表面をほんの少し削って、薄いセラミック製のラミネート板を貼り付ける治療法です。遺伝などが原因で、クリーニングやホワイトニングだけでは白い歯にならない場合に行います。セラミック片の形や大きさを調整することで、歯並びや歯の形をある程度まで修正できるため、虫歯などで少し欠けた歯・ 奇形歯などにも適応可能です。セラミックは天然の歯のように白く美しい歯を再現することができ、変色することなく、歯ぐきにも優しい素材です。およそ2回程度の通院で、治療は完了します。
歯科用コンプレッサー
セラミック
虫歯などで大きく穴が開いたり、元の形を失ってしまった歯を、セラミック(陶製)を使って元の自然な歯の形にする治療法です。セラミックは、質感・色などが天然の歯に合わせやすい素材ですので、歯の形や白さも自由に対応できます。また、セラミックは耐久性と強度に優れ、金属ではないため、金属アレルギーの心配がありません。このセラミック治療は、歯の根を動かさずに見えている歯の形を変えることができるので、矯正器具による歯列矯正を行うことなく、短期間で歯並びを美しくすることも可能です。  


Posted by koikenina at 16:39Comments(0)

2020年07月06日

むし歯や歯周病などのお口の病気を予防するための診療科目が、予防歯科です

むし歯や歯周病などのお口の病気を予防するための診療科目が、予防歯科です。本当に健康な歯を維持するためには、予防のために歯科に通うというのが新しい常識です。当院では、とくに治療が終了した後のケアとして予防歯科の受診をおすすめしています。
予防歯科のメリット
予防歯科では、むし歯や歯周病の有無を調べるだけでなく、清掃やブラッシングの指導なども行います。つまり将来にわたり健康的な歯を作ることのお手伝いをするということです。
「治療をしたはずなのに、何度も同じ歯がむし歯になってしまう」
「歯みがきをしているのにむし歯になりやすい」
このような方におすすめです。
歯の病気を未然に防ぎ、健康を維持できる
定期検診をすることにより、むし歯や歯周病の徴候をいち早く発見し、予防処置を受けることができます。口腔内の環境が悪くなりかけたところで健康状態を回復することができるのです。
歯科 ユニット
治療時の痛みを軽減できる
定期検診を受けていると、たとえむし歯などの病気にかかっていても、早期発見・早期治療ができるので、痛みをほとんど感じない程度の簡単な治療ですますことができます。

医療コストを抑えられる
むし歯や歯周病の治療をするとなると、何度も通院する必要がある上に、重症ともなると高額な医療費がかかることがあります。しかし、1年に数回の検診を受けていれば、予防のための医療費はむし歯や歯周病を治すための治療費よりも安くすみます。
歯科顕微鏡
お口の中が爽快になる
プロが歯や歯肉のクリーニングを行うので、お口の中全体が爽やかになります。エステ感覚で定期的に来院される患者さんもいらっしゃいます。  


Posted by koikenina at 16:19Comments(0)

2020年07月06日

歯周病の予防に毎日の歯みがきによるプラークコントロールは欠かせません

歯周病の治療と予防
プラークコントロール 歯垢を除去する
歯周病の原因はプラーク
プラークとは、歯にへばりついた歯垢のことです。歯垢は、細菌のかたまりで、この細菌が歯肉や顎の骨などの歯周組織に炎症を起こします。プラークコントロールは、プラークを定期的に除去することをいいます。

正しい歯みがきをすることで、プラークは除去できます。歯周病の最大の予防法・治療法は、歯みがきです。当院では、歯周治療の一環として、歯みがき指導を行なってまいります。正しい歯みがきの方法、歯ブラシの選択、歯みがき剤の正しい使い方などをご説明いたします。
生体情報モニター
SRP(スケーリング・ルートプレニング)
見えない部分は歯科医院で
歯周病の予防に毎日の歯みがきによるプラークコントロールは欠かせません。
見える部分(歯肉より上の部分)に関しては、日ごろから歯みがきをしていただく必要があります。

一方、見えない部分(歯肉より下の部分)は、われわれ歯科医院の仕事です。歯石は、歯垢がミネラル分を含み硬くなったものです。特に、歯肉の下についている場合も多く、歯ブラシではとれません。歯科医院では、歯についた歯石をスケーラーという専用の器具を用いて除去します。これをスケーリングと言います。
遠心鋳造機
また、歯垢はザラザラした面につきやすいので、歯の根の部分を滑らかな形状にしていきます。これをルートプレーニングと言います。歯周病の治療には、患者様とわれわれが二人三脚で努力することが必要なのです。
  


Posted by koikenina at 15:50Comments(0)